カテゴリ
リンク
プロフィール

らむ子

Author:らむ子
◎好き◎
トーキョーバイク、GB250、釣り、登山、アウトドア、ミミズコンポスト

◎Twitter◎




◎Instagram◎


◎日本百名山◎(現在65座)  
利尻岳。
羅臼岳。
斜里岳。
阿寒岳。
大雪山。★
トムラウシ。
十勝岳。
幌尻岳。
後方羊蹄山。
岩木山。★
八甲田山。★
八幡平。
岩手山。
早池峰山。
鳥海山。
月山。
朝日岳。
蔵王山。
飯豊山。
吾妻山。
安達太良山。★
磐梯山。
会津駒ヶ岳。★
魚沼駒ヶ岳。★
平ヶ岳。★
巻機山。★★
燧岳。★
至仏山。★
谷川岳。★★
苗場山。★
妙高山。★
火打山。★
雨飾山。
高妻山。★
男体山。★
奥白根山。★★
那須岳。★
皇海山。★
武尊山。☆★
赤城山。★
草津白根山。★
四阿山。☆★
浅間山。★
筑波山。★
丹沢山。★
両神山。★★★★★★
雲取山。★★★★★★★★★★★★★
甲武信岳。★
金峰山。★★★★
瑞牆山。★
大菩薩嶺。★
富士山。★★☆★★★★★★☆★★
天城山。★
白馬岳。★
五竜岳。★
鹿島槍ヶ岳。★
剱岳。★ 
立山。★
薬師岳。
黒部五郎岳。★
水晶岳(黒岳)。★
鷲羽岳。★
槍ヶ岳。★
穂高岳。★
常念岳。★
笠ヶ岳。★
焼岳。★
乗鞍岳。★
御嶽山。★
美ヶ原。★
霧ヶ峰。★★
蓼科山。★★
八ヶ岳(赤岳)。★★★★
木曾駒ヶ岳。★
空木岳。★
恵那山。★
甲斐駒ヶ岳。★★
仙丈岳。★★
鳳凰三山。★
北岳。★
間ノ岳。★
塩見岳。★
悪沢岳。
赤石岳。
聖岳。
光岳。
白山。
荒島岳。
伊吹山。★
大台ヶ原山。
大峰山。
大山。
剣山。
石鎚山。
九重山。
祖母山。
阿蘇山。
霧島山。★
開聞岳。★
宮ノ浦岳。

◎東京の山◎
三頭山。
大岳山。
日の出山。
川苔山。
鷹ノ巣山。
御前山。
棒の嶺。
高水三山。
大寺山。
倉戸山。
本仁田山。
高尾山(高尾~陣馬)。
陣馬山。
日和田山。
天上山(神津島)。

◎その他の山◎
竜ヶ岳。
鍋割山。
北横岳。
妙義山(相馬岳)。
金時山。
蝶ヶ岳。
天狗岳。
権現岳。
燕岳。

★…登った回数。

行った山はほとんど載せているので
気になった山は
ブログ内検索してみてください♪♪






「Outdoor monkey」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Amazon.co.jpロゴ



ピクスタ始めました♪♪

15461792

(c)らむ子 写真素材 PIXTAー

QRコード

↓ケータイからはこちら♪↓

QR

いらっしゃ~い♪

あなたは

人目のお客様です♪♪

ブログランキング

ランキング参加しています♪

投票してください(^^)♪

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

『Outdoor monkey』

お山メインなアウトドアブログです(^^)♪自分が振り返りで見る山行記録として始めました。2011年4月の両神山で百名山デビュー♪ 単独でちゃちゃっと歩いたり、のんびり歩いたりなのでコースタイムは目安程度に♪♪文章力ないので写真を楽しんで欲しいところですがそれも初心者なのであしからず。。。里山からアルプスまで本気で遊びます♪♪ 右膝に爆弾(半月板除去)抱えてます…

