カテゴリ
リンク
プロフィール

らむ子

Author:らむ子
◎好き◎
トーキョーバイク、GB250、釣り、登山、アウトドア、ミミズコンポスト

◎Twitter◎




◎Instagram◎


◎日本百名山◎(現在59座)  
利尻岳。
羅臼岳。
斜里岳。
阿寒岳。
大雪山。★
トムラウシ。
十勝岳。
幌尻岳。
後方羊蹄山。
岩木山。★
八甲田山。★
八幡平。
岩手山。
早池峰山。
鳥海山。
月山。
朝日岳。
蔵王山。
飯豊山。
吾妻山。
安達太良山。★
磐梯山。
会津駒ヶ岳。
魚沼駒ヶ岳。★
平ヶ岳。★
巻機山。★★
燧岳。★
至仏山。★
谷川岳。★★
苗場山。★
妙高山。
火打山。
雨飾山。
高妻山。★
男体山。★
奥白根山。★★
那須岳。★
皇海山。★
武尊山。☆★
赤城山。★
草津白根山。★
四阿山。☆★
浅間山。★
筑波山。★
丹沢山。★
両神山。★★★★★★
雲取山。★★★★★★★★★★★★★
甲武信岳。★
金峰山。★★★★
瑞牆山。★
大菩薩嶺。★
富士山。★★☆★★★★★★☆★★
天城山。★
白馬岳。★
五竜岳。★
鹿島槍ヶ岳。★
剱岳。★ 
立山。★
薬師岳。
黒部五郎岳。
黒岳。
鷲羽岳。
槍ヶ岳。★
穂高岳。★
常念岳。★
笠ヶ岳。★
焼岳。★
乗鞍岳。★
御嶽山。★
美ヶ原。★
霧ヶ峰。★★
蓼科山。★★
八ヶ岳(赤岳)。★★★★
木曾駒ヶ岳。★
空木岳。★
恵那山。★
甲斐駒ヶ岳。★★
仙丈岳。★
鳳凰三山。★
北岳。★
間ノ岳。★
塩見岳。★
悪沢岳。
赤石岳。
聖岳。
光岳。
白山。
荒島岳。
伊吹山。★
大台ヶ原山。
大峰山。
大山。
剣山。
石鎚山。
九重山。
祖母山。
阿蘇山。
霧島山。★
開聞岳。★
宮ノ浦岳。

◎東京の山◎
三頭山。
大岳山。
日の出山。
川苔山。
鷹ノ巣山。
御前山。
棒の嶺。
高水三山。
大寺山。
倉戸山。
本仁田山。
高尾山(高尾~陣馬)。
陣馬山。
日和田山。
天上山。

◎その他の山◎
竜ヶ岳。
鍋割山。
北横岳。
妙義山(相馬岳)。
金時山。
蝶ヶ岳。
天狗岳。
権現岳。


★…登った回数。

行った山はほとんど載せているので
気になった山は
ブログ内検索してみてください♪♪






「Outdoor monkey」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Amazon.co.jpロゴ



ピクスタ始めました♪♪

15461792

(c)らむ子 写真素材 PIXTAー

QRコード

↓ケータイからはこちら♪↓

QR

いらっしゃ~い♪

あなたは

人目のお客様です♪♪

ブログランキング

ランキング参加しています♪

投票してください(^^)♪

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

『Outdoor monkey』

お山メインなアウトドアブログです(^^)♪自分が振り返りで見る山行記録として始めました。2011年4月の両神山で百名山デビュー♪ 単独でちゃちゃっと歩いたり、のんびり歩いたりなのでコースタイムは目安程度に♪♪文章力ないので写真を楽しんで欲しいところですがそれも初心者なのであしからず。。。里山からアルプスまで本気で遊びます♪♪ 右膝に爆弾(半月板除去)抱えてます…

2014.1.25 御岳山&大岳山

登山を最近始めた友だちを連れて、
またまた奥多摩エリアへ行ってきました!!

場所は、入門者でも行ける御前山から、更に足を伸ばして大岳山♪♪

今回のねらいは、
・朝日を見ること(ナイトハイク)。
・富士山を見ること。
・冬の山(寒さ、雪、凍結等)を知ること。

この友だちは、富士山に登ることを一つの目標にしており、
今回は暗い中を歩くナイトハイクを経験し、富士山を眺めることで夢を膨らませてもらいたいと思います(笑)
そして、一人で山登りもしたいということなので、一人の時も困らないよう、冬の山を知ってもらいたいと思います。


天気:晴れのち曇り
メンバー:らむ子 チャーリー(高校時代からのあだ名ww)
コース:滝本p(ケーブルカー下)→御岳山→ロックガーデン→芥場峠→大岳山→
    →芥場峠→鍋割山→御岳山→御岳山駅(ケーブルカー山頂駅)




