カテゴリ
リンク
プロフィール

らむ子

Author:らむ子
◎好き◎
トーキョーバイク、GB250、釣り、登山、アウトドア、ミミズコンポスト

◎Twitter◎




◎Instagram◎


◎日本百名山◎(現在59座)  
利尻岳。
羅臼岳。
斜里岳。
阿寒岳。
大雪山。★
トムラウシ。
十勝岳。
幌尻岳。
後方羊蹄山。
岩木山。★
八甲田山。★
八幡平。
岩手山。
早池峰山。
鳥海山。
月山。
朝日岳。
蔵王山。
飯豊山。
吾妻山。
安達太良山。★
磐梯山。
会津駒ヶ岳。
魚沼駒ヶ岳。★
平ヶ岳。★
巻機山。★★
燧岳。★
至仏山。★
谷川岳。★★
苗場山。★
妙高山。
火打山。
雨飾山。
高妻山。★
男体山。★
奥白根山。★★
那須岳。★
皇海山。★
武尊山。☆★
赤城山。★
草津白根山。★
四阿山。☆★
浅間山。★
筑波山。★
丹沢山。★
両神山。★★★★★★
雲取山。★★★★★★★★★★★★★
甲武信岳。★
金峰山。★★★★
瑞牆山。★
大菩薩嶺。★
富士山。★★☆★★★★★★☆★★
天城山。★
白馬岳。★
五竜岳。★
鹿島槍ヶ岳。★
剱岳。★ 
立山。★
薬師岳。
黒部五郎岳。
黒岳。
鷲羽岳。
槍ヶ岳。★
穂高岳。★
常念岳。★
笠ヶ岳。★
焼岳。★
乗鞍岳。★
御嶽山。★
美ヶ原。★
霧ヶ峰。★★
蓼科山。★★
八ヶ岳(赤岳)。★★★★
木曾駒ヶ岳。★
空木岳。★
恵那山。★
甲斐駒ヶ岳。★★
仙丈岳。★
鳳凰三山。★
北岳。★
間ノ岳。★
塩見岳。★
悪沢岳。
赤石岳。
聖岳。
光岳。
白山。
荒島岳。
伊吹山。★
大台ヶ原山。
大峰山。
大山。
剣山。
石鎚山。
九重山。
祖母山。
阿蘇山。
霧島山。★
開聞岳。★
宮ノ浦岳。

◎東京の山◎
三頭山。
大岳山。
日の出山。
川苔山。
鷹ノ巣山。
御前山。
棒の嶺。
高水三山。
大寺山。
倉戸山。
本仁田山。
高尾山(高尾~陣馬)。
陣馬山。
日和田山。
天上山。

◎その他の山◎
竜ヶ岳。
鍋割山。
北横岳。
妙義山(相馬岳)。
金時山。
蝶ヶ岳。
天狗岳。
権現岳。


★…登った回数。

行った山はほとんど載せているので
気になった山は
ブログ内検索してみてください♪♪






「Outdoor monkey」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Amazon.co.jpロゴ



ピクスタ始めました♪♪

15461792

(c)らむ子 写真素材 PIXTAー

QRコード

↓ケータイからはこちら♪↓

QR

いらっしゃ~い♪

あなたは

人目のお客様です♪♪

ブログランキング

ランキング参加しています♪

投票してください(^^)♪

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

『Outdoor monkey』

お山メインなアウトドアブログです(^^)♪自分が振り返りで見る山行記録として始めました。2011年4月の両神山で百名山デビュー♪ 単独でちゃちゃっと歩いたり、のんびり歩いたりなのでコースタイムは目安程度に♪♪文章力ないので写真を楽しんで欲しいところですがそれも初心者なのであしからず。。。里山からアルプスまで本気で遊びます♪♪ 右膝に爆弾(半月板除去)抱えてます…

2017.6.17-18 妙高山&火打山 ~妙高山編~ ☆百名山61座目☆

東京は梅雨入りしたというのに、
先週の会津駒ヶ岳登山に引き続きまた晴れそうな週末。
車中泊で遠征して月山か燕岳を考えていましたが会津駒ヶ岳で虜になってしまった残雪を求めてまたまた豪雪地にある妙高山と火打山に雪を求めて登ってきました。


