カテゴリ
リンク
プロフィール

らむ子

Author:らむ子
◎好き◎
トーキョーバイク、GB250、釣り、登山、アウトドア、ミミズコンポスト

◎Twitter◎




◎Instagram◎


◎日本百名山◎(現在65座)  
利尻岳。
羅臼岳。
斜里岳。
阿寒岳。
大雪山。★
トムラウシ。
十勝岳。
幌尻岳。
後方羊蹄山。
岩木山。★
八甲田山。★
八幡平。
岩手山。
早池峰山。
鳥海山。
月山。
朝日岳。
蔵王山。
飯豊山。
吾妻山。
安達太良山。★
磐梯山。
会津駒ヶ岳。★
魚沼駒ヶ岳。★
平ヶ岳。★
巻機山。★★
燧岳。★
至仏山。★
谷川岳。★★
苗場山。★
妙高山。★
火打山。★
雨飾山。
高妻山。★
男体山。★
奥白根山。★★
那須岳。★
皇海山。★
武尊山。☆★
赤城山。★
草津白根山。★
四阿山。☆★
浅間山。★
筑波山。★
丹沢山。★
両神山。★★★★★★
雲取山。★★★★★★★★★★★★★
甲武信岳。★
金峰山。★★★★
瑞牆山。★
大菩薩嶺。★
富士山。★★☆★★★★★★☆★★
天城山。★
白馬岳。★
五竜岳。★
鹿島槍ヶ岳。★
剱岳。★ 
立山。★
薬師岳。
黒部五郎岳。★
水晶岳(黒岳)。★
鷲羽岳。★
槍ヶ岳。★
穂高岳。★
常念岳。★
笠ヶ岳。★
焼岳。★
乗鞍岳。★
御嶽山。★
美ヶ原。★
霧ヶ峰。★★
蓼科山。★★
八ヶ岳(赤岳)。★★★★
木曾駒ヶ岳。★
空木岳。★
恵那山。★
甲斐駒ヶ岳。★★
仙丈岳。★
鳳凰三山。★
北岳。★
間ノ岳。★
塩見岳。★
悪沢岳。
赤石岳。
聖岳。
光岳。
白山。
荒島岳。
伊吹山。★
大台ヶ原山。
大峰山。
大山。
剣山。
石鎚山。
九重山。
祖母山。
阿蘇山。
霧島山。★
開聞岳。★
宮ノ浦岳。

◎東京の山◎
三頭山。
大岳山。
日の出山。
川苔山。
鷹ノ巣山。
御前山。
棒の嶺。
高水三山。
大寺山。
倉戸山。
本仁田山。
高尾山(高尾~陣馬)。
陣馬山。
日和田山。
天上山(神津島)。

◎その他の山◎
竜ヶ岳。
鍋割山。
北横岳。
妙義山(相馬岳)。
金時山。
蝶ヶ岳。
天狗岳。
権現岳。
燕岳。

★…登った回数。

行った山はほとんど載せているので
気になった山は
ブログ内検索してみてください♪♪






「Outdoor monkey」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Amazon.co.jpロゴ



ピクスタ始めました♪♪

15461792

(c)らむ子 写真素材 PIXTAー

QRコード

↓ケータイからはこちら♪↓

QR

いらっしゃ~い♪

あなたは

人目のお客様です♪♪

ブログランキング

ランキング参加しています♪

投票してください(^^)♪

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

『Outdoor monkey』

お山メインなアウトドアブログです(^^)♪自分が振り返りで見る山行記録として始めました。2011年4月の両神山で百名山デビュー♪ 単独でちゃちゃっと歩いたり、のんびり歩いたりなのでコースタイムは目安程度に♪♪文章力ないので写真を楽しんで欲しいところですがそれも初心者なのであしからず。。。里山からアルプスまで本気で遊びます♪♪ 右膝に爆弾(半月板除去)抱えてます…

2014.1.14 雲取山 (小袖乗越ピストン)  雲取山登頂10回目♪♪

最近は仕事が忙しくてなんだかソワソワしてしまい、
先日の連休も家に引きこもり…。
しかし、家にいてもなぜだか仕事は進まず、
それならば最終日くらいはとスッキリ発散してきました。

場所は、今シーズン初の雲取山です♪
広々とした石尾根がお気に入りの雲取山、
今回が記念すべき10回目となります!!


