カテゴリ
リンク
プロフィール

らむ子

Author:らむ子
◎好き◎
トーキョーバイク、GB250、釣り、登山、アウトドア、ミミズコンポスト

◎Twitter◎




◎Instagram◎


◎日本百名山◎(現在65座)  
利尻岳。
羅臼岳。
斜里岳。
阿寒岳。
大雪山。★
トムラウシ。
十勝岳。
幌尻岳。
後方羊蹄山。
岩木山。★
八甲田山。★
八幡平。
岩手山。
早池峰山。
鳥海山。
月山。
朝日岳。
蔵王山。
飯豊山。
吾妻山。
安達太良山。★
磐梯山。
会津駒ヶ岳。★
魚沼駒ヶ岳。★
平ヶ岳。★
巻機山。★★
燧岳。★
至仏山。★
谷川岳。★★
苗場山。★
妙高山。★
火打山。★
雨飾山。
高妻山。★
男体山。★
奥白根山。★★
那須岳。★
皇海山。★
武尊山。☆★
赤城山。★
草津白根山。★
四阿山。☆★
浅間山。★
筑波山。★
丹沢山。★
両神山。★★★★★★
雲取山。★★★★★★★★★★★★★
甲武信岳。★
金峰山。★★★★
瑞牆山。★
大菩薩嶺。★
富士山。★★☆★★★★★★☆★★
天城山。★
白馬岳。★
五竜岳。★
鹿島槍ヶ岳。★
剱岳。★ 
立山。★
薬師岳。
黒部五郎岳。★
水晶岳(黒岳)。★
鷲羽岳。★
槍ヶ岳。★
穂高岳。★
常念岳。★
笠ヶ岳。★
焼岳。★
乗鞍岳。★
御嶽山。★
美ヶ原。★
霧ヶ峰。★★
蓼科山。★★
八ヶ岳(赤岳)。★★★★
木曾駒ヶ岳。★
空木岳。★
恵那山。★
甲斐駒ヶ岳。★★
仙丈岳。★
鳳凰三山。★
北岳。★
間ノ岳。★
塩見岳。★
悪沢岳。
赤石岳。
聖岳。
光岳。
白山。
荒島岳。
伊吹山。★
大台ヶ原山。
大峰山。
大山。
剣山。
石鎚山。
九重山。
祖母山。
阿蘇山。
霧島山。★
開聞岳。★
宮ノ浦岳。

◎東京の山◎
三頭山。
大岳山。
日の出山。
川苔山。
鷹ノ巣山。
御前山。
棒の嶺。
高水三山。
大寺山。
倉戸山。
本仁田山。
高尾山(高尾~陣馬)。
陣馬山。
日和田山。
天上山(神津島)。

◎その他の山◎
竜ヶ岳。
鍋割山。
北横岳。
妙義山(相馬岳)。
金時山。
蝶ヶ岳。
天狗岳。
権現岳。
燕岳。

★…登った回数。

行った山はほとんど載せているので
気になった山は
ブログ内検索してみてください♪♪






「Outdoor monkey」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Amazon.co.jpロゴ



ピクスタ始めました♪♪

15461792

(c)らむ子 写真素材 PIXTAー

QRコード

↓ケータイからはこちら♪↓

QR

いらっしゃ~い♪

あなたは

人目のお客様です♪♪

ブログランキング

ランキング参加しています♪

投票してください(^^)♪

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

『Outdoor monkey』

お山メインなアウトドアブログです(^^)♪自分が振り返りで見る山行記録として始めました。2011年4月の両神山で百名山デビュー♪ 単独でちゃちゃっと歩いたり、のんびり歩いたりなのでコースタイムは目安程度に♪♪文章力ないので写真を楽しんで欲しいところですがそれも初心者なのであしからず。。。里山からアルプスまで本気で遊びます♪♪ 右膝に爆弾(半月板除去)抱えてます…

2017年 春~夏 ☆野鳥観察デビュー☆



昔まで、まーったく興味の無かった野鳥。
むしろ、足のグロテスクさとかフワフワ舞うドバトの羽毛などのイメージが強くて苦手だったのですが登山を始めて、山で聞く鳥の囀ずりや可愛い鳥の姿を見るようになって興味を持ち始めたのをきっかけに町の公園で見る野鳥にも目を向けながら公園や河川の散歩を楽しむようになりました♪♪