早めに家を出て今回こそは寝る時間を少しでも確保したかったのですが金曜日に急遽の残業…。

結局深夜に出発して登山口の笹ヶ峰に着いたのは四時過ぎ。
今回は泊まりなのでゆったり登ろうと仮眠を撮ろうと思ったのですがトイレのため車の外に出ると野鳥の囀りがあちらこちらで聞こえます。
最近野鳥が好きになり始めていることもあって寝る時間を削って野鳥探しを始めてしまいました。
アカゲラを何羽も見つけて撮りたかったのですが薄暗くて結局撮れず…。
これなら明るくなった登山中になら撮れるのでわ?と考えて野鳥用の望遠レンズを持っていってみました。
縦走では無くベースキャンプスタイルということもありチャレンジ

天気:晴れ
メンバー:単独
コース:笹ヶ峰登山口→高谷池ヒュッテ→妙高山→高谷池ヒュッテ


立派な登山口。
日帰り登山者は急ぐように登りますが
今回は泊まりなのでゆったり出発です。(5:45)
P6170006.jpg

始めは木道が続きます。
P6170007.jpg白樺林が続きます。

たまに残雪の残る場所もあるので慎重に。
P6170008.jpg

黒沢橋(6:40)
P6170009.jpg

この先から十二曲がりが始まり急な登りの連続です。
辛いですが1/12~12/12の標識があるので何となくペースがつかみやすかったです。

ジグザグな登りを登ると樹木の隙間から北アルプスが間近に見られるようになってきます!!

十二曲がりの12/12。(7:10)
P6170010.jpg

白馬三山。
_MG_0866.jpg後立山連峰バッチリ見えます!!


イワカガミ
_MG_0867.jpg

ミネザクラ
_MG_0868.jpg


十二曲がりから尾根に取り付くあたりで残雪が多くなってきます。
P6170011.jpgオオシラビソの尾根道です。

ダケカンバの新芽が綺麗
_MG_0869.jpg

振り替えってパチリ
_MG_0870.jpgこの辺が富士見平??
_MG_0871.jpg黒沢岳へ登りたくなるような雪道ですが左側へ巻いていきます。


富士見平辺りからもやっぱり目につくのは北アルプス。
後立山連峰。
_MG_0872.jpg手前に高妻山かな!!

左に目を向けると槍穂高連峰。
_MG_0873.jpg
さらに左には八ヶ岳と富士山。
_MG_0874.jpg


黒沢岳の左側へ向かいます。
_MG_0875.jpgちょうど木と木の間くらいへ。

トラバースがちょい怖いところかな。
_MG_0876.jpg左奥の平らな場所に高谷池ヒュッテ。

高谷池ヒュッテの左奥には火打山~焼山。
_MG_0877.jpg

高谷池ヒュッテ(9:10)
_MG_0878.jpg
受付を済ませてツェルト設営しますー!
(テント場が雪で埋まっている期間は100円)

夜には出なくなりそうな水場で水を確保。
_MG_0881.jpg要煮沸ということでSAWYER ソーヤー ミニ SP128 【日本正規品】が大活躍(^^)/


北アルプスを背景にした最高なロケーションです!!
_MG_0882.jpgゆっくり休憩して妙高山へ出発ー!!(10:30)


黒沢岳と茶臼山の間のコルから黒沢池を見下ろす。
_MG_0883.jpg左側に黒沢池ヒュッテ。(7月から営業)
外輪山の向こうに妙高山。

ルートミスして藪こぎしましたが黒沢池ヒュッテ到着。(10:55)
_MG_0884.jpg本来なら先程のコルに出ず茶臼山に登って尾根沿いに下ります。
雪道を求めて失敗…

大倉乗越。(11:20)
_MG_0885.jpg大倉乗越手前は夏道になりますが一瞬だけ。
ここから先は高谷池ヒュッテのHPでもピッケルとフルアイゼンが必要と記載されています。