2017.3.27 鷹ノ巣山


気温10℃以下で街に雨が降ったときは山では雪なんじゃないかとワクワクします。
翌日が休日なら大チャンス!!
この日は回復しそうなのが午後からだったので悩みましたがドライブがてら奥多摩へ。
天候と雪の状況と相談しながら慣れ親しんだ浅間尾根から鷹ノ巣山へ行こうと思い出掛けました。


なかなか天気が回復しそうになく、奥多摩をドライブしながら撮影♪
前日から朝にかけてに降った雪も雨に変わり大分溶けてしまっていたので雪景色はあまり撮れずでしたが…
その後、登山口の浅間神社(奥集落)へ向かいます。
登山口でも雨なら心が折れそうでしたが林道を上がるにつれて雨から雪に変わり期待が膨らみます。



天気:雪のち晴れ
メンバー:単独
コース:浅間神社(奥集落)ピストン


サクッと着替えて出発です(11:40)
P3271031.jpg
普段なら、昼過ぎには下山したい主義の為、日の出前後に歩き始めることが多いのですが、今回は午前中は天候回復の見込み無いためこんな時間から出発です。
(※慣れてない場所やナイトハイクを想定出来ない場合は絶対にオススメしない時間帯です。)



歩き始めは集落の畑跡から杉林を抜けて浅間神社。
P3271032.jpg昨年末ぶりにお邪魔しまーすッ!!(2016.12.29 鷹ノ巣山)


神社を過ぎると杉林の急斜面をジグザグに登ります。(尾根筋にも林業用の目印テープ付いていますがキツいので登りはジグザグに従います。)

ジグザグを登りきると尾根歩き♪
P3271033.jpg
始めは杉林の尾根。
杉の葉が屋根になっていて積雪は少なめですが時々、木の上からの落雪があるので注意です。(翌日になると固い雪や氷が落ちてくるでしょう…)


針葉樹林を抜けると広葉樹林の尾根道に♪
_MG_4166.jpgここからは気持ちの良い尾根歩きです。
そしてここからは一気に積雪が増えて膝下くらいの積雪。
ワカンを着けてバフバフと深雪歩きを楽しみます。
_MG_4169.jpg
ワカンを装着してのラッセルはなかなかキツイ…。が、楽しいです

たまーに、雲の隙間から日差しが差し込む瞬間があり、ますます気持ちが高まります!!



無風で暑いくらいでしたが浅間尾根上部へ行くにつれて風が当たるようになります。
_MG_4167.jpgシュカブラが美しい。


上部に行くにつれてアセビが多くなります。
_MG_4168.jpgアセビが多くなり、ピーク巻いてトラバースをしながら進むようになると鷹ノ巣山避難小屋まであとわずか。
ワカンを着けてのトラバースは非常に緊張しますので状況によってこまめな取り外し、取り付けをした方が良いですね。


避難小屋直下の水場(13:50)
_MG_4171.jpg
ごく小規模に雪崩れてますね…。

ここは一番気の抜けない所。
雪崩にも滑落にも要注意です。
こういった急斜面やルンゼ状のトラバースは奥多摩にもかなり多いので積雪時だけでなく不意な落石や滑落など、油断大敵です。


通過後、振り返って。
_MG_4172.jpg


水場周辺から木々の隙間に見える富士山がいつも楽しみなのですが今回は雲の中。
_MG_4173.jpg真っ白だった空でしたが雲が遠くになってきました!


