カテゴリ
リンク
プロフィール

らむ子

Author:らむ子
◎好き◎
トーキョーバイク、GB250、釣り、登山、アウトドア、ミミズコンポスト

◎Twitter◎




◎Instagram◎


◎日本百名山◎(現在59座)  
利尻岳。
羅臼岳。
斜里岳。
阿寒岳。
大雪山。★
トムラウシ。
十勝岳。
幌尻岳。
後方羊蹄山。
岩木山。★
八甲田山。★
八幡平。
岩手山。
早池峰山。
鳥海山。
月山。
朝日岳。
蔵王山。
飯豊山。
吾妻山。
安達太良山。★
磐梯山。
会津駒ヶ岳。
魚沼駒ヶ岳。★
平ヶ岳。★
巻機山。★★
燧岳。★
至仏山。★
谷川岳。★★
苗場山。★
妙高山。
火打山。
雨飾山。
高妻山。★
男体山。★
奥白根山。★★
那須岳。★
皇海山。★
武尊山。☆★
赤城山。★
草津白根山。★
四阿山。☆★
浅間山。★
筑波山。★
丹沢山。★
両神山。★★★★★★
雲取山。★★★★★★★★★★★★★
甲武信岳。★
金峰山。★★★★
瑞牆山。★
大菩薩嶺。★
富士山。★★☆★★★★★★☆★★
天城山。★
白馬岳。★
五竜岳。★
鹿島槍ヶ岳。★
剱岳。★ 
立山。★
薬師岳。
黒部五郎岳。
黒岳。
鷲羽岳。
槍ヶ岳。★
穂高岳。★
常念岳。★
笠ヶ岳。★
焼岳。★
乗鞍岳。★
御嶽山。★
美ヶ原。★
霧ヶ峰。★★
蓼科山。★★
八ヶ岳(赤岳)。★★★★
木曾駒ヶ岳。★
空木岳。★
恵那山。★
甲斐駒ヶ岳。★★
仙丈岳。★
鳳凰三山。★
北岳。★
間ノ岳。★
塩見岳。★
悪沢岳。
赤石岳。
聖岳。
光岳。
白山。
荒島岳。
伊吹山。★
大台ヶ原山。
大峰山。
大山。
剣山。
石鎚山。
九重山。
祖母山。
阿蘇山。
霧島山。★
開聞岳。★
宮ノ浦岳。

◎東京の山◎
三頭山。
大岳山。
日の出山。
川苔山。
鷹ノ巣山。
御前山。
棒の嶺。
高水三山。
大寺山。
倉戸山。
本仁田山。
高尾山(高尾~陣馬)。
陣馬山。
日和田山。
天上山。

◎その他の山◎
竜ヶ岳。
鍋割山。
北横岳。
妙義山(相馬岳)。
金時山。
蝶ヶ岳。
天狗岳。
権現岳。


★…登った回数。

行った山はほとんど載せているので
気になった山は
ブログ内検索してみてください♪♪






「Outdoor monkey」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Amazon.co.jpロゴ



ピクスタ始めました♪♪

15461792

(c)らむ子 写真素材 PIXTAー

QRコード

↓ケータイからはこちら♪↓

QR

いらっしゃ~い♪

あなたは

人目のお客様です♪♪

ブログランキング

ランキング参加しています♪

投票してください(^^)♪

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

『Outdoor monkey』

お山メインなアウトドアブログです(^^)♪自分が振り返りで見る山行記録として始めました。2011年4月の両神山で百名山デビュー♪ 単独でちゃちゃっと歩いたり、のんびり歩いたりなのでコースタイムは目安程度に♪♪文章力ないので写真を楽しんで欲しいところですがそれも初心者なのであしからず。。。里山からアルプスまで本気で遊びます♪♪ 右膝に爆弾(半月板除去)抱えてます…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.1.3 初詣富士登山。(吉田口馬返し~五合五勺 経ヶ岳まで)

