--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.5.8 両神山 ~アカヤシオを求めて♪~

2016年05月09日 19:09

GWラストはアカヤシオを狙って両神山へッ‼
6回目の両神山ですが今までアカヤシオが満開の時には登ったことが無かったのでワクワクしながら登りました♪

ほぼ1年前の同時期にも登ってますが終わっていたのでリベンジです‼
«2015.5.17 両神山 (日向大谷)»
↑その時の日記はコチラ↑
無題




無料の駐車場に停めて、
車道を登っていくと登山口に到着(6:00)
_MG_7842.jpg
両神山は僕が、登山靴やザック等を揃えて登山デビューをした山。
6年前と変わらないところを見つけて懐かしさや嬉しさを感じたり、何だか初心を思い出しました♪

登山口にある登山届けポストに登山届けを提出して出発します。

山には入ると鮮やかな緑に包まれた森。
_MG_7843.jpg赤い花を咲かせるヤマツツジが多くあります。

会所からは沢沿いを歩くコース。
_MG_7844.jpg沢を間近に感じる場所もあれば、沢を遥か下に見下ろすトラバース箇所もある。
_MG_7845.jpgよそ見厳禁。状況によってはヒヤヒヤしますね‼

苔むす露岩帯。
_MG_7846.jpg初めての登山でここに来たとき凄く印象的で何枚も写真を撮った。
単調な登山道に感じるけど、地形や植物などの変化を見つけると自然の美しさや不思議さを感じますね。


沢を渡ったり、沢の上をトラバースしたりしながら進んでいくと急な斜面も現れるようになってきます。

限界を迎える直前で力水に到着(7:15)
_MG_7847.jpg冷えた水で作るポカリが旨すぎる‼
体に染み渡り、疲れが吹っ飛びます。


清滝小屋(7:25)
_MG_7848.jpgここにも水場あり。
トイレもあります。

小屋周辺のシャクナゲが綺麗!!
_MG_7849.jpg

清滝小屋からは急坂をジグザグに登っていきます。
この辺り、ザレた斜面となっているので下り際に滑りやすい。
特に足の踏ん張りが弱まっているときは要注意。
(初めて来たときはガクンガクンでした…。それに加えて初めての靴でマメもひどかったっけ。)

産体尾根(7:45)
_MG_7850.jpg
小屋からジグザグな道を登りきるとココ。
風が吹きぬけて気持ちいい!!

ここから見上げる山がかっこいいんだ!!
_MG_7851.jpgアカヤシオで色づいてる♪

そしてここから鎖場が現れます。
_MG_7852.jpg6年前はドキドキわくわくした鎖場も今は楽チン♪
慣れって怖い…。

一番大きな岩場は階段が設置されてます。
6年前はなかったなぁ…。

両神神社の手前でヤマザクラ発見。
_MG_7853.jpg暗い森の中、思いっきり背を伸ばして花が光輝いていました♪
必死で登っていると見逃してしまいそう。

桜にうっとりしていると
コガラが目の前に挨拶しに来てくれた。
_MG_7854.jpgコガラが先導してくれた♪



両神神社(8:10)
_MG_7855.jpgベンチがあって休憩敵地♪


富士山見っけ♪
_MG_7856.jpg


尾根道がなだらかになるところでついに出会えた‼

満開のアカヤシオーッ‼
_MG_7857.jpg丸っこい花びらが可愛くてうっとり♪

フデリンドウ。
_MG_7858.jpg

山頂直下はアカヤシオの屋根♪
_MG_7859.jpg

春の富士山
_MG_7860.jpg


両神山山頂(8:40)
_MG_7861.jpg

次々人が上ってくるので少し下ったところで大休止‼

ポカポカで気持ちいいー!!
6年前と変わらぬ景色。
始めてきたときは岩場の狭い山頂に荒々しさを感じたなー。


下りは七滝沢コースで。
_MG_7862.jpg人が少ないコースです♪

岸壁が迫力ある滝。
_MG_7863.jpg
落ちたら…。


鎖場も数ヵ所。
_MG_7864.jpg

ザレた急斜面を下ったり…。
_MG_7865.jpg膝にくる(^^;

ヤマツツジ。
_MG_7866.jpg

会所まで下ってきたー‼
_MG_7867.jpg

下山~。
_MG_7868.jpg両神山荘のわんちゃんにごあいさつ♪♪



ヤマレコなど見ると“意外と簡単”と紹介されてる事の多い七滝沢コースですが山と高原地図では破線のルート。

どう言った基準で簡単と判断するのか難しいですが、
ガレ場の急斜面、一枚岩、深い谷が多く。そして何より人が少ない。何かあったら助けを求めるのが難しいと思います。
それと、このコースは枯れたら沢やチョロチョロ水が流れた沢沿いを渡りながら登山道が設置されていますが、所々に大木などが流された箇所があり、降水時は濁流となることが想定されますので天気などの判断も必要かと思います。

急斜面多くて登りはキツいので今回も下りで使用しましたが、下りでは道迷いしやすくなるので気を付けて歩いて下さい♪



アウトドア ブログランキングへ
↑ポチっとブログ応援お願いします♪



↓夏は冷たい水で飲むとサイコー

↑冬はホットもイケる




↓シェア大歓迎です
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/300-3ab0a584
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。