鷹ノ巣山避難小屋(14:05)
_MG_4174.jpg昨晩泊まった人が多いようで小屋周辺~鷹ノ巣山巻き道方面へはトレースがありました。(小屋泊後巻き道での下山だったのかもしれませんがこんなにドカ雪が降った後は巻き道の雪崩には十分注意です。)


石尾根に出て鷹ノ巣山方面はまっさらな雪面。
_MG_4175.jpgノートレースの石尾根歩きと山頂の景色が楽しみ♪♪
ここからの歩き始めは時折股ぐらいまで沈むラッセル。
波打つ雪の波を越えるときが一番ツラい。
テンション上がる~ww

なんて言ってられるのも束の間で、標高が上がると更に雪が増えていく
_MG_4176.jpg
奥多摩で見た雪庇で最大級。
_MG_4177.jpg
なるべく積雪の薄い所を探して歩きます。
_MG_4178.jpg

ここからの景色が好き。
_MG_4179.jpg真下に見えるモコモコ尾根が登ってきた浅間尾根。本来なら富士山が美しく撮れる場所。

吹きさらしでは積雪が少ないところもありますが、吹き溜まりでへその上位まで埋まるところも…。
_MG_4180.jpg

大きな木のある、なだらかな場所も雪面が波打っていてラッセルがツラい。
_MG_4181.jpgもうこの辺りで‘山頂は無理かな…’と考え始め、次に雪深い部分が出てきたら撤退しようと思いました…
が!山頂直下で大きなパーティーが降りてきました!!


静かな山を求めているときでしたら自分だけのトレースをつけられなかったことに残念でしたが今回はラッキー。
しっかりついたトレースを利用して山頂へ向かいます。
_MG_4182.jpg団結力が作り出したビクトリーロード


鷹ノ巣山山頂(14:55)
_MG_4183.jpgちょうど晴れてきたー
踏み跡バッチリで美しい雪原は撮れなかったけれど自分の踏み跡以外を写さずパチリ。

奥多摩駅方面。
_MG_4184.jpg

丹沢方面。
_MG_4185_20170330191144a4a.jpg富士山はお預け。
右下のモコモコ尾根が登ってきた浅間尾根。



ここまで休憩無しで来たのでチョイ休憩。
_MG_4186.jpg朝からおやつ以外食べていなかったのでハンガーノック気味でした…。


休憩はそこそこに、サクッと下山しますよーッ!!
石尾根上は風が強くて10分前くらいのトレースでさえ部分的に埋まってしまっていました。


鷹ノ巣山避難小屋で先ほどスレ違ったパーティーと合流して浅間神社ヘ下山。

自分つけたトレースを追って歩きます♪
_MG_4187_20170330191147671.jpg降りるにつれて大分雪が減っていきます。
フカフカだった雪も下の方はシャバシャバ


今日はもうすぐに降りようかと思ったけどやっぱりお山cafe♪♪
_MG_4188_2017033019114898e.jpg100均まな板大活躍(^^)/

落葉松の林から杉林に入るとあとわずか。
_MG_4189_20170330191150173.jpg冬の落葉松ってなぜか好きなんだなー。


無事に降りてきましたー♪
_MG_4190.jpgありがとうございましたッ!!


下山完了(16:55)
_MG_4191.jpg


すっかり町は春の陽気となってきましたが山に春が訪れるまではもう少し。
行楽日和となりますが、まだまだ積雪や凍結の可能性の高い時期ですので登山道の状況が予測&把握できないようならお守りがわりに軽アイゼンは必ず必要になると思います
(2012.4.15 鷹ノ巣山(浅間尾根))←こちらも春の降雪時の記録。


軽アイゼンは6本以上がオススメ。

特に初心者さんは下駄化する4本アイゼンは危険に繋がると思います


ポチッとブログ応援お願い致します

アウトドアランキング



シェアも大歓迎です

2016.12.29 鷹ノ巣山


仕事納めを終えた翌日、山初めての同僚を誘って山登り行ってきました♪

場所はお気に入りの鷹ノ巣山。
手軽に登れる高尾山などは初心者一人でも行けるのでせっかくなら少し疲れる場所を

天気:晴れ時々曇り
メンバー:2名
コース:奥集落ピストン

一番手軽に登れる奥集落からスタートです♪
今年の初登山もここでした♪
→«2016.1.1 鷹ノ巣山~雲取山 ☆初日の出登山☆»