«2013.3.26 雲取山(小袖乗越ピストン)»←前回の雲取山。



天気:晴れ(少し霞んでる)
メンバー:ヒトリスト
コース:小袖乗越→雲取山→七つ石山→千本ツツジ→小袖乗越


小袖乗越まで車で登り、まだ暗いうちにくらいむおん。(6:10)
IMG_5520.jpg暗い道をヘッドライトで歩くのはいつもドキドキします。
車からでる一歩目が特に怖い…。

何かに追われているような気になり、逃げるようなきもちで真っ暗な樹林の中をすすみます(笑)


歩きはじめるとすぐに凍った雪がポツポツと出てきました。
暗いですが足の置場、歩き方に十分注意します。


木々が開けたところで明るくなってきた空を見つけてホッと一息。
IMG_5521.jpgまさに希望の光。

しかし、再び針葉樹林の中に入ると真っ暗。
空が明るくなって針葉樹林のなかに光が届くのはまだまだです。
逆に夕方も日の入り前にはもう暗くなっているので、日帰りのハイカーもヘッドライトは必須品ですね。
この暗黒世界にいるとき、たった一つの明かりがどんなに頼もしいか、暗い時間に歩くとよく分かります。


標高1150m地点。(6:55)
IMG_5522.jpgここは広くなっているので休憩するのにいい場所です。
残念ながら、そういう場所はゴミも多いです…。もちろん回収

ドウドコロ。(7:10)
IMG_5523.jpgこの辺りから登山道全面が氷で覆われたエリアが多くなってきます。
IMG_5524.jpg針葉樹林にもやっと日差しがはいります。

樹林の間から富士山。
IMG_5525.jpgこの時期は葉が落ちているので低い場所からでもちょくちょく見られます。
冬の山はこれが良い。

マムシ岩。(7:35)
IMG_5526.jpgここも休憩適地。
岩の隙間に押し込められた悪質なゴミもあったり…。

ゴミを触りながら登るのなんて嫌だし、明らかにわざと捨てたようなゴミを見ると怒りがこみ上げてきます。
正直、拾うのがめんどくさくて(体力的に)スルーしてしまうこともありますが、すこーしだけのゴミでも多くの人が拾ったら、山は綺麗になっていくだろうし、回復できなくても現状維持には近づけると思うんです。
山(自然)に人が入る事自体が自然破壊に繋がるのはわかっているのですが、それが少しでも食い止められるように努力するのが自然に対しての最低限のマナーだと思います。
ゴミ問題だけではないですが、これからも自然を大切に、いつまでも美しい景色がそこに残るようにしながらアウトドアライフを楽しみたいです。


マムシ岩以降の七つ石山を巻くルートは西側の斜面をトラバースしながら登っていくようになるので雪が多くなってきます。IMG_5528.jpg
この日はザクザクとした歩きやすい雪。
IMG_5529.jpg

進むにつれて徐々に木の隙間から南アルプスが見えてきます。

甲斐駒ヶ岳。
IMG_5530.jpg

白峰三山。
IMG_5531.jpg北岳の手前が鳳凰。

影で雪のたっぷりと残ったサムイ道を進むとブナ坂。(8:20)
IMG_5534.jpgここからが気持ちの良い石尾根縦走路です。

1月というともっと降雪が少なくてあっという間に溶けてしまう
イメージだったのですが今回はだいぶ多く雪が残っている様に感じます。
ドカッと雪が降るのは2,3月が多いです。