明けましておめでとうございます。
自分の山行メモのようなブログですが、
今年も暇なときにでも覗きに来ていただけたら嬉しいです♪
宜しくお願い致します。


今年の初登山は富士山へ行ってきました!!
本来は、元旦に「富士山頂初詣」という目標があったのですが年末年始天気が悪く、様子を伺っていたものの、天候に恵まれず、とりあえず「初詣富士登山」を達成するべく山頂は目指さない覚悟で行ってきました。

天気:晴れ(強風)
メンバー:ピン
コース:吉田口登山道馬返し→佐藤小屋→経ヶ岳(五合五勺)→ 吉田口登山道馬返し

自宅で仮眠し、夜中に高速を走らせ3時過ぎに馬返しに到着。
大石茶屋の先から道路に雪が出てきて、後半はアイスバーン。
ミニキャブで山に行っていた去年は少しの雪や氷でスリップしていましたがパジェロミニはグイグイ登り、問題なく馬返しに到着。
すでに、馬返し手前の路肩に登れなくなったと思われる車一台と馬返し駐車場に軽トラが一台停まっていました。

準備を済ませて出発。(3:50)

今のところ無風で星空満天。
風が強い予報が嘘のようでちょっと期待♪
気温は氷点下5度ですが穏やかで全く寒さを感じないほどでした。

実は、暗い中歩くというのはどうも苦手で、何かに終われるようにいつもドキドキしながらスタスタ歩いています

標高が上がるにつれて木が風で揺れ始め
ギシギシ鳴る木が不気味...。
少しずつ風が当たるようになり、肌の露出している顔が寒くなってきます。
-10℃まで下がり、痛いくらい。

登るにつれて益々風が出てきて、樹林の上では風が唸っています。
一度道路へ出る場所では木が無く、猛烈な風のため道路へ出る前に、バラクラバ、ジャケットで防寒対策をして気合いをいれて出陣!!

道路をチョイとあるき、再び樹林に入り、五合目佐藤小屋。(5:30)

本当は、3000m地点くらいまでは行けると
いいなぁ。と思っていましたが、この時点で猛烈な風。もともと風の強い予報ですが、今までの春秋の雪山富士山の山頂で体験したような風が吹いていました。気温は-15℃。
日の出時間までは登り続けたかったのですが戦意喪失。というか、厳冬期富士山の厳しさを思い知らされました
まさに異空間との境という感じで、この先に行くことに恐ろしさを感じました。
このまま暗い時間に撤退するのはもったいなくて日の出を待つことに
一時間以上の寒さとの戦い...


風が激しく当たる佐藤小屋の周辺は地面がカチカチの氷で、
風に押されると踏ん張りが効かず危険なのでとりあえず物陰に隠れてアイゼンを装着。

持ってきた服も全て着込み、
満天の星空と夜景を撮ろうー!!

佐藤小屋からの夜景。
IMG_1412.jpg左が河口湖周辺。右が山中湖周辺。奥のオレンジが首都圏。

富士山頂。
IMG_1413.jpg雪煙舞ってます。

なんとか撮りましたが、
寒さのあまりじっくり撮れないうえに、
風が強くて氷の上においた三脚は安定しない
まさに命懸けの撮影でした

ろくにカメラもいじれないので、小屋の物陰に戻り、ザックに座り、体をエマージェンシーシートでぐるぐるに。
2人用の少し大きめの物のため、体に巻いて余りを踏むことで風にも飛ばされそうになること無く良かったです
しかし、防寒着の少ない下半身(特に足元)がひえてつらかった...。ツェルトも足に巻けば良かったです。判断が遅くなり、面倒でやりませんでしたが、早い判断が大切だったと後悔です
こんなことなら寝袋持ってきてもよかったな


うっすら明るくなり始め、山中湖。
IMG_1414.jpg

うーん。何だか日の出が見られるような角度じゃないような...。
ということで少しハイクアップ。

先程までの暗闇&強風では小屋周辺から一歩先へ行くのも強風でしたが、明るくなったことで一安心。
暗さってやはり気持ちを小さくさせますね...。(ビビりなだけ)


