--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.7.10~12 鹿島槍ヶ岳~五竜岳≪part②≫ ☆百名山55&56座目☆ 

2016年07月15日 17:41

一日目はコチラ(扇沢~爺ヶ岳~冷池山荘)



〈2日目〉
天気:晴れ
メンバー:1名
コース:冷池山荘~八峰キレット~五竜岳~五竜岳山荘
A_20160717214049ff3.jpg


起きられるか心配でしたがしっかり寝たので3時頃にはスッキリ起床。

行動食を頬張りシュラフをしまい、
強風でテントを飛ばされないように気を付けながら撤収。

いざ、鹿島槍ヶ岳へッ‼(4:00)

稜線のテント場からチングルマのお花畑を抜けると鹿島槍ヶ岳が大きく見えます。
_MG_8916.jpg布引岳辺りで御来光を拝む予定。


風が強いため着込んできましたが登り始めるとやっぱりアツい…。


暗い中登っていくと日の出キター(゚∀゚)
_MG_8918.jpg雲海が素敵~。

布引岳(4:50)
_MG_8919.jpg全てが日の出に染められていきます
景色が良くて大休止。


ツルタテ。
_MG_8920.jpg

爺ヶ岳を振り返って。
_MG_8921.jpg種池山荘の向こうにはヤリホー‼
_MG_8922.jpg

この時間の山頂ほど贅沢な場所はないなぁ。




鹿島槍へはもうちょい登りますッ!!
風が強いので耐えながら…。
_MG_8923.jpgゆっくりしっかり登っていきます。

景色が良くって何度も振り返ってしまうのです。

なんとか
鹿島槍ヶ岳山頂ついた~!!(5:45)
_MG_8924.jpg風が強くてサビー!!けど絶景‼


登ってきた稜線を振り返って。
_MG_8925.jpg


鹿島槍北峰とこれから歩く五竜への稜線。
_MG_8926.jpg左奥が五竜岳ですね。


たっぷり休んでしまいましたが
ガスが湧く前に五竜に着きたいので出発です‼


頂上から北峰への下りが早速岩場なので慎重に下ります。
風も強いし気持ちを切り替えてっ‼
先行者もいたのでここからヘルメット装備で行きました。


慎重に下って振り替えると
吊尾根から見上げる南峰が大迫力‼
_MG_8927.jpg吊尾根で先行者に追い付きましたが北峰までのグループでした。
五竜までの縦走の人はいるのか??


ミヤマクワガタ。
_MG_8928.jpg風が強くて花が暴れて撮るのが大変でしたがイワウメやイワベンケイも岸壁に張り付くように咲いてました。


吊尾根分岐にザックをデポして北峰へ(6:30)
_MG_8929.jpg

5分ほどで鹿島槍ヶ岳北峰。
_MG_8930.jpg



五竜岳方面。白馬まで見えた!
_MG_8932.jpg
ガスが上がる前に向こうまで歩きたいー!!

鹿島槍ヶ岳南峰と剱岳立山。
_MG_8933.jpg

戻って五竜へ(6:50)
_MG_8934.jpgトラバースして北峰を巻いていきます。


こんな岩場を下ります。
_MG_8935.jpgコースを外れると戻ってこられなくなるような所ばかりなのでマークを見落とさないように。

この岩場でキレット小屋からきたソロハイカーとすれ違う。
キレット小屋泊は8組でほとんどが早出で五竜方面へ行ったとのこと。
空いてる縦走路となりそうで一安心でした。



鎖場も。
_MG_8936.jpg登りより下りがおっかないですね。

テント泊などで荷物が重いかたは特に慎重に進みたいですね。

岩場を慎重に進んでいくとキレット。
_MG_8937.jpg鎖や梯子でよく整備されてます。
_MG_8938.jpg
狭いのでスレ違いがあると厳しいですが今回はありませんでした。