白い石尾根は特に気持ちが良い!!
風も少なく、日差しでポカポカするほどでシャツ1枚で歩ける程でした♪♪

おばけの木。
IMG_5535.jpg

この尾根の良いところはなんといってもこの展望の良さ!!
IMG_5536.jpg南アどーん!!
写真左側は赤石岳、悪沢岳。

富士山もどーーん!!
IMG_5539.jpg

この景色をほとんど常に見ながら歩くことができるんです。
奥多摩の中で一番好きな場所♪♪
東京の山だとは思えない。

五十人平ヘリポートから雲取山山頂。(中央奥のピーク)
IMG_5537.jpg手前から、「ヨモギノ頭(左)」、「小雲取山(右)」、「雲取山(中央奥)。」

奥多摩小屋。(8:45)
IMG_5538.jpgここはいつもテント泊をする小屋。
富士山の展望が素晴らしいです。

冬の山はいろいろな動物の足跡があって面白い。
IMG_5540_2014011601160957d.jpg滅多に姿を現さない動物たちですが、夜は沢山出てきているんだなーと。
この足跡はウサギです。

さすが、人気のあるコースということで、登山者が雪に書いたラクガキも沢山です。
人が倒れてつけた跡や、「登頂したぜ」や「快晴やったね」のような
喜びの伝わるものなどはなんだか動物のトレースを見た時のように微笑ましい!!
中にはクダラナイものもあったりして(笑)
こういうの楽しいのはやってる本人たちだけなんだよなーと。


奥多摩小屋から先は、「ヨモギノ頭」、「小雲取山」の二つのピークを越ると
最後の急登を登り切り、雲取山山頂に到着。(9:10)
IMG_5541_201401160116114a8.jpg登り切って振り返るこの景色が好き。
避難小屋外のベンチに腰掛け、しばらく見とれてしまう。

避難小屋には、ここに泊まったというおじさんと、雲取山荘にという二人組の3名だけ。
早くに出発するのは寒さが辛いけど、人が少ないのが良い。

江の島もうっすら見えた。
IMG_5542_20140116011749f25.jpg

富士山ももちろん。
IMG_5547_20140116011758bb3.jpg

来た道をしばらく振り返った後に、山頂へ移動。
避難小屋からすぐそこに埼玉、東京の山頂標識があります。
IMG_5544_20140116011751e4c.jpg一番立派なのが埼玉の。
富士山がバックに見えるからこの標識が一番人気カナ。

僕も東京人でありながら、いつもこの看板をバックに写真撮ってます(笑)
今回が雪山デビューという先ほどの2人組のお兄さんに写真を撮ってもらいました。ありがとうございました!!
こんなに天気が良くて風もない日に雪山デビューなんて最高ですね♪♪

木々の隙間から浅間山。
IMG_5545_2014011601175447d.jpg

まだお昼ご飯には早いので、今回は七つ石山を経由し、千本ツツジまで行ってのんびりしようかと思っています♪
七つ石山~鷹ノ巣山は人が割と少なく、好きな場所です。
何回も言うけれど、あの広々とした尾根は歩くだけで気持ちが良いんです。

アイゼンを装着し、下山開始。(10:00)
IMG_5546_20140116011756247.jpg(この日は歩きやすい雪質でした。余裕をもって早めに装着しましょう。)

また来るね~。
IMG_5548_2014011601192832d.jpg

富士山や南アなどの贅沢な景色を楽しみながらも気を付けて歩きます。

ブナ坂。
IMG_5549_2014011601193105c.jpgここから七つ石山方面へ。

ブナ坂からはなかなかな急坂を10分ガツンと登ります

息を切らして七つ石山へ到着。(11:00)
IMG_5550_20140116011935b0d.jpg

ここから見返す雲取山へ続く石尾根が良いんだなぁ!!
IMG_5551_20140116011938c18.jpg

石尾根縦走路直進!!
IMG_5552_2014011601194064c.jpgやっぱり、ここから先はここまでと比べてトレースが少ないです。ラクガキなんて一個もない(笑)

千本ツツジピーク。(11:25)
IMG_5553_20140116012025c61.jpgここから見た鷹ノ巣山方面も美しい。

今回、ここまで足を延ばした理由はもう一つ!!

それは、ツェルトを雪上で試し張りすること♪♪
休憩時などにも積極的に使いたいので今回は練習します!!