途中で江ノ島発見
IMG_1415.jpg

ちょこっと先の経ヶ岳まで行くと丁度
山頂が太陽に染め始めました。
IMG_1416.jpg日の出の瞬間だけのピンクな日差し。
明るさが増すと燃えているようです。
IMG_1418.jpg怒れる山。
恐ろしくて僕なんかには近づけません
山が朝日に染まる時間は本当に美しく、
ここまでの恐怖心や寒さも忘れるほど。
興奮で「うわぁー!!」と声に出しそうなくらい。

手も足も出ない事に悔しい気持ちもありますが、山の神様に会いに来れて良かった...。
今年はどこの山にいても見守ってくれるといいなぁと思います。

悔しさと名残惜しさを押し殺して下山開始です。
降りるとなると、一時忘れていた寒さも恐怖も復活してきます

六角堂。
IMG_1419.jpg

山頂方面はピンクからオレンジに。
IMG_1420_20150105233323b7a.jpg

星観荘。
IMG_1421.jpgここにテント一張りありました
寒そう

佐藤小屋の前はカッチカチ。
IMG_1422_201501052333262ae.jpg


佐藤小屋周辺の様子。



名残惜しい...。
IMG_1423_20150105233357f3b.jpg

下山開始!!(7:20)
IMG_1426_201501052334025b5.jpg

車道にはタイヤチェーンの跡が残っている所もありました。
大晦日から年明けは佐藤小屋で忘年会があったので先日来たあとなのかな

ここから登山道。
IMG_1427_20150105233403819.jpg樹林に入り、風も弱まります。

たばこ屋。
IMG_1428_20150105233511bb6.jpg吉田ルートの五合目から下はこんな廃屋が沢山。富士登山の歴史を感じる古道です。

登山道から外れてみると膝上までズボッと。
IMG_1429_20150105233513923.jpg

登山道も現時点では、五合目までトレースバッチリ。
IMG_1430.jpg

河口湖。
IMG_1431_201501052335156c7.jpg

4合目大黒小屋。(7:55)
IMG_1432_20150105233516fb7.jpg

途中で五合目までという単独の方とスレ違っただけで静かなお山です。


3合目。(8:10)
IMG_1433_20150105233553244.jpg

2ヶ所ほど、溶岩流を渡る橋があります。
IMG_1434_20150105233555ba9.jpg雪がない時期は、溶岩の流れが固まった不思議な場所でした。

2合目。(8:25)
IMG_1435_20150105233557f37.jpgここのどこかの石碑に、(見ざる聞かざる言わざる)がいるので探してみてください

しばらく下ると雪だった登山道も踏み固められてアイスバーンとなり、つるんつるん。


一合目。(8:55)
IMG_1436_20150105233558d80.jpg

カラマツの巨木。
IMG_1437_2015010523360099b.jpg

下山完了~(9:00)
IMG_1438_20150105233633843.jpg

帰り支度をしていると、下から歩いてきた一組が上がっていきました。
明日は風が弱まる予報なので、泊まりで山頂目指すのかなー。
と思うと羨ましい

馬返し下の路面はツルツル。
IMG_1439.jpg

道の駅「富士吉田」から。
IMG_1441_20150105233636f8a.jpg今まで見た富士山のなかで一番でかく感じる!!
あの登山道で傷が無かったらもっと美しいだろうになー。


帰ってから知ったのですが、この前日に入山した方で行方不明者が出たそうで、翌日に遺体で発見とニュースで流れていまし。
山で無くなるのは嫌ですね。
今年も無理せず山登りを楽しみたいです。



登山・キャンプ ブログランキングへ
↑ポチッと応援お願いします



↑僕が使っているビバークシート(エマージェンシーシート)。
普段は、テントのしたに敷くグラウンドシートや、テント内での防寒として利用しています
一般的なビバークシートはポテチの袋のようにシャカシャカしているのに対して、ソルのこのシートはサランラップのようなしなやかさがあり、音が少なく、避けにくく、使い勝手が良いのでオススメです
混んだテン場でも音を気にすること無く使えます

