--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.6.11 会津駒ヶ岳 ☆百名山60座目☆

2017年06月19日 09:28


「会津駒ヶ岳は花の時期に」と考えていたのですが豪雪地の雪と新緑の共演を見たくて残雪の時期に行ってきました(^^)/

アクセスがとても悪いので平ヶ岳や越後駒ヶ岳などとセットで行きたかったのですが、どちらも晴れ間を狙って弾丸で来てしまったので今回も弾丸です
前日に奥多摩散策をしてそのまま急遽の計画で途中で30分仮眠を2回取っただけのほぼ徹夜登山…。
休みがさえあればもう一度平ヶ岳登りたかったなー。

すっかり初夏の気分で来ましたが、登山口周辺の道路脇の気温計はなんと4℃。
この日は特に涼しい日でした


前にに計画していたときから自転車を利用して富士見林道を縦走したいと考えていて、まずはキリンテ登山口に自転車をデポ。
_MG_9749.jpg来るまでの運転がどんなに眠くても登山口につくと目が冴えるから不思議です。


滝沢登山口に車を停めてクライムオーン!!(5:00)_MG_9750.jpg

林道を進むとすぐに階段が現れます。
_MG_9751.jpg

階段の脇にタニウツギ。
_MG_9752.jpg

新緑の美しいブナの森を登ります
_MG_9753.jpg冬の山が終わってしまうのが残念でしたがやっぱり春も美しい。
(季節の変わり目は毎回こう感じていますww)


階段を登るとすぐさま急な登りに差し掛かり、息を切らして登ります。
ブナやダケカンバの森が続いて、シラビソの木が多くなってくる頃には残雪が徐々に多くなる。
夏道を遮るように残雪があるため、夏道と雪道を繋ぎ合わせながらルートを見極め登ります。これが残雪期の難しいところ

残雪の中で芽吹き。
_MG_9754.jpg雪が残っているとついつい残雪をなぞるように登りたくなりますよね。


シラビソ林からは尾根に沿って登るようになり、燧ヶ岳の展望が素晴らしいです
_MG_9755.jpg

木の背が低くなってくると
会津駒ヶ岳の山頂も見えた!!
_MG_9756.jpg
左奥の丘には駒の小屋。

雪の状態と装備と相談して小屋はトラバースして山頂方面へ。

駒の小屋を振り替える。
_MG_9757.jpg

山頂直下の急斜面から風が強くなりました。
小屋泊の人たちは「寒い寒い」と防寒バッチリですが下から上がってきた自分は半袖


燧ヶ岳が目の前です!!
_MG_9758.jpg

山頂を囲む樹林を回り込み、中門岳方面の展望。
_MG_9759.jpg

会津駒ヶ岳山頂(7:00)
_MG_9760.jpg山頂だけ雪がないです


山頂を囲む樹林の風下に回り込んで休憩~♪_MG_9761.jpg

日光連山。
_MG_9762.jpg

ソリセード(ソリを使ったグリセード)で小屋まで降りますー
_MG_9763.jpg雪が締まっていてケツ痛い…


駒の小屋から山頂を眺めながらランチにします♪
_MG_9764.jpg

まずは前日に奥多摩で釣ってきた山女魚
_MG_9765.jpgヤマメのヤマメシ。

糠と塩で持ち帰ったヤマメは旨いんです♪
保冷パックに残雪で冷やして担ぎました。
魚の持ち帰りについて(糠袋)


久しぶりにインスタントラーメンで焼きそば♪
_MG_9766.jpg油そばのつもりが、まさかのカルボナーラになりましたww


花の時期なら中門岳に行きたいところでしたが、今回は富士見林道の縦走を楽しみに来ました♪
小屋の裏を抜けて
富士見林道へ出発(8:30)


小屋の裏手は雪が溶けており、ショウジョウバカマ。
_MG_9767.jpg雪が無くなった所から春が訪れます

富士見林道縦走開始~!!
_MG_9769.jpg燧ヶ岳へ向かって歩く気持ちの良い稜線歩きです。
稜線は夏道と雪道のミックス。


団体さんが一組いましたが、その人達を抜かすと誰もいない静かな山。


今にも崩れそうな雪庇も多いので注意!!
_MG_9770.jpg


雪の無いところは花♪♪
シラネアオイ。
_MG_9771.jpg

ミヤマキンバイ。
_MG_9772.jpg

越後の山。
_MG_9773.jpg


ハシゴもありました。
_MG_9774.jpg


越後駒ヶ岳を振り返えって
_MG_9775.jpg

ショウジョウバカマ群生
_MG_9777.jpg

よく見るとイワウチワも
_MG_9778.jpg

所々でちょっとしたフラワーロード
_MG_9779.jpg

大津岐山で最後の大休止。

会津駒ヶ岳に感謝っ!

彩雲が美しかったです♪
_MG_9780.jpg最後の景色を楽しみます。


下山開始(10:30)
_MG_9781.jpg名残惜しいですが


新緑も美しいから下山も楽しみます(^^)/
_MG_9782.jpg樹林に入ってからも木の間から燧ヶ岳が見られるのがうれしいです。
ムラサキヤシオとコブシ、ムシカリが綺麗でした

残雪と夏道を組み合わせながら慎重に…
下りは特に一瞬で正しいルートから離れてしまいやすいですね。
しかも、このルートほとんど歩かれていなくてトレースも目印もほぼ無い。
この時期は歩く人少ないのですね。
1度ルートファインディング失敗して激藪こぎしました

雪と冬芽、新緑と異色の組み合わせ
_MG_9784.jpg雪解けをずーっと待っていたのでしょうね。

夏道から雪の上に入るときはどちらへ向かうかよーく注意します。
_MG_9785.jpg


キリンテ沢まで降りてくるとニリンソウがあちこちに。
_MG_9786.jpgハルゼミも沢山鳴いていました💡



キリンテ登山口に下山完了(12:00)
_MG_9787.jpg自転車を組み立てて滝沢登山口へ!!


駐車場へ登る林道が一番の核心部でした
_MG_9788.jpg


何よりもアクセスが悪くて運転と寝不足疲れが大きい一日でした


残雪期は雪も汚れているのでソリが活躍♪

寒くてアウターパンツを履いている時期はソリなしでも良いんですけどね(^^)/
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/323-787df80b
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。