--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.11.21 富士山  ☆10度目の登頂☆

2015年11月27日 17:31



いつも冬山のシーズン始めと終わりに登っている富士山へ、雪山足慣らしということで今年も登ってきました♪♪

今年はどこも冬の訪れが遅くて富士山も
まだまだ積雪がほぼ無かったのですが、
前日に怪しい天気となったので狙ってみましたー!!

いつもの須走口は今年は林道の工事があるため冬季閉鎖が一足早く、今回は吉田口馬返しから。

今年の正月に同じコースに偵察に来たときは、6合目までしか歩けず、今回も厳冬期の偵察を兼ねてこのコースをチョイスしてみました。

天気:晴れ
メンバー:2名
コース:吉田口馬返し→頂上浅間大社→吉田口馬返し

「富士山いってくるよー」
 と父親に報告すると
「付いてくー」
 とのことで今回の富士山も父親同行です

道の駅「富士吉田」に深夜到着し仮眠。
そしてココで無料の天然水を補給し馬返しへ
仮眠する前は星空が見えましたが起きてみるとガスガス

心配でしたが予報を信じて馬返しまで上がるとガスを抜けて星空が再び見えました!!(よかったー)


準備を済ませて出発(4:17)
PB210209.jpg

真っ暗な道をもくもくと進みます。
なかなか調子が出ず、ペースが上がらない…。
ヘッドライトの電池も少なくなり、光量が少なくなく視界の悪さが尚更疲れたのかも。面倒臭がらず電池交換すれば良かった…。


佐藤小屋(6:00)
PB210210.jpg少し休憩…。
この辺りから冷たい風がよく当たるようになりますので冷えないように注意。

ぼんやり明るくなり日の出もそろそろです。
_MG_6302.jpg山中湖は切りに包まれているようです。

ここから少し樹林に入るので、日の出前に抜けられるといいのですが。

間に合わなかった-。
_MG_6304.jpg

富士山も染まっています。
_MG_6303.jpgにしてもこの要塞のような山小屋街…。
吉田口ならではの荒々しい富士山が台無しだなー。とちょっとガッカリ。

もっと欲しいところですが雪も少ないです。8合目位からかな…。


スバルライン五合目越しに常念山脈。
_MG_6305.jpg
八ヶ岳。
_MG_6306.jpg

空が美しい♪
_MG_6307.jpg翌日から天気が崩れるということもあり、雲の模様が綺麗だったー。

6合目からは、幅のある砂利道をジグザグに登っています。


最初の山小屋、花小屋。(7:30)
_MG_6308.jpgここからは溶岩流でできた大きな岩場の連続です。
階段も多く、足をあげることになるのでキツイところですが、山小屋が連続するので休むところも沢山あります。

途中で休憩すると
東京スカイツリーを見つけました
_MG_6309.jpg
江ノ島も。
_MG_6311.jpg三浦半島の向こうは房総半島。

山小屋街を登っていくと
雪がだんだんと近づいてきましたー。
_MG_6313.jpg

8合目蓬莱館を過ぎると登山道にも雪。
_MG_6314.jpg滑ると怖いので早めにアイゼン装着!!


露岩が多く、落石が怖いので直登はしませんー。
_MG_6315.jpg

いつの間にか山中湖の霧もとれてました。
_MG_6316.jpg

箱根の噴煙。
_MG_6319.jpg右に芦ノ湖。

振り替えって
_MG_6317.jpg

伊豆諸島が見えます♪
_MG_6320.jpg


本8合目(10:20)
_MG_6322.jpgここから須走ルートと合流するので歩き慣れた場所です♪

ここまで来ればあとわずか
_MG_6323.jpgでもないか


本8合目からは所々ショートカットして登りました。
PB210234.jpg

段々急になってきます
_MG_6325.jpg

9合目の鳥居がなかなか近づかない…。
_MG_6326.jpg

しんどいですが快晴なのが気持ちいい♪
_MG_6327.jpg風が当たらなければポカポカです。


9合目辺りからいつも通り風が強いです。この辺りは横からの突風が吹くので耐風姿勢をとれるように構えながら進みます。

海老の尻尾も大きくなってきました。
_MG_6328.jpg氷りの塊は気温が上がると落氷となるのです。

山頂直下もまだ露岩が多いです。
_MG_6329.jpg山頂直下は固い氷の急坂で風も強いので足をとられないように要注意。
空気も薄いのでペースが上がりませんが休む場もありません。