人が多いとこでは試行錯誤しながらやるのが恥ずかしいのでここまできました(苦笑)


«ツェルト試し張り»←無積雪時の、ストックを使った基本的な建て方。

ツェルトにロープを通して2本の気に結ぶのが一番手っ取り早そうなのですが、
雪に固定したいのであえて、雪のある場所を選んでみました。

着いたらさっそく設営開始です。

先ずは雪を踏み踏みして、平らに整えます。
その上にツェルトを広げ、四つ角をクロスペグで固定。(本来だったらいちいちペグなんて持たないか…。)
ストックを使ってツェルトを起こし、細引きで引っ張り、
クロスペグ代わりに軽アイゼンを埋めて固定(クロスペグ足らなかった&新雪で枝2本ではしっかり張れず…。)

何とか20分程かけて設営完了。
IMG_5554_2014011601202728f.jpg斜めになっている上にヨレヨレですが、意外と強くゆすってもへっちゃら。
しかし、中に入ってみると、床がボコボコ。
風を避けられるので意外と暖かでした。

この状態で泊まるには頼りないですが、
真似事段階ですのであしからず…。

湿った雪ならもっと設営しやすいと思うのですが
サラサラの雪はちゃんと固定するのが難しい…。
雪山テン泊する人はみんなどうしているのかなぁ??
そもそも、パウダースノーだったら他の場所を選ぶのかな??ブロックで風よけも作れないし…。
色々と課題や疑問が残りますが、これからも休憩などで積極的にツェルトを使って
スムーズに、しっかりと設営できるようになりたいと思います。
日頃から使ってみなきゃできないですもんねッ。

いつかこれの中で眠りたい
IMG_5555_20140116012029847.jpgツェルトの中でお昼にしようと考えていたのですが、この日はあまりにもポカポカで気持ちが良かったのでツェルトの隣で♪♪

インスタント以外は久しぶり。
IMG_5556_201401160120311ad.jpg重かった…。

今回は、キムチ鍋うどんにしてみました♪♪
IMG_5557_201401160120333ba.jpg重いものを担いできた分、おいしさが増しますね。


食後はツェルトを撤収させて
もう一度、木の間に立ててみようと思っていたのですが、お腹が満たされると
なんだか眠気と疲れがどっと出てきてしまい、すぐに下山開始。(12:30)


来た道を戻り、七つ石山の手前で七つ石小屋へ向かう道を下ります。

七つ石小屋。(12:50)
IMG_5559_2014011601225410f.jpg七つ石小屋は只今トイレを新設中ということで、テント場は資材で溢れていました。
どんなトイレができるのかな??

ここでも富士山綺麗に見られます。
IMG_5560_20140116012255fbd.jpg雲がモクモクと出てきて、頭をひょっこり出している姿もまたいいですねー。

ここからはテキパキと下山。


冬の山は、空が丸見えなのが良いなー。
IMG_5561_20140116012258fb0.jpg

雪はなくなったり出てきたり、カチカチだったり、ドロドロだったり…。
気温の低い朝の登りはあんなに歩きやすかったのに。

アイゼンは外すことなく小袖乗越到着。(14:00)
IMG_5562_20140116012300bda.jpg


ひっさしぶりにしっかりと歩いて疲労感が…。
やっぱり、日頃から山を歩いていないと体力落ちちゃいますね。

とは言いつつも、久しぶりのお山&雲取山(石尾根)はとっても気持ちが良くて
スッキリとリフレッシュできた!!

体力も落ちちゃうし、ストレスもたまるし、
これからも低山中心でも、ガツガツと沢山登って体力維持したい!!