人が写ってないから迫力いまいちですが崖のトラバース。
_MG_8939.jpg

キレット小屋(7:40)
ここでトイレを借りて大休止。
_MG_8941.jpgこんなところに建てられた小屋を見るのも楽しみの1つでした

梯子の下りも慎重に…。
_MG_8942.jpg

キレット小屋辺りまでは下りメインでしたがこの辺りからは登りがメインになってきます。
_MG_8943.jpg岩場の登りが好きなので楽しみ♪


スタスタ歩いていると「グェーー」と鳴き声が‼

どこだ!?と立ち止まると細い縦走路の目の前にいました‼
_MG_8945.jpg追いかけるわけではないけど細い道で自然とおいかけっこ状態となり最終的に崖下へ羽ばたいて行きました。


この縦走路は鹿島槍ヶ岳と五竜岳が常に大迫力で見えるので何度も振り返えったり先を見て、似たような写真を何枚も撮ってしまいました。

五竜岳がだんだん近づいて来る頃にはガスもモクモク。
_MG_8946.jpg昨日と同じように反対の風とせめぎあっています。
山頂が飲み込まれる前に着きたい‼


振り向くと大分迫ってきている…。
_MG_8947.jpgこれはこれで迫力ありますね。

G4辺りは花が多い場所でした。
風の当たらないところで見つけたお花。

ツガザクラ
_MG_8948.jpg

ウルップソウ
_MG_8949.jpg今回のお目当てのひとつでした。
何とか残っているものがあってよかった…。

ミヤマオダマキ
_MG_8950.jpg

五竜岳への最後の登りはガレの混じった岩場なので落石に注意して登っていきます。
特に他の登山者がいるときは注意が必要だと感じた場所でした。


そんな嫌らしいガレ場を登りきると五竜岳の肩になります。

五竜だけの向こう側を覗くと五竜山荘から白馬へ続く稜線。
_MG_8952.jpg

歩いてきた稜線を振り返って。
_MG_8951.jpg向こうの双耳峰が鹿島槍。
テント泊装備でよく歩いたなー。
ずっと見ていられる景色になりました。

ここで立ち止まるのも何なのでとりあえず山頂へ。
_MG_8953.jpg

五竜岳山頂(10:55)
_MG_8954.jpgここから見るツルタテも絶品ですね。
ガスに飲まれてなくて良かったー!!

剣のドアップ。
_MG_8955.jpg

五竜岳山頂からの景色。


ちょうど人がいなくなるタイミングでしたのでたっぷり山頂満喫します♪♪
_MG_8956.jpg登山靴も脱ぎ捨てマットを出して昼寝モードww
こんな贅沢無いですね

テント場へ急ぐ必要も無いのでここでご飯にしよう‼
頂で頂きまーす
_MG_8957.jpg今日はお吸い物パスタ。

予想外に晴れが続いて、
うとうとのんびーり2時間弱程山頂で過ごしましたww

五竜岳から山荘への下りも岩場が多く、
テント泊だとちょいのやっかいな所もありました。
天国が極楽過ぎて力抜けてました

ここにもウルップソウ
_MG_8958.jpg本州には八ヶ岳の一部と白馬にしかない花なんですよね。

ガスも出てきたからか雷鳥親子も‼
_MG_8959.jpgゆっくり撮りたかったけどすぐ逃げちゃいました。




五竜山荘(13:25)
_MG_8960.jpg唐松岳まで縦走して八方尾根で下山しても良いのですが、いつか春の雪山で五竜に来てみたいので下見もかねて遠見尾根を下るため今日はここまでー♪


今回の参考のメインだった2日目。
鹿島槍ヶ岳でも五竜岳でも快晴の中登頂することが出来てホントに恵まれました‼
風が強かったけど、ガスが沸いてこなかったのはそのお陰もあるのかなー。

この二日間、むしろこの一日で
2つのピークを踏んで、
雷鳥もウルップソウも見て、
なんともいえない充実感を味わうことができました


part③へ続く~




ぽちっとブログ応援お願い致します

登山 ブログランキングへ


山旅にも普段使いでも活躍しているTOMS

すごーく軽くて履き心地すごくいいんですよ♪
類似品も多いですが本物とは比べられません


↓シェア&イイネぜひお願いします
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/302-8fcf4441
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。