カテゴリ
リンク
プロフィール

らむ子

Author:らむ子
◎好き◎
トーキョーバイク、GB250、釣り、登山、アウトドア、ミミズコンポスト

◎Twitter◎




◎Instagram◎


◎日本百名山◎(現在59座)  
利尻岳。
羅臼岳。
斜里岳。
阿寒岳。
大雪山。★
トムラウシ。
十勝岳。
幌尻岳。
後方羊蹄山。
岩木山。★
八甲田山。★
八幡平。
岩手山。
早池峰山。
鳥海山。
月山。
朝日岳。
蔵王山。
飯豊山。
吾妻山。
安達太良山。★
磐梯山。
会津駒ヶ岳。
魚沼駒ヶ岳。★
平ヶ岳。★
巻機山。★★
燧岳。★
至仏山。★
谷川岳。★★
苗場山。★
妙高山。
火打山。
雨飾山。
高妻山。★
男体山。★
奥白根山。★★
那須岳。★
皇海山。★
武尊山。☆★
赤城山。★
草津白根山。★
四阿山。☆★
浅間山。★
筑波山。★
丹沢山。★
両神山。★★★★★★
雲取山。★★★★★★★★★★★★★
甲武信岳。★
金峰山。★★★★
瑞牆山。★
大菩薩嶺。★
富士山。★★☆★★★★★★☆★★
天城山。★
白馬岳。★
五竜岳。★
鹿島槍ヶ岳。★
剱岳。★ 
立山。★
薬師岳。
黒部五郎岳。
黒岳。
鷲羽岳。
槍ヶ岳。★
穂高岳。★
常念岳。★
笠ヶ岳。★
焼岳。★
乗鞍岳。★
御嶽山。★
美ヶ原。★
霧ヶ峰。★★
蓼科山。★★
八ヶ岳(赤岳)。★★★★
木曾駒ヶ岳。★
空木岳。★
恵那山。★
甲斐駒ヶ岳。★★
仙丈岳。★
鳳凰三山。★
北岳。★
間ノ岳。★
塩見岳。★
悪沢岳。
赤石岳。
聖岳。
光岳。
白山。
荒島岳。
伊吹山。★
大台ヶ原山。
大峰山。
大山。
剣山。
石鎚山。
九重山。
祖母山。
阿蘇山。
霧島山。★
開聞岳。★
宮ノ浦岳。

◎東京の山◎
三頭山。
大岳山。
日の出山。
川苔山。
鷹ノ巣山。
御前山。
棒の嶺。
高水三山。
大寺山。
倉戸山。
本仁田山。
高尾山(高尾~陣馬)。
陣馬山。
日和田山。
天上山。

◎その他の山◎
竜ヶ岳。
鍋割山。
北横岳。
妙義山(相馬岳)。
金時山。
蝶ヶ岳。
天狗岳。
権現岳。


★…登った回数。

行った山はほとんど載せているので
気になった山は
ブログ内検索してみてください♪♪






「Outdoor monkey」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Amazon.co.jpロゴ



ピクスタ始めました♪♪

15461792

(c)らむ子 写真素材 PIXTAー

QRコード

↓ケータイからはこちら♪↓

QR

いらっしゃ~い♪

あなたは

人目のお客様です♪♪

ブログランキング

ランキング参加しています♪

投票してください(^^)♪

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

『Outdoor monkey』

お山メインなアウトドアブログです(^^)♪自分が振り返りで見る山行記録として始めました。2011年4月の両神山で百名山デビュー♪ 単独でちゃちゃっと歩いたり、のんびり歩いたりなのでコースタイムは目安程度に♪♪文章力ないので写真を楽しんで欲しいところですがそれも初心者なのであしからず。。。里山からアルプスまで本気で遊びます♪♪ 右膝に爆弾(半月板除去)抱えてます…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.4.25 富士山 須走口

毎年恒例の春の富士登山。
今年も、ふじあざみラインの開通翌日に行ってきました♪♪


2014.4 富士登山(大雪の年)
↑1年前の記録はコチラ。


いつもの須走五合目に着いて、
富士山を、見上げると雪がかなり少なく、
去年の大雪との違いに驚き。
今年はアルプスの山々も、
どこも雪が少ないみたいですね。


天気:晴れのち曇り
メンバー:2名
コース:須走口←→山頂(久須志神社)