慎重に一歩一歩登るとやっと山頂へ。
_MG_6330.jpg

富士山頂上浅間大社奥宮(11:50)
_MG_6331.jpg10度目の登頂~

前回より二時間も多く時間がかかり、
体力の低下を実感。


氷の要塞と化していました。
_MG_6332.jpg
こんなに氷で覆われているのを見るのは初めてかも…。
_MG_6333.jpg

毎回楽しみにしている噴火口。
_MG_6334.jpg大迫力!!

~山頂からの景色~


山頂は風が強いので退散(12:20)
_MG_6335.jpg
登り同様、山頂直下の下山は特に注意。
一番ヒヤヒヤするところ…。

8合目で昼食にしました。
サーモスに入れてきたお湯でカップラーメン♪

8合目よりしたの山小屋街の岩場の下りは膝に来ます…。
砂走なら楽なんですが。

山小屋が建ち並ぶ場所は海外のカンコウキャクガ多くて驚きました。
山頂を目指さないハイカーも多いのですね。

7合目付近から影富士。
_MG_6336.jpg雲海にうつるのを見てみたい!!

槍穂高。
_MG_6337.jpg

くたくたになりながら佐藤小屋(15:30)
_MG_6338.jpg三連休初日ということもあり、にぎわってました♪♪
翌日にピークを目指す他人が多いのかな


ここから馬返しまでも以外にまだまだ遠く、大変なところ…。
膝の痛みが心配でしたが馬返しにつくまでに痛み始め、ヘトヘトで下山しました。
下山完了(17:00)

今回、地元の人で日頃から富士山に登っているという強者に出会いました!!
登るスピードもかなり早くてビックリ!!
「一昨日も来た」と話してくれ、手軽に登っているそうです。

いつか、厳冬期の富士山に日帰りで挑戦してみたいと思っていましたが、いまの自分には無理だと思い知らされました。
日常的に登っていないと高所に適応した体は作れませんね…。

今回のログ(スント)
無題

↓ポチッとブログ応援お願いします‼

登山 ブログランキングへ
1日1回有効です♪♪




今回初めてノースフェイスの
3㍉厚のネオプレーンソックスを使用しました。
蒸れることを活かした暖かい作りで、
ウールの靴下よりも断然暖かく快適でした♪脱いだ靴のなかもサラサラで靴の内部は全く濡れていませんでした。
末端冷え性の方、これからの時期におすすめです♪
2ミリ厚のショートタイプもあるので
低山雪山ハイキングでも使用したいと思います♪



↓シェア大歓迎です(^^)♪
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. えみ丸 | URL | Ng4.hE4g

    雪が少ないですか・・・

    初めまして。

    ミクシィから来て、素敵な写真を楽しませて頂きました。
    私は、27日から本栖湖でカヤックキャンプしながら富士山を眺めていたので、つい書き込みました。

    前回の時よりずいぶん雪が下まで付いたと話していましたが、今年の雪の少なさは富士山も例外でないのですねー
    富士山は登ったことのない山ですが、こういう写真を見ると登りたくなりますね(難しそう・・)
    キャック仲間と十二ヶ岳から富士山を楽しみました。

  2. らむ子 | URL | 89zBIK8s

    えみ丸さま

    ブログ訪問&コメントありがとうございます
    カヤックキャンプ素敵ですね‼
    湖上から眺める富士山はより美しいでしょうね♪
    富士山もはやり冠雪が遅かったですね。この山行の後にやっと沢山積もったみたいなのでまた更に美しくなっていると思います
    夏富士からぜひ登ってみてください!お天気に恵まれれば別世界を味わえますよ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/294-51cb3fd7
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。