2014.10.13 富士山 須走口

以前から、友だちのチャーリーと約束していた富士登山。
ついに行ってきました。
(初冠雪の3日前!!ギリギリセーフでした。)


今回は友だちの案内役♪♪


久し振りに雪の無い富士山でいつもより気が楽ですが、この夏はほとんど山に行かれず、ちょい不安...。
最後に登ったのが二ヶ月半も前のこと。
足慣らしも兼ねて、6㎏分の水を背負いました。


天気:晴れ
メンバー:2名
コース:須走口


この翌日から、台風19号が来る予定で前日まで天気予報とにらめっこでしたが何とか行けそう!!
ということで、仕事の親睦会を終え、ほとんど寝ずに行きました。
天気が心配で眠れず、ベットでウトウトしただけで2時に集合。

相方のチャーリーは17~24時まで寝たということでヤル気満々!!

自分が足を引っ張ったら申し訳ないな...。
とちょっぴりドキドキしてきました(((^_^;)



高速を走らせ、山中湖付近に着くと曇り空...。
というか濃霧の中へ...。

とりあえず5合目まで様子を見に行って、ダメそうなら近くの低山かな...。
なんて逃げ道も考えつつ「道の駅すばしり」で支度を済ませ、ふじあざみラインを登っていくと更に濃い霧に...。
前が見えないッ!!

しかし、高度を上げていくと
突然月明かりと星空が!!

眠気と運転で、すでにちょっぴり疲れモードでしたが、
富士山の山容もしっかりと確認することが出来て一気にテンションMAX!!
IMG_9991.jpg

準備をしているうちに空は明るくなり、とっても素敵な雲海がはっきりと見えるようになりました。
IMG_9992.jpg
雲海が上まで上がってこないことを願いつつ、


くらいむおーん!!(5:20)
IMG_9993.jpg
大好きな菊屋の方に挨拶して出発♪♪

古御岳神社を過ぎ、樹林帯を登っていきます。
車を降りたときは寒さに驚きましたが、風がなく歩くと体がポカポカ!!
結局すぐにシャツ一枚に。

樹林を少し歩き、国有林の標識を過ぎた所の、お気に入りスポットから富士山をパチリ。
IMG_9994.jpg

ここからまたしばらく樹林を抜けたり入ったりが続くのでここで御来光を待つことに。
IMG_9995.jpgうねりのある雲海が大迫力!!こんなびっちりな雲海
は久し振りッ!!

見事なご来光~!!
IMG_9996.jpgこんなシチュエーションは初かも...。

御来光にパワーをもらい、サクサク登っていきます!!

6合目、本6合目を順調に過ぎていきます。
樹林帯を抜けると風が少し寒いですが、歩くと体が温まり、快適♪


標高3000mちょい手前の7合目大陽館。(8:00)
IMG_0005.jpg
ここは毎年最後まで営業している小屋です。
ここで大休止。

ここからが3000m越えの山場となるのでしっかり息を整えます!!

相方も今のところ順調♪


次は、鳥居の建っている見晴館。(8:35)
IMG_0007.jpg
ここのベンチはベッド(テーブル)のように広くて好き。

見晴らしも良いです♪♪
IMG_0006.jpg丹沢方面。

8合目江戸屋。(9:05)
IMG_0008.jpg

ふと、空を見上げるとハロ現象。
IMG_0009.jpg
またまたパワーをもらいます!!