大倉乗越の向こう側は雪たっぷり。
_MG_0886.jpgここで滑落したと言う登山者に遭遇。
ルートに戻って登り返してくる所に出会い「足を痛めたから下山する」という話を聞いて先を行く。


大倉乗越の向こう側かなり急ですが1度降ります。
後ろ向きで慎重に…。




少し降りたところから外輪山の急斜面をトラバース。
残雪のトラバースが嫌らしく、落石多し、雪もシャバシャバ…。
おまけにトレースもほぼ無し。

んー。ザンセツトラバースしながらたまに出てくる夏道を繋げるのが難しくてルートファインディングに悩む。
1度長助池に降りて外輪山の下側から長助池分岐に向かおうと思ったのですがルートミスを考え、やはり夏道通りのトラバースで向かいます



長助池分岐。(12:15)
_MG_0887.jpgルートファインディングに悩みコースタイムの倍かかってしまった…。



ここからは妙高山への急な登り。
雪道から登山道への取りつきを、見つけるのに苦労しました。

夏道に出ると
露岩と木の根の多い急斜面を慎重に登ります。

岩壁が目の前に迫ってくると後僅か。

妙高山山頂(12:50)
_MG_0888.jpg大倉乗越からのトラバースで気力を使いきった様で山頂までの写真ナシ。精神的に疲れると写真撮らなくなりますね(^^;


笹ヶ峰からは残雪が多くてほとんど歩かれていない妙高山でしたが燕温泉からはこの時期もよく歩かれているようで山頂は賑わっていました!!


外輪山の向こうに火打山。
_MG_0889.jpg


妙高大神のある向こうの岩のピークが最高峰です。
_MG_0890.jpg

妙高大神からの展望




下山開始(13:20)
_MG_0891.jpg露岩の多い登山道を慎重に軽快に下ります。


長助池分岐(13:45)
_MG_0892.jpg妙高山を見上げて。

トラバースを進む。
_MG_0893.jpg落石、滑落注意!!

汗かきすぎて久し振りに足をつる…。
普段あまりつることないからつるとビビる。


大倉乗越への登り。
_MG_0894.jpgここも滑落注意。
こういうところに来ると雪の富士山のトレーニングが役に立っている気がします。



大倉乗越の急斜面越しの妙高山。
_MG_0895.jpg

登りきって急さかを見下ろす。
_MG_0896.jpgここの下りでこの日滑落事故がありました。

大倉乗越(14:20)
_MG_0897.jpg

大倉乗越から黒沢池ヒュッテへ少し降りたところで行く時に遭遇した登山者と再会。
行くときは「大丈夫」と話していたことと急坂の登りで息が切れて動きがなかったので気付かなかったのですが右足をかなり痛めている様子。(高谷池ヒュッテへは連絡済みとの事)

黒沢池ヒュッテまでの危険の少ないトラバースで肩を貸し、黒沢池ヒュッテで冬季小屋使用できないか見に行く。
遭難者の服はかなり濡れていたのと明日悪化して動けないとマズイので高谷池ヒュッテまで行くことを勧める。
最低限の荷物以外を自分が持ち、小屋へ報告するために先に行くことに。(自分も疲労困憊で付き添う余裕はなかった…)


_MG_0898.jpg

茶臼山(16:00)
_MG_0899.jpg行きは通らなかった夏道通りのコースで向かいます。


高谷池ヒュッテに荷物を預け、
遭難者の名前と特徴を報告。
自分はとりあえず水分と軽く食事をとって倒れるように休憩。

外で休んでいると小屋の方が出てきていろいろ話を聞かせてくれました。
最近は軽装登山者が多くなったそうで、
安易に登ってきて小屋に逃げ込んで来るのも助けを求めてくるのも迷惑だそうです。
確かに、そんな人のために小屋の業務がストップしてしまうのは大迷惑で怒りを覚えますよね。
携帯が通じるようになって県警指定でヘリ呼んだり小屋に電話する人も増えたみたい。
万一の時の登山者の頼りは山小屋だったのだけど、そうじゃなくさせてしまったのは紛れもなく登山者のせいなんだなーと。