ということで、野鳥ネタもこれから載せていこうと思います


まずはライチョウ。
初めて見たときは凄く小さな雛を連れていて釘付けでした。
DPP_0935.jpg
(火打山にて)

こちらはライチョウの若。(北アルプス燕岳にて)
DPP_1171.jpg
コマクサの花畑を散策する姿に出会えたことに感激でした。

山でのライチョウとの出会いが野鳥に興味を持つきっかけになったのです!!


野鳥に興味を持ち始めるとどこを歩いても目につくのは鳥さん
梅や桜の時期は近所の公園で花に集まるメジロやヒヨドリなどを探して歩き回るのが楽しくて夢中になりました。

で、思いきって中古の安物探して500mmのレンズも購入


地元のアイドル、カルガモ親子。
DPP_0687.jpg
あっという間に大きくなっていくのですね!!
DPP_1091.jpg

野鳥にハマるまで存在を全く知らなかった近所のカワセミスポット。
DPP_0972.jpg

何度も挑戦してホバリングシーンも。
DPP_1095.jpg

雛まで見れました
DPP_1093.jpg

今まで身近な森にキツツキが居ることにでさえ驚いていたのに子育てシーンにも出会えました♪
DPP_0704.jpg
子育て期間は思っていた以上に短くてあっという間に巣立ってしまった。
来期は通って観察したいなぁ。

しょっちゅう行く吉祥寺の井の頭公園で見つけたアオゲラと思われるキツツキの巣穴。
DPP_0789.jpg
木の根もとには新鮮な木屑が多くあって楽しみにしていたのに招かざる訪問者。
アオゲラの姿は1度も確認できず…。
自然界の厳しさを感じました。

今年の井の頭公園のアイドルはカイツブリ!!
DPP_0824_20170816175313884.jpg
かいほりを行って、カイツブリの餌となる在来種の海老や魚が増えたことで
カイツブリの営巣があちこちで見られました。

自分の中で一番よくかんさつしたファミリー。
DPP_0783.jpg
5羽もの雛をしっかりと育て上げました。
外敵に襲われたり未熟な親が子育てに失敗したり沢山のドラマを観察できました。

また、吉祥寺では渡り途中で立ち寄ったサンコウチョウにもバッタリ遭遇!!
写真は撮れませんでしたが尻尾をなびかせて飛ぶ姿に魅了され、高尾の山まで追いかけました。

初回に巣を見つけて通うのが楽しみに♪♪
DPP_0998.jpg
この巣は次に来た時崩壊してしまっていました…。
巣を作って卵を生んでも子育てに繋げることはなかなか大変なのですね。

暗い森で苦労しましたが何とか数枚撮ることができました!
DPP_1041.jpg
DPP_1049.jpg

こちらはササゴイ。
DPP_1079.jpg
面白い鳥でしたが川原にズラ~ッと並ぶカメラマンに気が引けてあまり通わなかったな(^^;
DPP_1081.jpg

憧れのアオバズクに会いたくて大きなご神木のある神社にも通いましたがそこで出会ったのはツミのつがい。
DPP_0978.jpg
7/1に交尾を確認して遅い子育てに期待して通うと子育てを観察することが出来ました♪自分で見つけた鳥を長期観察できたことが嬉しかった

そして、別の杜で1羽の子を連れたアオバズクに遭遇!!
DPP_1106.jpg
7月の後半に子連れに出会えるとは思わなかったー。

数日後、出勤前に訪れると雛が3羽に!!!
DPP_1117.jpg
合計5羽写ってます
よし、コレは通わなくてわー!!

翌日にはお顔も見せてくれた
DPP_1116.jpg
が、この日を最後に姿が見られなくなり3日間のみの観察となりました。


野鳥にハマったこの夏は渓流釣りにも登山にも望遠レンズは担いで歩いた♪

6月後半の残雪期の山には冬鳥のジョウビタキがいた。
DPP_0944.jpg

渓谷でせっせと餌を集めていたオオルリ。
DPP_0856.jpgメスはいたけど巣は見つからなかった(^^;

霧ヶ峰のホオアカ。
DPP_1132.jpg
両神山ではホオジロも撮れて見比べてニヤニヤしたり(  ̄▽ ̄)



渓谷のアイドル、ミソサザイ。
DPP_1017.jpg
昔から知っていたけどこんなに間近に観察したのは初めて!!