大きな鳥居が立つ本8合目。(9:25)
IMG_0010_20141017225400f26.jpg
ここは、吉田ルートと合流する場所で、須走ルートの中で一番山小屋が並んでいる場所です。夏山なら一番混雑している場所でもあります。IMG_0011_20141017225401881.jpg


山頂方面を見上げると氷柱。
IMG_0012_201410172254032fd.jpg
登るにつれて急な登りとなり、この辺りから呼吸も荒くます。そして、酸素の薄さを感じるようになりますが、まぁまぁ順調です。

しかし!!
またカメラのトラブルが...。
ここにきて、電源入らなくなりました。
最近立て続けに起こるトラブル。過酷な使用状況にさすがに耐えられなくなってきているのでしょうか(+_+)
ということでここからはスマホ撮影...。

9合目鳥居。(10:20)

ここからは山頂まで残りわずかですが、更に急な坂となります。

ゼェゼェしながら急な坂りを登り詰めると最後の鳥居。
ここを越えればいよいよ山頂ですが、力を込めて登ると、ついつい呼吸も浅くなりしんどくなりますね。

山頂とうちゃく。(11:00)
初富士ですがいい感じのCTで!!

山頂で記念撮影をしたり少し息を整えるために休憩をしてから火口見学へ。

一番近くのピーク、大日岳へ向かいます。

火口は本当に迫力大です!!
そして、人も少なく、ほぼ無風の富士山は穏やかすぎて不気味なくらいに静か...。

実際に火口を見ながら、
剣ヶ峰やお鉢巡りについて説明。
そして、お鉢巡りも剣ヶ峰も次回にしようと決定(笑)

やはり、カメラは使用できずザックにしまいました(+_+)


~山頂からの展望~



大日岳の鳥居。

このお賽銭は登山者が勝手にやり始めただけで、ただのゴミですよね??見苦しいです。
それとも、回収していかない理由とかあるのでしょうか??あるなら知りたいです。
尾瀬の湿原とか、神聖そうな場所にお金を捨てる人が多いですが自然からしたらただのゴミだろうと思うのですが...。


須走口山頂のベンチへ戻りランチタイム♪♪


しかし!!いつもお山でのランチを楽しみにしているチャーリーが食欲がないと...。
そして表情がイマイチ...。
よく見ると顔色も悪い!!
さらに、こんなにポカポカな陽気でシャツ一枚でいる僕を横にして寒気がするとか...。

それ、間違いなく人生初の高山病ですよ( ̄▽ ̄;)
本人は高山病と認めたく無さそうでしたが、
とりあえず作ってしまったラーメンを僕が食べている間に体を休めてもらって下山することに。
(12:15)

日陰には氷柱。
この時期に山頂だけとは...。下山はブル道を通って下ります。

下りが苦手なチャーリーですが、砂地のブル道&下山道は比較的下りやすそうです。

テクテク歩いて本8合目。(12:45)
鳥居の下で大休止。

山登りは登りが全てじゃないと言うことを実感。
辛いのはここからだー...。


7合目大陽館。(14:05)
IMG_0014_20141017225554aab.jpg
ここで大休止し、カメラを出してみると復活してた!!
気圧に弱いのでしょうか??
心配ですが、しばらく様子見ですね...。


今までずっと雲の下だった河口湖がひょっこり出てきたのでパチリ。
IMG_0013_201410172255524dc.jpg

7合目より下は、砂走コースを直線に下ります。
砂地のなかに、ゴロゴロと岩が混ざっているので足元に注意しながら下ります。

オンタデの紅葉。
IMG_0015_20141017225555c4d.jpg
標高の高い場所ではカラカラの枯れ葉でした。

砂払五合目。(15:25)
IMG_0016_201410172255572c8.jpg新しい建物が建っていました。周りにゴミが沢山!!
砂走りコースはここまで。

この先から、樹林帯に入ります。
IMG_0019_201410172257125cb.jpg

IMG_0018_20141017225713426.jpg

下山完了。(16:00)
IMG_0020_20141017225711bbf.jpg

登りではテンション高く、元気いっぱいのチャーリーでしたが
山頂に着いてからガクッと元気を失ってしまい、長ーい下りとなったと思います(^_^;)

