--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.10.16 平ヶ岳 ☆百名山57座目☆

2016年10月17日 22:50

7月の鹿島槍~五竜縦走以来、3ヶ月振りの登山。
どうしても紅葉の時期に行きたかった平ヶ岳へ登ってきました♪
本当は一泊して会津駒ヶ岳とセットで登りたい場所だったのですが日帰りです。
東京からだと距離もあるし20㎞越えのロングコースなので不安だ


本当は前泊したかったのですが
深夜に自宅を出て5時に平ヶ岳登山口(鷹ノ巣)に到着し、
休む暇なく5:30にクライムオン。
IMG_9431.jpgまだ暗いですがなんとなく空は明るくなり始めてます。
(登山口に「計画的なテント泊禁止」という内容の張り紙ありました。)

看板の脇から未舗装の林道に入って行きます。
少し歩いて下台倉沢にかかる小さな橋をわたるとすぐに右手に登山道が伸びていました。


登山道を登り始めるとすぐに痩せ尾根に出ます。
_MG_9432.jpg切れ落ちているわけではないのでそんなに怖くないですが、花崗岩の露岩や砂利に注意です。
下りで足をとられそうな地面なので気を付けなくては。

明るくなってくると黄色に包まれた世界に。
_MG_9434.jpg稜線と燧ヶ岳には日が当たり始めました。
_MG_9435.jpg登山道からは左手に常に堂々とした燧ヶ岳が見られます。
どっしりとした山容が美しく、何度もシャッターを押してしまいました

ついに現在地にも日が当たります
_MG_9436.jpg(6:20)


下台倉山へ続く急坂を登っていきます。
_MG_9438.jpg

下台倉山。(6:50)
_MG_9439.jpgここからは緩やかな稜線歩きかと思いきや、意外とアップダウンが続きます。

やっと平ヶ岳が見えたー
_MG_9440.jpg遠いッ…
奥のピークが平ヶ岳です。

時々シラビソの暗い樹林帯に入ると手がかじかむほど寒い
_MG_9441.jpg風のある稜線よりも日差しが無いのが辛い…。
_MG_9442.jpg

台倉山。(7:20)
_MG_9443.jpg

台倉山を下ると台倉清水。
_MG_9444.jpg

所々ぬかるんだ樹林帯を緩いアップダウンを繰り返しながら進んでいきます。
ぬかるみが多いですが木道も多くありました。ゲイターがあると便利です。

展望の無い原生林をしばらく進むと白沢清水。
_MG_9445.jpg水溜まりのような水場ですが良く見ると地面からじんわり涌き出ているようでした

木道は所々霜が降りていて滑りやすくなっていましたので時期によっては要注意ですね。
_MG_9446.jpg

白沢清水を越えると笹原に差し掛かります。
_MG_9448.jpg笹の根の張る急斜面は滑りやすいので慎重に一歩一歩のぼります。
広葉樹が少なく、緑が多くなりました。
_MG_9449.jpg笹原にポツンと白い岩峰が

近づいてみるとアルプスの山にあるようなまっしろな花崗岩でした。
_MG_9450.jpg何だか新鮮な組み合わせ♪
平ヶ岳も間近になりました

そして、笹原の急坂を登り詰めると
池ノ岳(姫ノ池) (8:50)
_MG_9453.jpg池溏は氷ってます。
平ヶ岳の山頂はもうちょい。
_MG_9454.jpg一度池ノ岳から下り再度緩やかに登っていくと平ヶ岳山頂です。

平ヶ岳山頂(9:05)

一眼の山頂写真を消してしまったのでコンデジの記念写真。

山頂からの景色。
左から、至仏山、武尊山。
_MG_9456.jpgそして、ギザギザの武尊山の右奥にうーっすら見えるのが、、、
_MG_9457.jpg富士山
新潟の山から見えるとは!!

そして、なだらかな会津駒ヶ岳。
_MG_9458.jpg

越後駒ヶ岳(越後三山)
_MG_9459.jpg
山頂は中ノ岐登山口から来た人でかなりの賑わい。山頂ではあまり滞在せず、お目当ての玉子石へ向かいます。


来た道を池ノ岳方面へ戻ります!!
途中で玉子石への分岐で曲がります。

玉子石方面へ。
_MG_9460.jpg(右のピーク)

玉子石。(10:00)
_MG_9461.jpg向かい側のピークが平ヶ岳。
さらに右奥にあるのが巻機山。

想像通りの絶景に大満足

写真を撮っていると団体さんが玉子石回りに来たので池ノ岳へ戻ります。
写真撮った後で良かった

池ノ岳でラーメン休憩
_MG_9462.jpg
秋の空を見ながら食べる贅沢
_MG_9463.jpg
下山開始~(11:00)

笹の尾根から奥只見湖を見下ろす。
_MG_9464.jpg

しばらく樹林のなかにはいります。
_MG_9465.jpg木道の下りが膝に来ます…。

樹林を抜けて稜線にでて平ヶ岳を振り替える。
_MG_9467.jpg遠かった…。

稜線は紅葉のピーク。
_MG_9468.jpg
こんなに美しいトレイルならどこでも歩けそうです。
_MG_9469.jpg頭のなかで「スゲースゲー」と繰り返しながら興奮してました♪

下台倉山からの下りは岩場もちょくちょくあるので要注意。
_MG_9470.jpg

急坂の下が前坂。
_MG_9471.jpg

前坂から稜線を振り替える。
_MG_9472.jpg黄色い壁が広がっていました。

ここからやせ尾根ゾーン。
_MG_9473.jpg砂礫や露岩が多いので疲れた足に負担が大きいです。

狂い咲きのコメツツジ。
_MG_9474.jpg

下山直前の下台倉沢で休憩。
_MG_9475.jpg手拭い濡らして顔拭いたり、今回はじめて使う浄水器ソーヤーミニで飲み水作ったり、ゆっくりまったり。
猿のうんちがたくさんあって周囲が臭かったので何となく浄水器があって安心しました






下山完了~♪♪(14:20)
_MG_9476.jpg
久し振りのロングコースで翌日は筋肉痛でしたが、天気にも紅葉にも恵まれて最高の1日となりました
無題今年は山にいこうとすると天気が崩れてあまり山に行けていませんが紅葉満喫できて良かったです!!


↑今回はじめて使ったソーヤーミニ。
針の無い注射器で水を逆噴出することで繰返し使用できる浄水器。
水溜まりの水も飲めるらしいので水の確保場が広がり、軽量化に繋がりそうです(^^)/
今回は登山道が猿の糞で獣臭かったのですがそんなところにある水場でもなんとなく安心して飲めました♪

 


↓ポチッとブログ応援お願い致します

登山 ブログランキングへ
↑1日1クリック有効です

↓シェアも大歓迎です
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/306-d10bf1fc
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。