季節ごとに色々な姿を観察できる野鳥にこれから益々ハマりそうです。
たまには記録としてブログにも載せたいと思います


買って良かった双眼鏡。

登山でも活躍してます!!

2017.8.9 燕岳


裏銀座縦走を計画していた夏休み連休。
台風5号接近のため中止にしましたが連休最終日には回復してきそうだったので
「どこにも行かない訳にはいかない…!!」
と日帰りで燕岳へ行ってきました!!


翌日仕事のため躊躇しましたが…。
用意を済ませて車に乗り込みます。

中央道を降りるまでは星空が広がっていたのですが林道を登っていくと霧から雨に…。


雨のなか歩き始めるか悩みましたが回復してくることを願って傘をさして出発(4:00)
P8090002.jpg風、岩場のない登山道では傘はとても便利です♪夏場にレインウェアを着るのは蒸れるので不快感大きいんですよね。

第2ベンチ。
P8090005.jpgまだまだ雨…。


第三ベンチ。
P8090009.jpg雨止んできた!!…かな?


歩き始めから花崗岩の砂地の登山道でしたが登るにつれて大きな花崗岩が増えていきます。


富士見ベンチ(5:10)
_MG_1385.jpgおー!雲の上に♪♪
絶景の朝焼けには一歩届かず…。


雲海を見下ろすところまで来ると夏山に来た実感がわいてきました。
_MG_1387.jpg雲の動きを見つめながら小休止。



合戦小屋(5:30)
_MG_1386.jpgありゃ?またポツポツ来たよ(;o;)
稜線に出る頃に晴れてくれると嬉しいんだけどなぁ…。


合戦沢ノ頭(6:10)
_MG_1388.jpg


雲と太陽の狭間。
_MG_1389.jpg時おり差し込む日差しがジリジリと熱い。

草木も低くなり高山帯に入ってきました。
_MG_1390.jpg心地よい風が吹いて気持ちいい!!



燕山荘はガスのなか…(-_-)
_MG_1391.jpg


燕山荘(6:50)
_MG_1393.jpgうーん。ガスガス。
晴れるまでどこで時間を潰そうか??

ということで燕岳とは反対の大天井方面へ散策♪
_MG_1394.jpg目的はコマクサと雷鳥

雷鳥いないかな~と探しながら小休止を繰り返しているとイワヒバリがやって来ました。_MG_1395.jpg
じっと観察しているとそばまでやって来てくれました。


そのまま雷鳥には出会えず霧の稜線を歩いて燕岳へ♪
イルカ岩もメガネ岩も霧で残念。


燕岳頂上(8:30)
_MG_1396.jpg山頂で休んでいるとで強い日差しが!!
時おり青空が雲から覗いて期待が高まりますがまだまだ雲の優勢。

山頂にいてもなー
と思って北燕岳へ向かいます。


おー!!晴れたー!!
_MG_1397.jpg燕岳を振り返ってパチリ。


ガスの中を歩き続けると一瞬、晴れ間が見られただけでも嬉しくなりますね(^^)


北燕岳も花崗岩の山頂。
_MG_1398.jpg


北燕岳(9:00)
_MG_1399.jpg美しい稜線です。


徐々に晴れ間が覗く事が多くなってきましたがなかなかスッキリはせず…。
明日の仕事を考えて素早く下山する予定でしたがどうしよう。
小屋までゆっくり戻って休憩しながらもうちょい粘りましょうか(^_^;)


イワヒバリがあちこち飛んでいたのでコマクサ畑で待機していると舞い降りて来てくれました
_MG_1400.jpg枯れた花びらをツイツイしてました。


その後もよーく耳を済ませて歩いていると…
_MG_1401.jpg“グゥグゥ”、“ピィーピィー”
雛を3羽連れた雷鳥ファミリーです


なかなか晴れないし、じーっと観察♪
双眼鏡と望遠レンズがあることで近付いて雷鳥にストレスを与えることなく観察できて良いですね。特に雛を連れたこの時期はストレスは絶対にNGです!!
登山道に近づいた雷鳥に登山者が寄りすぎたことで座り込んで動きが固まって警戒しているシーンもありました


優雅にお花畑をお散歩~♪♪
_MG_1402.jpg
離れがたいですがそろそろ出発!!