菊屋さんで頂く、しいたけ茶はいつもおいしく元気復活しました

夕方のフジアザミラインには鹿が沢山!!
IMG_0021_201410172257109a1.jpg

地元に帰り、焼き肉反省会で〆ました
今回、人のいない富士山を狙ってあえて秋の富士山に登りましたが、
登山の経験がない人が閉山中の富士山に登るのは大変危険です。
この日も、スニーカーで登る軽装な登山者がいましたが
天候によってはかなり過酷な状況となりますので、経験、装備などの準備をしっかりとして登りましょう♪♪

今回のログ →  «2014.10.13 富士山 須走口»
無題




登山・キャンプ ブログランキングへ
↑1日1クリックでブログ応援をお願いします

2014.4.26 富士山(須走口) ☆ふじあざみライン開通翌日☆



富士山五合目までの各林道が4月25日の昼に開通され、早速行ってきました!!

単独予定でしたが、
前回の富士登山に引き続き、急遽父親も参加


«2013.11.23 富士山&宝永山 (御殿場口)»
↑前回の富士登山日記。




天気:晴れのち曇り
メンバー:2名
コース:須走口五合目(ブル道)→久須志神社(山頂)→須走口五合目(登山口)

道の駅須走でトイレを済ませ、
開通したばかりのふじあざみラインを通って須走口五合目へ。

あざみライン入口周辺は桜が満開
ここの林道は桜がずらーっと並んでいて下から咲いていくのでまだまだこれからも桜を楽しめます
標高を上げるにつれて冬の森へ。
雪も出てきてちょっとした雪の回路の様でした。
車道は雪掻きされていてノーマルタイヤでも問題ないですが、これからもまだ降雪や凍結の恐れがあるので注意しましょう。
駐車場も除雪されていますが、一段上のもうひとつの駐車場はまだ雪だらけ。


下界が曇っていたため、少し遅れて日の出
IMG_6614.jpg
下界は曇っていますが風もなくいい天気♪

今回は紅富士にならず...。
IMG_6615.jpg雪の多さにワクワク!!

ボードを担いで登ろうかギリギリまで悩んだのですが、一人ではないので今回は車に置いていくことにしました

ブルドーザー道から登ります。(5:45)
IMG_6616.jpg

すぐそこに見えますが長い道のりです
IMG_6617.jpg

風が無く、登っているとかなり暑い…。
前回の富士山の時といい、父親が一緒だとかなりいい天気。
汗がダラダラと垂れるほどで体力奪われます。

IMG_6618.jpg完璧な天候の中この広大な雪の斜面を登っていると、
ボードを置いてきたことがかなり悔やまれダッシュで取りに戻りました
30分ちょいタイムロス
始めに判断しておくべきでした…。

樹林帯を抜けてもほぼ無風。
IMG_6620.jpg青空が気持ち良い

本六合目。(7:50)
IMG_6621.jpg横目に見ながら登っていきます


ボードを担いでいるとかなり足腰の負担が大きくなります
IMG_6622.jpg
日が昇るにつれて雪も緩み始め、ますます足が重い。
何度も立ち止まりながら進みます。


緩んでいた雪の斜面も3000mに近づくにつれて固い斜面になってきました。
もっと雪が緩んでないと怖くて滑れないナ。


3000mを越えた辺りでザックを降ろせる岩場が一カ所だけでていたので大休止。
(もちろん落石に注意です。)
羊羹でエネルギーチャージ。

そんなこんなしている間に、さっきまで雲一つなかったハズの空が真っ白に…。
IMG_6624.jpgホントに山の天気は変わりやすいです

休憩後は、ボードをデポするために、本七合目にトラバース。

時折足元が見えなくなるほどのガスに包まれ、平衡感覚を失いそうになることも…。
目を閉じているというか、レンズが曇ったメガネをしているような不思議な感覚。
ガスにつつめれていてもサウナにいるような熱気があり、蒸し暑かったです。