山で事故起こした人に出会ったら、助けてはいけないとも聞きました。
二次災害に繋がる恐れがあることと、その事で助けた人から裁判起こされることもあるとか。

今回の様な状況は電波が届くのであれば本来なら即救助要請が正しい判断だったようです。
“山で事故ったら自力下山か死”その位の覚悟で登らないといけないんだと再認識した出来事でした。


小屋の人が様子を見に行ったのかは分かりませんが「今茶臼山までこれたみたいよー」とか教えてくれたので心配が無くなりテント場での休憩を楽しみました。

気が付くと体の汗が乾いてジョリジョリに
寒くなる前に体を拭き冷たい水でポカリを作ると乾いたスポンジに水を含めたかのようにゴクゴク飲んでしまいました。


高谷池でドローン。
_MG_0900.jpg環境庁の雷鳥調査だと教えてもらいました。

登りで一緒だったテント泊の方がとても親切でおつまみのサラミを頂いたりお話聞かせてくれたこともあり楽しいテント場時間になりました。

レトルトだけどビーフシチュー。
_MG_0901.jpg

先程の遭難者も無事に小屋につきました。
ここまで辛かったと思いますが人の存在の暖かみを感じながら休めたと思います。
とにかくよかった…!!



黄昏の高谷池。
_MG_0902.jpg

丘に登って北アルプスの空。
_MG_0903.jpg

お休みなさい♪
_MG_0904.jpg寒さに怯えて防寒しっかりしてきましたが厳冬とは比べ物にならない暖かさで冬の山を想定した装備では汗ばむくらいで脱いで調節すると快適に眠れました。
が、結露の凍らないのが不愉快でした


星空を見ようと夜中に起きて星を見たのですがテントの外に出る元気は無く、持ってきた三脚はただのお荷物となりました


~2日目に続く~



夏場は特に活躍しそうなソーヤーミニ。

目詰まりしそうなので試してないですが濁った水も飲めるようになります。
注射器で逆噴射させることでフィルターの洗浄も可能
スポンサーサイト

2017.6.11 会津駒ヶ岳 ☆百名山60座目☆


「会津駒ヶ岳は花の時期に」と考えていたのですが豪雪地の雪と新緑の共演を見たくて残雪の時期に行ってきました(^^)/

アクセスがとても悪いので平ヶ岳や越後駒ヶ岳などとセットで行きたかったのですが、どちらも晴れ間を狙って弾丸で来てしまったので今回も弾丸です
前日に奥多摩散策をしてそのまま急遽の計画で途中で30分仮眠を2回取っただけのほぼ徹夜登山…。
休みがさえあればもう一度平ヶ岳登りたかったなー。

すっかり初夏の気分で来ましたが、登山口周辺の道路脇の気温計はなんと4℃。
この日は特に涼しい日でした


前にに計画していたときから自転車を利用して富士見林道を縦走したいと考えていて、まずはキリンテ登山口に自転車をデポ。
_MG_9749.jpg来るまでの運転がどんなに眠くても登山口につくと目が冴えるから不思議です。


滝沢登山口に車を停めてクライムオーン!!(5:00)_MG_9750.jpg

林道を進むとすぐに階段が現れます。
_MG_9751.jpg

階段の脇にタニウツギ。
_MG_9752.jpg

新緑の美しいブナの森を登ります
_MG_9753.jpg冬の山が終わってしまうのが残念でしたがやっぱり春も美しい。
(季節の変わり目は毎回こう感じていますww)


階段を登るとすぐさま急な登りに差し掛かり、息を切らして登ります。
ブナやダケカンバの森が続いて、シラビソの木が多くなってくる頃には残雪が徐々に多くなる。
夏道を遮るように残雪があるため、夏道と雪道を繋ぎ合わせながらルートを見極め登ります。これが残雪期の難しいところ