夜明け前に待ち合わせをし、奥多摩へ向かいますッ!!
向かう途中でピンクに染まる富士山が見られて気持ちが高まります♪

奥多摩では猿の群れに遭遇
_MG_2193.jpg申年の締めにふさわしい出会い

奥集落から浅間神社を通ってスタートです!!
_MG_2194.jpg駐車スペースからここまでが意外と急なんですねー。

針葉樹林の急坂をしばらくジグザグに登っていくと広い尾根に出ます。
_MG_2195.jpgここまでがしんどいですがここからは心地よい尾根歩き♪♪


落葉した木々の隙間から目指す石尾根がみえますね
冬の山はこれが好き♪♪
日溜まりも暖かいんだー
途中で何度も休憩をしながら登りますが体が冷えないようにほどほどに。

登りでは口数の少ない同僚くん。
避難小屋が近づいてくると現れるトラバース道では「崖だぁー」と興奮してくれました(*^^*)
あと、めちゃめちゃロングな霜柱も新鮮だったみたい


避難小屋直下の水場で水を汲み、小屋へ。
_MG_2196.jpg風の当たらない小屋内で休憩ー♪♪

ここからは石尾根をガツンと登りますよー(^^)/
_MG_2197.jpg風が一層強くなり寒い寒いッ

風が強いですがこの広々した尾根は気持ちがいいんです(^^)/
_MG_2198.jpg

来た道を振り替えると南アルプスがズラーッと。
_MG_2199.jpg東京にもこんな景色があるんですねー

露岩の多い急坂を登ればいよいよ山頂です。
_MG_2200.jpg

振り替えると雲取山まで続く石尾根が綺麗
_MG_2201.jpg

ついたー!!
_MG_2202.jpg


都内方面もうっすら見える!!
_MG_2203.jpg

でもちょっと雲が多いなー。
_MG_2204.jpg

雲が富士山を覆う…。
_MG_2205.jpg

寒いけどせっかくなので山頂ラーメンしますよー♪
_MG_2206.jpg稲村岩側の樹林に入ると割りと風が無いこと多いです。

お湯を待つ間に晴れてきたー!!
_MG_2207.jpg寒さに耐えて良かった(笑)
とは言え日差しが当たるとぽかぽかします(^^)♪

ラーメン食べながらここまでの道のりを振り返る。
始めの急坂で速攻心が挫けたとか、
登山道の道になってなさに驚いたとか、
新鮮味を味わってもらえて良かった


登るときは見られなかったお気に入りポイントから富士山。
_MG_2209.jpg左側の尾根が登ってきた浅間尾根。
小屋に下ったらトラバースしながら浅間尾根にとりつきます!

冬枯れの森は日差しがあたたかくて気持ちいい♪
_MG_2210.jpg

いつのまにか椎茸畑?
_MG_2211.jpg


下りは初登山の感想をあっという間に下山。
_MG_2212.jpg

奥集落で見つけた冬桜。
_MG_2213.jpg



シェア大歓迎です

2016.11.6 御前山

2日連続の奥多摩登山♪
2年ぶりの御前山へ行ってきました。
〈前回の記録はコチラ→→2014.1.19 御前山


天気:快晴
メンバー:らむ子 チャーリー ジョー
コース:小河内ダム(水と緑のふれあい館P)←→御前山

メンバーは1年振りの3人組です♪♪
1年前の鷹ノ巣山




朝早く、ガラガラな小河内ダムの駐車場に車を停めてクライムオン(6:30)
_MG_1021.jpgダム堰を越えて登山道に取りつきます。
_MG_1022.jpg歩き始めが一番の急坂なので気合いをいれます!!
_MG_1023.jpgロープが張られているところもありますが頼りないのでご注意を。
そして、ザレ場の斜面が多いので落石とスリップにも要注意です。