登山のためのトレーニングには登山が一番!!(笑)




登山・キャンプ ブログランキングへ

1日1クリックで「Outdoor monkey」の応援をお願いします♪♪






僕の使っている軽アイゼン。
ゴムスパイクは斜面では効きません。使いやすさや安全面を考慮し、僕は6本爪をお勧めします!!
これからの時期はどこの山でも凍結の恐れがあるので携行してます。

2013.3.26 雲取山(小袖乗越ピストン)

平日休みの前日、冷たい雨が降ったので、「お山は雪か!?」
と言うことで、東京で一番の標高の雲取山へ行ってきました
登りはスピーディーで帰りはのんびーりと

<前回の雲取山(2013.2.12~13)>

天気:晴れのち曇り
メンバー:単独
コース:小袖乗越→雲取山→七つ石山→小袖乗越

奥集落から鷹ノ巣&雲取山に登りたかったのですが、
夜中のパッキングで寝るのが遅くなり寝坊。。。
久しぶりに、小袖から(鴨沢ルート)登りました

最近、寝坊が多いんです(+o+)
疲れなのか年なのか。。。

眠たい目こすりながら車に乗り込み出発し、
新青梅街道に出ると白いお山がどーんっと見えてテンションアップ
1000m以上は積雪ある感じ

しかし、小袖乗越に着いたときは日は高くなり。。。
IMG_4931.jpgどんどん雪溶けているだろうなぁと思いながら急いでくらいむおん(8:05)

始めのうちは殆ど雪ないですが、木陰に薄っすらと面影あり。
一つ目の水場付近はこんな感じ。(標高1150m)
IMG_4932.jpg溶けてますねー

しばらく歩くと霧氷が
IMG_4933.jpg

雪も少しづつ増えていきます
IMG_4934.jpg所々地面が凍っているところもあるので注意です。

堂所(ドウドコロ)。(9:00)
IMG_4935.jpg
ドウドコロのすぐ先にあるこの場所が好き
IMG_4936.jpg

変わった積もり方
IMG_4937.jpgというか溶け方??
石がゴロゴロあるのかと思ったら地面は平らな土でした

マムシ岩。(9:15)
IMG_4938.jpg

マムシ岩を過ぎた辺りから富士山がちょくちょく
IMG_4939.jpgまだ葉がないので良く見えます

登りは、「雪が溶けないうちに!!」と急ぎ目で山頂に向かいます。
七つ石山はスルーして巻道でブナ坂へ

橋を渡ります
IMG_4940.jpgこうゆう雪ならいいけど、凍結すると怖い箇所です。
不安のある方は迷わずアイゼンを
木道を傷つけることになりますが安全には変えられません

日向では、ほぼ雪がないところが多いですが日陰の巻道はもっさりと
IMG_4941.jpg気温もだいぶ変わります

ブナ坂。(9:50)
IMG_4942.jpgここも好きな場所です
ここからが大好きな石尾根歩き

毎度お決まり“おばけの木”
IMG_4943.jpg

石尾根からは南アも富士山もどーんっと見えます
白峰三山。
IMG_4944.jpg白峰三山の右手前が鳳凰三山。

赤石岳、悪沢岳。
IMG_4945.jpg

全く雲がないのがチョーキモチーですッ
IMG_4947.jpg雪解けで登山道がぐっちゃりなのが残念ですが。。。

ヘリポートから雲取山を望む。
IMG_4948.jpgヨモギノ頭(左)と小雲取山(右)に挟まれて奥に見えるのが雲取山。

奥多摩小屋。(10:20)
IMG_4949.jpg手前の岩の左側が前回テントを張った場所

奥多摩小屋で休憩していたおじさんと立ち話
鷹ノ巣山避難小屋に泊まった方で、朝はやっぱり一面真っ白だったと教えてくれました
やっぱり、日が昇ると溶けてしまうので春の雪を楽しむには朝一で登らないとダメですね

奥多摩小屋を過ぎ、すぐの急登を登るとヨモギノ頭。
次の急登を登ると
小雲取山。(10:40)
IMG_4950.jpg

そして、ラストにあの坂をのぼりつめて雲取山に登頂です
IMG_4951.jpgここからの写真が好き。

雲取山山頂。(10:55)
IMG_4952.jpg山梨県側標識。

小袖からここまで2時間50分で登れました
山と高原地図のコースタイム2時間縮めた
多分、自己最速でビックリ
急ぎ足で登ったけどこんなに早く歩けるとは思わなかったー
ライトパッキングを意識して早く歩いたらもっと早く歩けるかも。。。