本七合目。(10:00)
IMG_6625.jpg

ここでボードをデポ。
IMG_6626.jpg

ホワイトアウトにめげそうになりながら、悩まされながら登ります。
IMG_6627.jpg先が全く見えないことに精神的に辛くなってきます。

本八合目。(11:00)
IMG_6628.jpg時々霧が薄くなるとホッとします。IMG_6629.jpg

本八合目を過ぎた辺りから、時折冷たい風が吹きつけます。
暑かったり寒かったり、寒暖差があるのがこの時期は難しいです。
レイヤリングに悩みます。
暑かったのでシャツ一枚で登っていましたが、冷たい風で一気に体が冷えるんです。
寒くなったと思ったら急に暑くなったり…。
大気が不安定なのもあるのでしょうが、忙しい天候でした。

御来光館。(11:35)
IMG_6630.jpg

時々雲の隙間ができて下界を見下ろせました。
IMG_6631.jpg自分が地図の世界に入ったかのように色々な地形や山を確認できるのが富士山に登る楽しみの一つなので残念

山頂も見えました!!
IMG_6632.jpg「早くおいで~」と手招きしているように思えます(笑)
見通しが持てるだけで大分意欲が出ます
ただ、この辺りはいつも尾根を乗り越えてくる風が強く、今回も右側から吹く風に耐えながら進みます。

山頂鳥居。
IMG_6633.jpg今年は雪が多かったので埋まっていることを期待していましたが全然でした
今後の雪で埋まることもあるのかなー。

久須志神社(山頂)。(12:45)
IMG_6634.jpg風が強くてちょっとした吹雪

今回の目的の一つの氷回収任務。
IMG_6635.jpgサーモスの真空断熱フードコンテナーに氷と雪を敷き詰めます

ハードシェルの下はシャツ1枚ということもあって、かなり寒い
早く下界の桜に会いたい(笑)

即、下山開始。(13:00)
IMG_6636.jpg

相変らずのガス…。
IMG_6637.jpg
と思ったら急に晴れたり…。
IMG_6638.jpg目まぐるしい。

安全に滑り易い斜面を選んでソリセード!!
IMG_6639.jpgたまに固い斜面で焦りますが気持ち良く滑れました!!

本七合目。(13:45)
IMG_6640.jpg

概ね晴れてきましたが夏のような雲がモクモク
IMG_6641.jpg

ここから駐車場までは滑るー!!
P4260139.jpg
ヒップソリの父親とペースを合わせながらですが


雪質いいとかなり気持ちいいですが、ボードを担ぐと風をもろに受ける事や、雪質によっては初心者は全く滑れないと言うリスクも多くあります(>_<)

滑り辛いですが、僕は本格的に滑れるわけではないので登山靴で滑ります。
ボードブーツで登る人もいるみたいですが、メインは登山でボードはお遊びなのでこの選択です。
だけどやっぱ滑りづらいです^^;

富士山で滑る前にゲレンデ等で、登山靴で滑ることやザック背負うことを含めて、慣れておいたほうがいいと思います。


始めは固い斜面をおっかなびっくり滑っていましたが、降りるにつれて気持ちの良いザラメ雪で軽快に滑れました


駐車場までブル道を滑る予定が、砂走り下山道を来てしまった…。
砂払五合目。(14:40)
P4260142.jpg

古御岳神社。(15:10)
P4260143.jpg
ほぼ埋まっています。
樹林帯の中は踏み抜き多くありましたー。

登山口はこんな感じ。
P4260144.jpg
原型がわからない

IMG_6642.jpg『菊屋』さんでいつものしいたけ茶を頂き、ホッとしましたー


あざみライン入り口周辺の桜。
IMG_6643.jpg無事に帰ってこれた


«スントで取得したログはこちら»
20140426 fuzisann

山頂で回収した氷は芋焼酎ロックで
IMG_6647.jpg標高3700mで作られた贅沢な天然氷



登山・キャンプ ブログランキングへ
↑↑ブログランキング参加しています。1日1クリックで応援してください




↑氷の回収に使ったフードコンテナ。
保冷力を高めるために、雪をぎっしり詰め込みました
広告:まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。