植林帯と広葉樹林の狭間を進みます。
_MG_1024.jpg
平坦な場所が出てきたかと思うとまた登るの繰り返し…。

心臓バクバクさせながらしばらく登ると
サス沢山(7:10)
_MG_1025.jpgここまでですでに何度か心が砕けそうになりましたが奥多摩湖を見下ろす絶景に少し癒されたかな??
この風景を目の当りに大休止。

駐車場も見えます。
_MG_1027.jpg
大分登ってきたんだなぁ。
真下に見える風景が今までの急な登りを物語っています。

平坦と急坂を繰り返しながら
痩せた岩稜チックな尾根に突入。
_MG_1028.jpg足元注意しながらバランスよく。

広々した平和な尾根道♪♪
_MG_1029.jpgこんな場所では会話を弾ませながら楽しく歩けますね♪♪

かと思いきや、
またガッツリ登り~(>_<)
_MG_1030.jpg
こまめに休憩を取りながら呼吸を整えます。

日の出時刻を過ぎてもずっと日陰の斜面で体が冷えるのでほどほどに休憩します。


何度か急坂をジグザカに登っていくと
惣岳山(8:05)
_MG_1031.jpgここまでくれば御前山まであと僅か!!
ここでやっと日が当たるようになったので陽だまりで休憩♪


惣岳山から一度下ってまた登ります!!

日の当たる場所では紅葉した葉が輝き綺麗でした♪♪


御前山(8:30)
_MG_1032.jpg御前山避難小屋泊の三人組さんが始めはいましたが、日帰り登山者の中では1番乗り。
静かな山頂タイムをのんびりと満喫します♪

陽だまりで軽食休憩。
_MG_1033.jpg
風もなく暖かい♪

落葉松と青空。
_MG_1034.jpg贅沢ですな♪

しばらく休んで回復したので
「避難小屋を見てみたい!!」とのことで反対側の下山口へ少し下ります。

御前山避難小屋(9:35)
_MG_1035.jpg
すごく綺麗なんですよねー。
_MG_1036.jpg
泊まってみたいです(^^)/
大きな窓から差し込む日差しが心地良くってここでものんびり♪

もうここで活動終了にしたい気持ちを抑えて山頂へ登り返します…
下りは軽やかだけど登りはのしのしと…

御前山(10:05)
_MG_1037.jpgさよならッ!!

山頂のちょい下が富士山ポイント♪
_MG_1038.jpg

御前山と惣岳山の鞍部が紅葉綺麗だった。
_MG_1039.jpg

下山は軽やかに行きまっしょい♪
_MG_1040.jpg

すっかり明るくなった大ブナ尾根はブナの黄葉がお見事!!
_MG_1042.jpg幸せのイエローロードとなっています♪

スタスタと歩きながらもみごとな紅葉を見つけては立ち止まり、紅葉を愛でます♪


サス沢山(10:50)
_MG_1043.jpg終わりが近くなったことを感じながらここでまた休憩。

早く降りてしまいたいような、離れがたいような、、、


サス沢山から下は徐々に急なザレ場となるので慎重に下っていきます。
特に他の登山者との擦れ違いはドキドキしますね。
_MG_1044.jpg
疲れた足ではザレた斜面がよりキツイです。
両端が切れ落ちているので慎重に…。


下山完了~(11:20)
_MG_1045.jpg

ダムから御前山を見上げて。
_MG_1046.jpg


帰りはくたくたになった体にエネルギーチャージをしに
釜飯『なかい』に立ち寄りました\(^o^)/
1年ぶりに集まったメンバーでしたがまた近々集まりそうな予感です!!
お疲れさまでしたー!!!!

この日、家に帰ると記録写真ように使っているコンパクトデジカメが見当たらずプチパニックになりましたが
心優しい方が麓の交番に届けていてくれ、無事に帰ってきました。
本当にありがとうございました。


↓ブログランキング参加しています↓

アウトドアランキングへ
クリックでブログ応援お願いします!!



今回食べたカップ麺は山専ボトルのお湯で入れました♪

↓シェア大歓迎です♪↓
広告:まとめ