埼玉県側の山頂標識で喜びのポーズ(笑)
IMG_4954_20130326224306.jpg

山頂の積雪はこんな感じ。
IMG_4956_20130326224431.jpg15㎝位積もってますが、場所によっては地面が出ているところ多い。

そして、何かと話題な「雲取山三角点」付近でラーメンタイム。
IMG_4955_20130326224316.jpgビンボーハイカーの節約ポイントをご紹介
ガス代節約のために熱湯持参&ノーマルガスの500ml缶です
荷物は重くなりますが、トレーニングだと思えば大したことない
雪降ったのでノーマルガスはどうかと思いましたが、気温は10℃くらいあったので問題なしでした
久しぶりに使ったハイドレも凍らず
IMG_4957_20130326224324.jpgうまし

山頂滞在1時間程で下山開始~。(12:00)
IMG_4958_20130326224451.jpg

山頂付近は冷たい風が吹き、うっすらと霧氷残ってました
IMG_4959_20130326224459.jpg
日当たりのよい石尾根はとっても気持ちの良い道ですが、
おかげで雪は解けてぐしゃぐしゃ
ドロドロの所も多く、滑りやすいので気を付けながら歩きます。

ブナ坂。(12:35)
IMG_4960_20130326224506.jpg帰りは、お気に入りの七つ石山に寄ります
雲取山に来たときはここも外せないです

ヨモギノ頭や小雲取山、雲取山と同様に急登をジグザグに登っていきます。

七つ石山。(12:50)
IMG_4961_20130326224514.jpgさっきまであんなに晴れていたのにこの天気。。。
計画していた七つ石でのコーヒータイムはやめにしようかとも思ったのですが
せっかくなのでのんびりと休みます

七つ石山から見た三頭山と白い仏舎利塔の建つ大寺山
IMG_4963_20130326224620.jpgいつも遠くから見ていたこの仏舎利塔はとても気になっていたのですが前に登ってみたので今はスッキリ

お気に入りの景色
IMG_4964_20130326224640.jpg雲取山へつづく石尾根

コーヒーを淹れてのんびーり
IMG_4965_20130326224649.jpg至福の時間です

しばらくのんびりしてから七つ石小屋へ。

IMG_4966_20130326224657.jpg(13:35)

下山するにつれて雪はなくなっていきます。
IMG_4967_20130326224707.jpg

標高が下がるにつれて春が近づきます
IMG_4968_20130326224746.jpg日当たりのよい場所にはスミレが沢山咲いていました。

標高1150m地点。(14:25)
IMG_4969.jpg

下山完了~。(15:00)
IMG_4970_20130326224813.jpg

今回は久しぶりの鴨沢ルートでした。
マムシ岩辺りまでは杉の植林が多くて好まなかったのですが久しぶりに歩くと、
ドウドコロやマムシ岩が懐かしく、楽しく歩くことができました

これから気温が上がってくると、低山は蒸し暑いしブヨやアブが虫が多くなるのであまり来なくなると思いますが
雲取山はミツバツツジが咲いたらまた来たいと思っています
(金欠だったら近場の奥多摩に通うかもです。。。苦笑)


登山・キャンプ ブログランキングへ
↑クリックで投票お願いします


まだまだ条件が合えば低山でも積雪する可能性があり、凍結の恐れもあるので持っていると安心な軽アイゼンですが
重さが気になる方はこういう物↓

もあるので、もしもの時のために保険代わりにザックに忍ばせておくと安心だと思いますよ

2013.2.12~13 雲取山(赤指尾根)。 2日目

«雲取山 冬山テント泊(1日目)»

思っていたよりも冷え込まず、寒さを感じることなく一晩過ごすことができました。

テントが風でバタバタと揺れる音で起きるのが心地よく、6:00頃に起床し
ワクワクとした気持ちで外を見てみると、雲は下の方にあり、上の空は晴れていました
夜中の降雪もあり、吹き溜まりでは膝上位までつもり、トレースは消えていました
踏み跡の無い雪の石尾根を歩くのが楽しみです

