--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.10.25 皇海山 ☆日本百名山50座目☆

2014年10月28日 21:15

GO TO THE SKY 
なーんて親父ギャグを考えながらsky山へ登ってきました♪♪

天気:晴れ
メンバー:ひとり
コース:皇海橋→不動沢のコル→皇海山→
    →不動沢のコル→鋸山→不動沢のコル→皇海橋


この山を登るときは、銀山平から登る庚申山コースを絶対に歩きたいと思っていたのですが、
四駆車に乗り換えてから、追貝からの栗原川林道にも興味が出てきてしまい、
今回は日帰りで気軽に行けるということで不動沢コースで行ってきました。
登山コースの紅葉は見ごろを過ぎていそうですが、栗原川林道の紅葉が楽しみ♪

そして、今回のもう一つの目的が「吹割の滝」
IMG_0480.jpg東洋のナイアガラやー!!
紅葉行楽シーズンということで混むだろうと思い、だーれもいない早朝に。
いいとこですが、滝への転落防止の柵や、看板が雰囲気を壊す...。

すっかり日が高くなってきた頃、栗原川林道へ。

林道で楽しみだったのはココ♪♪
IMG_0482.jpg岩をくり貫いただけのトンネル。
このトンネルが登山口までの丁度中間位。

そして、朝日に照らされる紅葉紅葉が眩しい位に綺麗
IMG_0483.jpg今までで見た紅葉でベストな紅葉でしたが車を停めるとこがなかなか無いので写真はあまり撮れませんでしたが...。

未舗装の林道を進むこと約1時間で登山口の皇海橋に到着!!
IMG_0484.jpg山奥に来たわりには車が多いっ!!
団体さんのバスも停まってました。
意外と車が多いですが、落石か頻繁に起こるこの林道は大きな岩がゴロゴロ落ちていたので、場合によっては車高の低い車はガリッとやると思いますのでご注意を。
(追貝からは落石や突起のある岩が多い悪路でしたが根利からは少し走りやすいようです)

写真のトイレは水洗トイレ。
登山届け提出ポストは無いですか、このトイレに入山ノートがあり、記入するようになってます。

サクッと準備を済ませ、くらいむおーん!!(8:00)
IMG_0485.jpg

不動沢沿いに、進んでいきます。
IMG_0486.jpg沢の音が気持ち良い。

所々に立っている色付いたカエデの落葉が綺麗!!
IMG_0487.jpg

沢を何度か渡ります!
IMG_0488.jpg1回目の徒渉点が一番幅があり増水時は注意です。
沢筋を歩いたり何度か沢を渡ることがありますが、間違えて違う沢を登ってしまわないようにピンクのテープを見失わないように。

黄色の絨毯。
IMG_0489.jpg

燃える木。
IMG_0490.jpg

静かな森を進んで行くにつれて人が多くなり、だんだん賑やかに...。


不動沢のコルが近づくにつれて急な登りとなり、虎ロープ等が設置されています。
IMG_0492.jpg
頼りないのでなるべく手がかりにはせず、道しるべと思った方が良いですね。
そして、足元もザレ場となっているので落石注意です。
団体さんが多いので少し怖かったです!!


急な登りを登りきると不動沢のコル。(9:00)
IMG_0493.jpg左へ行くと皇海山。右へ行くと鋸山。
皇海山は樹木に囲まれて展望はないですが、鋸山は展望抜群とのこと。

まずは皇海山へ。

不動沢のコルから見える鋸山方面の岩稜が迫力あります。
IMG_0494.jpg

ここからは霜柱が多くあり、すっかり初冬。
IMG_0495.jpgさっきまで秋真っ盛りでしたが、登るにつれて季節を跨ぎました。

樹林に囲まれた登山道がメインですが、所々視界が開けます。
IMG_0496.jpg

富士山も頭がひょっこり。
IMG_0497.jpg


高度が上がるにつれて姿を現してきました。
IMG_0501.jpg

青銅の剣が見えたら山頂まであとちょい。
IMG_0502.jpg

皇海山山頂。(9:40)
IMG_0503.jpgココは樹林に囲まれていて全く展望なし。


記念写真だけ撮って、鋸山へ向かいます!!


沢山の登山者が歩いて侵食された登山道。
IMG_0504.jpgこんな場所が多いので、下りは特に滑らないように。

再度、不動沢のコル。(10:10)
IMG_0505.jpgお次は鋸山へ♪♪

藪が濃い!
IMG_0516.jpg踏み跡の薄い尾根を藪こぎをしなが進んで行くと岩場に取り付きます。
ココも鎖に頼らず。

岩場を一ヵ所越えると、ガレた急斜面を登っていきます!!

後ろを歩く人が真下になるので落石に要注意。

高度が上がると視界が開けます!!
のぼってきた不動沢を振り返ってパチリ。
IMG_0506.jpg落葉松林の黄葉が美しい!!

鋸山山頂。(10:40)
IMG_0507.jpgバックに皇海山。

皇海山から右に目を向けると、
日光白根山(左)と男体山(右)。
IMG_0508.jpg

皇海山から左に目を向けると、

武尊山。
IMG_0509.jpg

さらに左に、
谷川岳。
IMG_0510.jpg

そして、富士山。
IMG_0511.jpg

展望を楽しんだ後は、山ランチ。
IMG_0512.jpg沖縄土産のソーキそば。

久しぶりのお山カフェ♪♪
IMG_0513.jpgはぁー。のんびり~♪♪

紅葉した森を見下ろしながらのコーヒーは贅沢!!
IMG_0514.jpg

下山開始!!(11:50)
IMG_0515.jpg慎重に下っていると、後ろから降りてくる人が蹴飛ばしてしまった石がコロコロと!!
そして下には団体さんがッ!!

なんとか受け止められましたが、ヒヤッとした出来事でした...。

またまた、不動沢のコル。(12:15)
IMG_0517.jpg

ココから下もガレ混じりの岩場やガレ場の急斜面が多く、人も多いので神経使いながら歩き、疲れました...。


緩やかな森までの降りてきたら後はのんびり下ります。
IMG_0518.jpg途中で多くの人に出会い、気持ちもペースも乱れましたがこの辺りでまた静寂の森。

カラマツは落葉が進んでいますが見上げると綺麗
IMG_0519.jpg

オレンジの絨毯。
IMG_0520.jpg

下山完了。(13:00)
IMG_0521.jpg
ガイドブックなどを見ると、コースも短く登りやすいイメージでしたがガレ場が多く、歩く人もたくさんいるので怖さを感じる部分が多くありました。
ヘルメットを装備している人も多くいましたが納得でした。
初めて行かれる方はお気をつけて登ってください。

登山バッジ。

望郷の湯にて購入。
皇海橋のトイレに、販売所の一覧が張り出されていました。


«今回のログはコチラ»
20141025 皇海山


登山・キャンプ ブログランキングへ

クリックでブログ応援お願いします

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/270-40f1ff3c
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。