--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.5.31~6.1 常念岳 <後編>

2014年06月03日 21:35

2014.5.31~6.1 常念岳  <前編>

前編はコチラ

天気:快晴
コース:常念岳山頂→常念乗越(常念小屋:テント泊)→一ノ沢登山口(ヒエ平)



山頂に着いたものの、カメラが使えず頭は真っ白…。
景色は最高なのに

そしてすぐそばにライチョウいるのにー

しかし、いじっていると
シャッターを押したまま電源スイッチをオンにすると
その時だけシャッターが切れることが判明
スイッチを入れた瞬間シャッターが押されるので勢いでブレますがチャレンジ

液晶とボタンが使えないので撮った写真を確認できず、
撮れているのかわかりませんが、何枚か山頂で写真撮影をして常念小屋へ。


常念小屋のテン場にツェルトを設営して寂しさに浸ります……

ツェルト設営後、
スマホとカードリーダーを繋いでカメラで撮った写真を見てみると…


撮れてたー!!
IMG_8100.jpg

槍穂連峰。
IMG_8026_20140603211142ea4.jpg
西穂~槍。
北アルプスと言ったらこの槍穂連峰の景色!!

乗鞍、御嶽方面。
IMG_8095.jpg

北アルプス北部。
IMG_8098.jpg
こっちは未踏の地。
今年は沢山来れるといいなぁ。

そして、近くにいたタイミングは逃してしまいましたが、
ライチョウ
IMG_8007.jpg
繁殖期のオス。初めてみましたがカッコいい
望遠で撮影するとどうしてもスイッチを入れたときにブレてしまいこれが限界でした

山頂から大天井岳方面。
IMG_8109.jpg

山頂から常念小屋に下っている途中にも雷鳥見つけましたが
カメラの機嫌が悪くて撮影できず、、、。

常念小屋。(13:00)
IMG_8115.jpg

常念小屋から常念岳方面。
IMG_8116.jpg
常念岳はあのピークのさらに向こうで、結構標高差があります。
標高差約400m

さっそくツェルト設営
IMG_8136.jpg
ツェルトとは何ぞや??という方はコチラ→«ツェルトについて(以前の記事です)»

ツェルト内で写真の整理をしていると
睡眠ゼロの徹夜登山の疲れが出てきて、ツェルトの中で昼寝

起きてみると少し日が傾いてきていて、食事
P5310191.jpg
ささみの醤油パスタ。

日の光がオレンジ色になってくると天体ショーの始まり
IMG_8207_20140603211347ea8.jpg
さっきまでは半袖で昼寝をしているほどでしたが一気に気温が下がりフリースを着てその時を待ちます。

稜線に沈む太陽。
IMG_8225.jpg

日が沈みきるまで景色を楽しみ、早くも就寝。

22:00頃目が覚め外に出てみると満天の星空。
IMG_8244.jpg
スイッチを入れるとシャッター切れるというおかしな現象なのでどうしてもブレるのですが、セルフタイマーと三脚使って撮影。


ヤリホ
IMG_8245.jpg

安曇野の夜景
IMG_8237.jpg

小腹が減り、外出ると体も冷えてきたのでツェルト内でラーメンを
IMG_8252_201406032114275f9.jpg
作った後はツェルト内が結露していましたがいつの間にか乾いてました
浸湿率の高さというより、換気(すきま風)のよさカナ


シュラフに潜ると暖かく、一度も目覚めませんでした
翌朝までぐっすり

4:00にかけたアラームでパッチリ目覚め、ツェルト内をを片付けます

大体整理できるとちょうど朝日が昇り…。
IMG_8280.jpg

槍穂はモルゲンロートに染まります。
IMG_8256.jpg

槍のアップ
IMG_8267.jpg

ハイマツも赤く染まります
IMG_8285.jpg
風がもろに当たる場所で枯れ気味。

下界はガスガス。
IMG_8289.jpg
帰りはこの谷(市ノ沢)を下ります

ツェルト内はこんな感じ。
P6010194.jpg
荷物を出してしまったのでよく分からんですが、荷物はすべて中に入れ、横になった自分の隣に置くことができました
意外と広いんです
時期的にもなのですがツエルトないは結露ナシ。
ただ、床面はどうしても結露するので、レスキューシートを敷いて正解でした

下山開始(5:30)
IMG_8288.jpg

雪の樹林をトラバースしながら下っていきます。
P6010197.jpg

しばらく下ると最終水場。(5:55)
P6010198.jpg
ここから雪渓を下ります

支沢にはロープで入らないようになっています。
P6010199.jpg

そして、目印もバッチリ。
P6010201.jpg

雪渓も急なところはなく、登りやすいと思われますが、あちこちで落石が起きているので注意が必要です。

所々夏道も出ていますが歩くのはズット雪渓。
P6010202.jpg

冷たい水がおいしい
IMG_8293.jpg
このコースにしてよかった

笹原沢出合でじっくり休み、
そこからはなだらかな道を下っていきます

下山完了~。(7:30)
P6010204.jpg
下山中に使ったカメラはすべてコンデジで撮影。

カメラが故障してしまったことで撮りたい写真も思い通りに撮れず、
撮り足りない事で不完全燃焼な山行となっていしまいました

今回の事をきっかけにカメラの買い替えも悩みましたが、
東京に帰ってすぐにカメラ屋へカメラを持っていき修理に出しました
新型のカメラの値段を見てビックリ
もうチョイ安くならないかなぁ…。

と、いうことでしばらくカメラ無し生活です

«今回のログ»
常念2

安曇野は美しい街でした
IMG_8307_20140603211737f60.jpg

登山バッジ。
P6040206.jpg
常念小屋で購入。



登山・キャンプ ブログランキングへ

1日1クリックでブログ応援お願いいたします




これで、カメラのデータカードをスマホに繋ぐ事が可能なんです

カメラで撮った写真をつかって呟けます♪♪

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. tais0903 | URL | -

    きれいー

    らむさん、こんばんは。
    カメラ、せっかく重たい一眼を持っていったのだから、、何とか撮れてよかったですね。残雪の山や星は本当にきれいです。いよいよ梅雨入りしてしまい、、雪山は来冬までお預けですね。

  2. らむ子 | URL | -

    tais0903さんへ。

    ホントに、何とかとれていてホッとしました...。
    梅雨入りしてしまいましたねー(>_<)
    梅雨前に行けてよかったですが、また夏山が楽しみです(*^^*)♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/263-389f3793
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。