残雪の中で芽吹き。
_MG_9754.jpg雪が残っているとついつい残雪をなぞるように登りたくなりますよね。


シラビソ林からは尾根に沿って登るようになり、燧ヶ岳の展望が素晴らしいです
_MG_9755.jpg

木の背が低くなってくると
会津駒ヶ岳の山頂も見えた!!
_MG_9756.jpg
左奥の丘には駒の小屋。

雪の状態と装備と相談して小屋はトラバースして山頂方面へ。

駒の小屋を振り替える。
_MG_9757.jpg

山頂直下の急斜面から風が強くなりました。
小屋泊の人たちは「寒い寒い」と防寒バッチリですが下から上がってきた自分は半袖


燧ヶ岳が目の前です!!
_MG_9758.jpg

山頂を囲む樹林を回り込み、中門岳方面の展望。
_MG_9759.jpg

会津駒ヶ岳山頂(7:00)
_MG_9760.jpg山頂だけ雪がないです


山頂を囲む樹林の風下に回り込んで休憩~♪_MG_9761.jpg

日光連山。
_MG_9762.jpg

ソリセード(ソリを使ったグリセード)で小屋まで降りますー
_MG_9763.jpg雪が締まっていてケツ痛い…


駒の小屋から山頂を眺めながらランチにします♪
_MG_9764.jpg

まずは前日に奥多摩で釣ってきた山女魚
_MG_9765.jpgヤマメのヤマメシ。

糠と塩で持ち帰ったヤマメは旨いんです♪
保冷パックに残雪で冷やして担ぎました。
魚の持ち帰りについて(糠袋)


久しぶりにインスタントラーメンで焼きそば♪
_MG_9766.jpg油そばのつもりが、まさかのカルボナーラになりましたww


花の時期なら中門岳に行きたいところでしたが、今回は富士見林道の縦走を楽しみに来ました♪
小屋の裏を抜けて
富士見林道へ出発(8:30)


小屋の裏手は雪が溶けており、ショウジョウバカマ。
_MG_9767.jpg雪が無くなった所から春が訪れます

富士見林道縦走開始~!!
_MG_9769.jpg燧ヶ岳へ向かって歩く気持ちの良い稜線歩きです。
稜線は夏道と雪道のミックス。


団体さんが一組いましたが、その人達を抜かすと誰もいない静かな山。


今にも崩れそうな雪庇も多いので注意!!
_MG_9770.jpg


雪の無いところは花♪♪
シラネアオイ。
_MG_9771.jpg

ミヤマキンバイ。
_MG_9772.jpg

越後の山。
_MG_9773.jpg


ハシゴもありました。
_MG_9774.jpg


越後駒ヶ岳を振り返えって
_MG_9775.jpg

ショウジョウバカマ群生
_MG_9777.jpg

よく見るとイワウチワも
_MG_9778.jpg

所々でちょっとしたフラワーロード
_MG_9779.jpg

大津岐山で最後の大休止。

会津駒ヶ岳に感謝っ!

彩雲が美しかったです♪
_MG_9780.jpg最後の景色を楽しみます。


下山開始(10:30)
_MG_9781.jpg名残惜しいですが


新緑も美しいから下山も楽しみます(^^)/
_MG_9782.jpg樹林に入ってからも木の間から燧ヶ岳が見られるのがうれしいです。
ムラサキヤシオとコブシ、ムシカリが綺麗でした

残雪と夏道を組み合わせながら慎重に…
下りは特に一瞬で正しいルートから離れてしまいやすいですね。
しかも、このルートほとんど歩かれていなくてトレースも目印もほぼ無い。
この時期は歩く人少ないのですね。
1度ルートファインディング失敗して激藪こぎしました

雪と冬芽、新緑と異色の組み合わせ
_MG_9784.jpg雪解けをずーっと待っていたのでしょうね。

夏道から雪の上に入るときはどちらへ向かうかよーく注意します。
_MG_9785.jpg


キリンテ沢まで降りてくるとニリンソウがあちこちに。
_MG_9786.jpgハルゼミも沢山鳴いていました💡



キリンテ登山口に下山完了(12:00)
_MG_9787.jpg自転車を組み立てて滝沢登山口へ!!


