--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.7.10~12 鹿島槍ヶ岳~五竜岳  ≪part①≫

2016年07月15日 17:21

今年の夏休みは後立山の鹿島槍ヶ岳&五竜岳縦走をしてきました。
マイカー山行でどう縦走するか迷ったのですが、信濃大町駅の市営Pに車を停めてバスで扇沢へ行き、柏原新道へ入山。白馬五竜スキー場まで歩いて下山後白馬神城駅から信濃大町へ電車で帰るという方法を選択。
扇沢と白馬五竜スキー場に車を停めると駐車料金が無料になるのですが、下山後の帰り、入山の時間どちらかが遅れるのでこの方法にしました
信濃大町の市営Pは何泊しても一回1500円です!

〈1日目〉
天気:晴れ
メンバー:1名
コース:扇沢(柏原新道)~種池山荘~爺が岳~冷池山荘
1.jpg



徹夜で信濃大町へ来て、少しだけ仮眠。
まぁまぁ綺麗な公衆トイレと、ロータリーには天然水を汲める水場があるので便利でした♪


扇沢行きの始発バスに乗り込みます‼
_MG_8882.jpg時間は時期によって違うので時刻表で要確認。

黒部ダムへのトロリーバスが出ている扇沢へ到着したら、上ってきた林道を15分ほど下ります。

駐車場があり、橋を渡ると柏原新道の入り口です。
日帰りやピストン山行の方はこちらに駐車されると良いと思います♪

柏原新道へ(7:15)
_MG_8883.jpg

前日の雨で滑りやすくなっていますが岩を綺麗に並べてよく整備された登山道で歩きやすいです。
_MG_8884.jpg初めは急な登りをジグザグに。
急な部分も岩の階段になっているところが多く、しっかり整備されているなぁ。


ケルン(8:05)
_MG_8885.jpg黄色い看板が設置された休憩適所が所々にあるので重たいザックを下ろして休憩しながらゆっくり進みます。

歩き始めは晴れていましたが一旦ガスの中に突入。
ムシ暑くて不快感MAXでしたorz

写真で見るととっても涼しげなガスの中のニッコウキスゲ。
_MG_8886.jpg

石楠花もたっくさん咲いていました♪
_MG_8888.jpg

標高を上げるにつれてガスが晴れてきて針ノ木岳が見えた。
_MG_8889.jpg久しぶりの夏山アルプスにテンションあがります!!


このコース、前半から少しづつ穏やかな上り坂になっていくような印象で、後半になってくるとこんな平坦な場所が増えてきます。
_MG_8890_201607151714485f0.jpg水平道。名前からして平和な登山道ですよねww  

あちこちで咲いていたイワカガミ。
_MG_8893.jpgゴゼンタチバナもあちこちで咲いていました。

森林限界を抜けると種池山荘まであと僅か。
_MG_8894.jpg良く見ると富士山も見えます
_MG_8892.jpg

爺ヶ岳も見えてきました♪
_MG_8895.jpg稜線はお花畑♪♪

種池山荘(10:15)
_MG_8896.jpgお花畑の中にも建つ山荘という印象♪
ザックを下ろして大休止~。

アオノツガザクラ(黄緑)
_MG_8897.jpgとコイワカガミ(ピンク)とチングルマ(白)

キヌガサソウとシナノキンバイ
_MG_8898.jpg

爺ヶ岳へはハイマツ帯の稜線を登っていきます。
_MG_8899.jpg

種池山荘を振り返る。
_MG_8900.jpg剱立山連峰が大迫力でした!!


明日目指す鹿島槍ヶ岳。
_MG_8901.jpgキャンプ地の冷池山荘も見えた。小屋の少し上の剥げたところがテント場です。
まだまだ遠い~…。


爺ヶ岳への登りはガレ場の登りで重い荷物を持っているとかなり歩きづらい。


呼吸を整えるために立ち止まっているとイワヒバリが様子を見に来ました。
_MG_8903.jpg励ましに来たか?冷やかしにきたか?

種池山荘から一時間ほど登ると
爺ヶ岳南峰(11:30)
_MG_8904.jpg

大絶景‼



ここまでのピストン山行の人も多かった!
南アルプスよりも北アルプスの方が日帰りでも楽しめる場所が多くて良いですね♪
近くに住みたいww

南峰を下ったところにコマクサ。
_MG_8905.jpgちょっぴり群生してました‼

少しガスが沸いてきました。
_MG_8906.jpgこの時期は特に天気が良いのは昼までと考えていた方がいいですね。

爺ヶ岳中峰(12:10)
_MG_8907.jpgもう雲が間近です。
_MG_8908.jpg
爺ヶ岳周辺は雷鳥が多いと言うことで耳と目凝らして、時々立ち止まりながら歩きましたがなかなか見つからず、、、
冷乗越手前で雷鳥特有の「グェ~~」という鳴き声が‼

見つけるのに苦労しましたが遠くの方にやっぱりいた‼
_MG_8909.jpgはじめは雄の頭しか見えなかったけど時間はたっぷりあるのでザックを下ろしてひっそり待っていたら出てキター(*^^*)
今まで沢山雷鳥見てきたけど足環つけてる個体は初めてみました。



冷乗越からはシラビソ林の中に入って登ります。風が無く湿度も高くて汗が吹き出します


大分ガスが沸いてきましたが西からの風も強く稜線を越えられない様子。
_MG_8910.jpg

冷池山荘(ツベタイケサンソウ)(14:15)
_MG_8911.jpgテント泊の受付をし、テント場まで10分弱登っていきます。

テント場からは鹿島槍ヶ岳は見えなかったので爺ヶ岳をバックに。
_MG_8912.jpgガスも段々沸いてくるとスゴくジメジメし、シングルウォールのテント内はしっとり。

暗くなる前に夕飯。
_MG_8913.jpg味付けはお茶漬けでさっぱりと。
具材はちょっぴり贅沢にカニ缶。
パスタは250ml位の水で茹できらしてます。

ガスも濃くなってきたので六時頃には就寝~。
ほぼ寝ずに登ったのでぐっすりでした
_MG_8915.jpg夜中に目覚めたときにパチリ。
風が強いわ眠いわで鹿島槍を見にいく元気は無く…。
このまま就寝。


2日目へつづく


↓ポチっとブログ応援お願い致します♪↓

登山・キャンプ ブログランキングへ



今回初めて使った自撮り棒。
三脚出す程手間にならず、ソロハイカーには最高の相棒になりそうですww

↓シェア&イイネ歓迎です♪↓
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/301-8914689d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。