メガネ岩。
_MG_1403.jpgおっ!槍でそう!!?
出なかった~。

メガネ岩を過ぎると晴れ間が優勢になってきた!!
_MG_1406.jpg

イルカ岩。
_MG_1407.jpg槍見えた~!!


晴れを待ちながらの何となくダラダラ歩いてましたがやーっとウキウキの稜線歩き\(^o^)/


所々にあるコマクサの花畑も輝いていますね。
_MG_1409.jpg


そして、またまた嬉しい出会い。
_MG_1410.jpg望遠レンズで撮りたかったホシガラス
近くに飛んでくる事も多いのですが遠くで警戒せずにリラックスする姿を観察できました。_MG_1411.jpg


燕山荘に戻ってきました。(10:30)
_MG_1412.jpgこの日は山の日の連休に備えて輸送ヘリがずーっと往復していました。

槍の絶景を見ながら休憩~。
_MG_1413.jpgやーっと夏山満喫タイム♪

季節がどんどん過ぎ去っていくのは寂しいですがどの季節にもその季節らしい景色があるからやめられない!!


燕岳に乾杯。
_MG_1414.jpg人が多くて何となく敬遠していた燕岳でしたが愛される理由が分かったなー。

白い岩、白い砂にコマクサ、雷鳥。
美しい風景に囲まれた異空間の世界でした。


望遠レンズで槍ヶ岳のアップ(笑)
_MG_1415.jpg

本当なら今頃縦走完了していた裏銀座。
_MG_1416.jpg悔しいですが悪天候の中歩いてもしょうがない!!


燕山荘からの展望。

絶景だ~!



さぁ下山開始(11:15)
_MG_1417.jpg稜線への滞在4時間のうち晴れを楽しんだのは1時間位。
それでも絶景の中で珈琲が飲めれば大満足!!

夏空またねー!!
_MG_1419.jpg稜線の東側はガスが多くてすぐにガスのなか。

トリカブト。
_MG_1418.jpg

合戦小屋(11:40)
_MG_1420.jpg燕岳は地元の中学生たちが学校行事で登る山でもあり危険箇所の少ない山。
老若男女で賑わい、未就学とも思われる小さなお子さまも保護者にサポートされながら楽しんで登られていました!!


登ってくる登山者が多くてすれ違いが大変に。何度も立ち止まっているとペースが乱れて疲れが出てきました。



第一ベンチ(14:20)
_MG_1421.jpgここの水場で水を補給して冷たいポカリを飲みながら汗をひかせます。

湯原の湯。(荷物整理後に入浴)
_MG_1422.jpgここの湯サイコーでした!!
誰もいない小さな温泉を貸し切り~♪


下山完了(14:30)
_MG_1423.jpg深夜は空いていた駐車場もぎゅうぎゅう~。
結構カツカツに入ってくるので暗い時間、空いてる時に変なとこに入れてしまうと出られなくなりそうでした(^^;


昼には下山しようと思っていたのに晴れるのが遅かったという誤算で下山が大幅に遅れてしまいましたが美しい風景に出会えた喜びを糧に帰りの運転も翌日の仕事も頑張れます



雨で活躍の折り畳み計量傘

危険箇所の少ない場面でおすすめ!!
関連記事

2017.6.17-18 妙高山&火打山 ~火打山編~ ☆百名山62座目☆


2017.6.17-18 1日目~妙高山編~
↑1日目の記録はコチラ。


激疲れの1日目はワインを飲んで夕日を見たら即効眠りにつきましたが暑いッ
雪上といってもやっぱり6月ですね
登山口に着いたときに寒くて慌てて車中泊用のシュラフをザックに詰めてきたのが失敗。
ダウンパンツを脱いで調整したらぐっすりで、夜中に星を撮りたくて起きたものの満点の星を見たら撮らずとも満足でそのまま寝てしまいました(-_-;)



日の出前に起きて朝食。
P6180016.jpgツェルト内は氷点下になること無く結露で濡れているので半身を出してコッソリ静かに調理。

少しずつ空も明るくなり、そろそろ行きますか(4:20)
_MG_0905.jpg薄曇りの空が吉と出るか…??