サーモスに入れておいたお湯と羊羹でエネルギーをチャージし、
風に苦労しながら何とかテントを撤収。

朝日を浴びた富士山が綺麗
IMG_4347.jpg富士山も風が強そう

南アも
IMG_4348.jpg

朝の奥多摩小屋周辺の様子。


下山開始~。(7:40)
IMG_4349.jpg風によって刻まれたシュカブラ。
ここに足跡をつけてしまうのがもったいなくも感じますがとても気持ちがいいです

常に富士山を見ながら歩けるのがイイんですよね
IMG_4350.jpg
広々としたヘリポート越しに富士山
IMG_4351.jpg
お気に入りのお化けの木。
IMG_4353.jpg樹氷になっているのも見てみたいです

ブナ坂。
IMG_4354.jpgここから七つ石山へは急登で、息を切らしながら登ります

七つ石山。(8:40)
IMG_4355.jpgやっぱり、積雪があると歩くのに時間が掛かりますねいつもより荷物が重いので尚更です

七つ石山からみる雲取山が大好き
IMG_4356.jpg
七つ石山からの景色。



七つ石山のすぐ下にある七つ石神社。
IMG_4358.jpg風が当たらない場所は樹氷が綺麗でした
IMG_4359.jpg
鴨沢方面(登り尾根)への分岐。
IMG_4360.jpg千本ツツジへ石尾根を直進。
天気も良いので、予定通り赤指尾根で下ります。

シュカブラの向こうに富士山。
IMG_4361.jpg

千本ツツジ辺りから石尾根を振り返って
IMG_4362.jpg新雪一番乗りは最高ですね

千本ツツジ。(9:20)
IMG_4363.jpg千本ツツジから見た鷹ノ巣方面。
最後の石尾根からの景色を堪能しながら休憩
IMG_4364.jpg
名残惜しいですが、ここから赤指尾根で峰谷へ下ります。
千本ツツジのピークには看板や道標がないので注意です。
ピークからすぐに巻道に直接降りられます。

赤指尾根の下り始めから杉林です。
IMG_4365.jpg広々しているので降雪後は特にわかりにくいです。
尾根のピークの東側を歩いていくことが多いです。
登山道を意識しながら尾根のピーク歩いていると枝分かれしていて道迷い。。。
地図で地形を確認して、なんとか正しい方向に戻りましたがヒヤッとしました
雪が水分多く、団子になったり滑るので登り返すのが大変でした。。。

登山道から外れたところに赤指山があるので行こうかと考えていたのですが、
先ほどの道迷いが怖くてやめてしまいました

赤指山周辺は広葉樹が多いですがそこ以外はほとんど杉の人工林で展望ナシ。
IMG_4366.jpg生命感もなく心細くなりますね

杉林の林道を抜けてゲート。(11:20)
IMG_4367.jpg集落に降りてきてホッとします。

ここから、膝が壊れそうなくらいきつい舗装路の下りですが
のどかな集落の道は意外と気持ち良いです。
IMG_4368.jpg山に囲まれた暮らし、大変だろうけどあこがれちゃいます。

途中で、峰谷渓流釣り場の駐車場が見えましたがまだまだ遠い
IMG_4369.jpg
集落の道路は、朝一で除雪されたようで道路に残る雪はほとんどありませんでした。

峰谷到着~(12:10)
IMG_4370.jpg駐車場に雪が積もっていなくてホッとしました。

今回の、冬山テント泊デビューは、自分の経験、装備を考慮して行き慣れていて、降雪もさほど多くなく、突風の少ない雲取山にしました。
眠れないほど寒かったらビバーク体験になるとも考えていましたが思ったよりも暖かくて良かったです。
3シーズンテントで挑みましたが、シュラフや衣類は多目に持っていき、湯たんぽも使うことでテント内の気温をなんとかカバーしてぬくぬくで過ごすことができました。
雪上テン泊を本格的にやっている人からしたら嘗めてると思われると思いますが、
財布と相談し、道具を揃えながら、経験積んでいきながら、徐々にステップアップして、行ける場所を増やしていきたいと思います!!


登山・キャンプ ブログランキングへ

クリックで応援よろしくお願いします
広告:まとめ