ブル道で登るつもりでしたが、
雪が少なくて砂利道の登りが続きそうなので一般登山道から入山することに。


準備を済ませて、出発。(5:00)
IMG_3118.jpgもうヘッドライトはいりません。
だいぶ明るくなるのが早くなりました。


下界には薄い雲が広がっていますが、
山頂方面は全く雲は無し。
午後から天気が崩れる予報なので早いうちに山頂へ着きたいところ…。


樹林の登山道に入るとすぐに雪がありますが、
朝から気温が高く、時々踏み抜くので、
岩の周りなどは要注意。

「富士山国有林」標識を過ぎたところで
沢筋に残った雪道を進みます。
IMG_3119.jpg「富士山国有林」の標識は取り外されていましたが、砂走下山道と合流点を通りすぎると左手にドーンと富士山が現れます。
樹林を抜けて一番最初に富士山頂を
望むことができるのでテンションのアガる場所です♪♪


夏道はこの先も樹林を進みますが、
雪渓を登っていくと広い雪の斜面に♪♪
IMG_3120.jpg雪の富士山の醍醐味。
IMG_3121.jpgそれにしても、先は長いッ!!

はじめは山頂方面は雲一つない空でしたがいつの間にか出てきた…。


そして、日が出てくると融雪によって浮石が転がり、
時々無音の落石が…。
上方に注意しながら、コース取りを良く考えて進みます。


谷底は落石の通り道になっているようです...。

下の方でも嫌ーな雲がモクモク出てきました…。
IMG_3123.jpg

標高3000mに近付くにつれて息苦しさで一気にペースダウン。


時折、霧に飲み込まれてホワイトアウト...。
これが、白い暗闇??のような感覚になり、気持ち悪いんですよね。

そして視界の無い中、音もたてず落石の恐怖があるので
七合目辺りからは一般登山道を歩くことにしました。

本七合目。(8:30)
IMG_3124.jpg

本八合目。(9:10)
IMG_3125.jpgここ、富士山ホテルは冬でも「本八合目」と書かれていて分かりやすい。
他の山小屋では看板など全てが取り外されています。

本八合目からはもうひとふん張りッ!!
IMG_3126.jpg晴れていると山頂の鳥居、狛犬が見えてくるので励みになり、少しペースをつかみやすくなります。

しかしこの先9合目辺りは
右手(北側)の崖側からの風がいつも強いので
注意。(写真でも雪煙が舞ってます)
途中で岩影に隠れて着込みます。

斜度も増し、露岩が多くなるので落石にも注意。
そして、このあたり今回は歩きやすい雪質でしたが
ブルーアイスとなることもあり、
カチコチのバーンの時はかなり怖いところです。

振り返るとやっぱり雲...。
IMG_3127.jpg振り返ると高度感があるので高いのが苦手の人は下りで足がすくみそう。

ラストの鳥居!!
IMG_3128.jpg これをくぐると山頂です!!

9度目の富士山頂到着。(11:00)
IMG_3129.jpg展望ナシ...。

IMG_3130.jpgしばらく休んでも晴れないので、天気がこれ以上崩れる前に降ります...。

下山開始。(11:20)
IMG_3131.jpg山頂直下は慎重に降ります。

本七合目辺りからはコレの出番!!

帰りはブル道に向かいます。
ガスると方向が分からなくなるので地形がわからない人は登山道下るのがよいと思います。

ひろーいゲレンデ!!

コースを外さないように注意!!
ピッケルで速度を調節しながら下ります。
アイゼン引っ掛けないように注意。

気持ちいいっ!!

過去最高のソリセード♪♪


後半はおしりがいたくてまともに滑れなかった...。

下山完了。(13:30)
P4250246.jpg
2時間ちょいで降りれました♪♪


もう一回くらい行きたかったのですが、
雪が少なすぎる



人気ブログランキングへ
↑1日1クリックでらむ子のブログ&登山の応援をお願いします

〈 今回のログ(スント AMBIT2)
無題




↑雪山で活躍することの多いヒップソリ♪♪
ザックの中に入れてしまえば意外とかさばらず、軽いので便利♪♪
ソリ無しでも滑りますが、雪が汚れている残雪期は…。
ビニール、レジャーシートでも滑りますが露岩などに当たると…。

↓役に立ちそうな情報があったらシェアしていただけると嬉しいです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/280-af0befe2

HOME
広告:まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。