日の出後すぐに太陽は雲に入っていったようでモルゲンの火打はこれが最大限。
_MG_0906.jpg

後立山連峰の高山帯は美しく染まった。
_MG_0907.jpg


天狗の庭(4:40)
_MG_0908.jpg美しい湿原はまだ雪の下。
また来なきゃなー!!

天狗の庭から先は尾根筋の登り。
この日は天気がイマイチなのが残念ですが雷鳥日和と前向きに望遠レンズをぶら下げて登ります。

振り替えってパチリ。
_MG_0909_2017061909521274b.jpg昨日登った妙高山がひっそり。


雷菱。
_MG_0910_20170619095215e96.jpgカッコいい岩壁。

雷鳥平を過ぎて火打山直下へ。
_MG_0911_20170619095215995.jpg雷鳥平でも雷鳥の声がしましたがハイマツの背が高く、濃いので見つけられず。
ウソとウグイスも沢山いてこんなところに雷鳥いるのか?!という感じ。
おまけにカッコウまで鳴いている!!


しかし、山頂直下を登りながら雪道沿いにいそうな場所を探すといたいた!!
_MG_0912_20170619095216b03.jpg足環付いてるかー
保護と調査の為には仕方ないですが写真的には撮さないよう撮りたい

イマイチ撮りづらい場所だったので後で出てきてくれることを願って歩き始めるともう一羽!!
_MG_0914_20170619095308841.jpgさっきとは別個体で違う色の足環。
こっちは遠いけど開けたところに出ていたので遠くからじっくり観察。



火打山山頂(5:50)
_MG_0915_2017061909531014d.jpg


山頂から焼山方面。
_MG_0916_2017061909531113c.jpgすぐそこに感じるなー。
そして雷鳥が好むハイマツも沢山…。
いつか散策してみたい

北アルプス。
_MG_0918_201706190953145d9.jpg

下山開始(6:00)
_MG_0917_201706190953139dc.jpgさっきの雷鳥はいるかなー?

と探しながら歩きます。



おっ!木の上に!!
しばらくカメラを構えて待っていると

飛んだー!!!
_MG_0919_20170619095428b13.jpgグェーーーーーと声を出しながら飛んでいきました!


曇り空なのが残念
_MG_0920_20170619095430748.jpgですが雷鳥は活発だったとプラス思考になりましょう💡💡

ウソが残雪の上でツイツイしてました
_MG_0921_20170619095431c87.jpg

ナナカマド
_MG_0922_20170619095433deb.jpg

ミネザクラ
_MG_0923_20170619095434f6d.jpg

高谷池
_MG_0924_20170619095507d61.jpgテントも疎らに。


高谷池ヒュッテ(7:30)
P6180024.jpg

ジョウビタキ
_MG_0926_201706190955103af.jpgヒュッテ周辺が縄張りなのかな?

コーヒータイムを楽しんでいると後一時間ほどでヘリが来るので突風に注意とのこと。


遭難者への迎え。
_MG_0925_201706190955117dd.jpg命懸けで対応してくださる山小屋と警察へ感謝。


下山開始(9:20)


富士見平
P6180025.jpg

下りは特にルートファインディングに気を付けます。
P6180026.jpg

望遠レンズ片手に野鳥ファインディング楽しみました(^^)/

ウグイス
_MG_0927.jpg

カヤクグリ
_MG_0928_20170619095609a02.jpg

黒沢橋
P6180027.jpg

キビタキ
_MG_0929_201706190956146c2.jpgライムグリーンの森の色とすごく相性がいい

生き残りの水芭蕉
_MG_0930_20170619095710c7d.jpg

下山完了~(12:15)
P6180028.jpg

関連記事
広告:まとめ