駐車場へ登る林道が一番の核心部でした
_MG_9788.jpg


何よりもアクセスが悪くて運転と寝不足疲れが大きい一日でした


残雪期は雪も汚れているのでソリが活躍♪

寒くてアウターパンツを履いている時期はソリなしでも良いんですけどね(^^)/

2017.3.4 金峰山

数日前に降った東京での雨。
お山では雪だろうと予想しいざお山へっ♪♪

数年前に天候に恵まれなかった雪の金峰山リベンジですっ!!
→《 2012.4.4 爆弾低気圧通過後の金峰山 》
金峰山は手軽に稜線歩きが楽しめるのでお気に入りの場所!!

天気:快晴
メンバー:2名
コース:瑞牆山荘からピストン



登山口が近付くと部分的に積雪が残っていて期待が膨らみます!

薄暗いうちに支度をすませて出発(6:20)
_MG_3480.jpgうっすら積雪ー♪

一度林道を横切り、階段を登ります~♪
_MG_3481.jpg

階段を少しを登ったところで振り向くと南アルプス~(^^)/
_MG_3482.jpg

アイスバーンの上にうっすらと積雪のある場所が多々あり気をつけて進みます。
急な斜面も多くて息を切らしながら登ります。


富士見平(7:00)
_MG_3483.jpg大好きな小屋だけど泊まったことはない。泊まってみたいなー♪♪

富士見平からは富士山が美しいです!!
_MG_3484.jpg

富士見平からは緩やかな地形の樹林帯。
_MG_3485.jpg日差しが差し込み美しい。


大日小屋(7:45)
_MG_3486.jpg

ここからは少し急斜面が増えてきますよー。
_MG_3487.jpg

しゃくなげの木が多く、冬の寒さに丸くなる葉が可愛らしかった♪


大日岩(8:00)
_MG_3488.jpgアイスバーンが目立ちますが鎖は出ていました。

大日岩は展望が素晴らしい。
_MG_3489.jpg狭いですが足を止めたくなる場所です♪


ここから先は更に登りが辛くなるところ…。
息を切らしながら登ります。
樹林帯で展望もないので尚更キツイ。


砂払ノ頭(9:00)
_MG_3490.jpgここから展望がよくなりますよー(^^)/
楽しみだった雪稜歩き(*^^*)♪

八ヶ岳と手前に瑞牆山。
_MG_3491.jpg

富士山。
_MG_3492.jpg

トレース無いうちに歩きたかったなぁー(^_^;)
_MG_3493.jpgなんて贅沢言わずに新雪楽しみます(^^)/
_MG_3494.jpgアップダウンを繰り返しながら進みます。
稜線上は風が強くて体が一気に冷えそう。

移り行く景色に見とれながら何枚も写真を撮ってしまいます。

五丈岩が近づいてきました💡
_MG_3495.jpg


金峰山山頂(9:50)
_MG_3496.jpg

風を避けられる場所を見つけて大休止~♪
_MG_3497.jpgラーメン食べた後に珈琲を入れてまったーり贅沢な時間です。

休憩している間に晴れてきたー♪
_MG_3498.jpg

ちょいと五丈岩へ。
_MG_3499.jpg


下山開始(10:55)
_MG_3500.jpg



_MG_3501.jpg
名残惜しいです。

龍の背のような稜線を下ります。
_MG_3502.jpg稜線はやっぱり風が強い。

サラバっ!
_MG_3503.jpg最高の天気で樹林帯に入ってしまうのがもったいない

下りでは大日小屋の日溜まりで大休止をとり、ゆっくり下山♪

富士見平(13:10)
_MG_3504.jpgじゃんじゃん水が出ていましたー(^o^)v



下山完了(13:30)
登山口に降りると春のような暖かさ♪♪
山の上も雪は重く、空は霞み、すっかり春の雪山でした。


金山平にて。
_MG_3505.jpg瑞牆山&金峰山


↓ブログ応援お願い致します(^^)/

登山ランキング



↓シェアよろしくお願いします\(^o^)/↓
HOMENEXT →
広告:まとめ