まだまだ暗いうちに御岳山ケーブルカー下の駐車場を出発。(5:25)
この時間、ケーブル乗り場の駐車場は空いていませんが、民家がやっている駐車場は空いています。

「冬の山は低い場所でも寒いぞー」なんて脅かしていたものの、ケーブル下ですでに道路わきには雪がありますが、この日は日中気温15℃と暖かい予報で、風もなくそこまで寒くありませんでした。
しかも、チャーリーは体が暖かい体質で汗もあまりかかないらしく、
汗冷えをすることもなく常に体がポカポカ。
俺なんて、蒸れるわ、群れた汗が冷えるわで常に末端はヒエヒエなのに。
うらやましい…。


駐車場から御岳山までは舗装されている林道をクネクネと登っていきます。
関係者の車両専用の道路ですが、歩くのはOKです♪♪
しかし、街灯はないのでライト必須。

御岳山は上に民宿やお土産屋さんがある観光地ですが、実は集落にもなっているんです。
山の上の暮らし、憧れるなー!!

風が無かったので体はすぐに暑くなり、汗をかきながら黙々と登り、ケーブルカー山頂駅(御岳平)到着。(6:20)
IMG_5727.jpgここからも夜景が見え、日の出が見られるのですが日の出山がちょっと邪魔。

もうちょっと高いところの方が視界が開けるだろうと御岳神社へ。(6:40)
IMG_5728.jpgこの日の日の出時間は6:48.
ギリギリ間に合いました!!

明るくなってきた空に浮かぶスカイツリー。
IMG_5730.jpg爪楊枝みたい。
日の出山の向こうに見えます。

ご来光。
IMG_5731.jpg

ここの狛犬はなかなかのイケメン。
IMG_5732.jpg

山で見る日の出に感激!!
IMG_5733.jpg

ここは、元旦は御来光のためケーブルカーが運行するのでかなり賑わうみたいですがもちろんこの日はだーれもいない。
人混みで見るより初日の出より静けさに包まれた日の出の方が神々しく感じますね。


一つ目の狙いを達成し、大岳山へ向かいます!!

天狗岩。(7:30)
IMG_5734.jpg

ロックガーデンに降りていく道には、所々雪がありました。
IMG_5735.jpg

ロックガーデン。
IMG_5736.jpgここはひんやりとした風が通ります。

綾広の滝。(7:55)
IMG_5737.jpg
端っこがちょっぴり凍っていました。
IMG_5738_20140126171604dd1.jpg


綾広の滝からの急な登りは凍結していたのでアイゼン装着。
チャーリー初アイゼン!!慎重にゆっくりと登っていきます。

ここを登るとすぐに雪がなくなり、アイゼン外し、
ちょっと歩くとまた雪。
IMG_5739.jpg初心者さんは特に、めんどくさがらずスグにつけましょう。
アイゼン付けない雪道はもちろん危険ですが、アイゼンをつけて、雪のない登山道を歩くのは慣れていないとつまずいたりして意外と危ないんです。
IMG_5740.jpg


芥場峠。(8:30)
IMG_5741.jpg

途中から葉の落ちた木の隙間から東京の景色が。
IMG_5742.jpg東京は狭いなー。飛んで行けそう。

朝日の時は何とか晴れていましたが、徐々に空が薄暗くなってきました。
IMG_5743.jpgたまに日差しは出るんだけどなー。


芥場峠~大岳山は露岩の多い斜面をトラバースしながら進む箇所が出てきます。
この時期は特に滑落注意ポイントです。
何度かアイゼンをつけたり外したりしながら進みます。


大岳神社。(9:10)
IMG_5744.jpg

この先の山頂直下は岩場を登っていきます。
ここを一番心配していましたが、この岩場にはほぼ雪がなく良かった。

大岳山山頂一番乗り!!(9:25)
IMG_5745.jpg無駄にでかいザックに無駄な荷物ww
最初ってつい、デカザックが欲しくなってしまうんですよね。
それで沢山荷物を持ってきてしまう。僕も同じですが(^_^;)
チャーリーは今回の登山で荷物の重たさによる辛さを知り、一回り小さなザックが欲しくなったようです

曇って来たので二つ目の目標を心配していましたが見れた!!
IMG_5746.jpg曇り空でも存在感バツグン!!

富士山を見ながらの食事は最高!!
IMG_5747.jpg今回は風もなく、のんびーりできます♪♪


山頂に一番乗りし、そのあと何人もの人が登ってきましたが僕らが下山するときには誰もいない。
IMG_5748.jpg山頂でゆっくりできるのはぜいたくすぎますね。

10:45に下山開始。

慎重に下ります。
IMG_5749.jpg

大岳神社の狛犬はユルユルな感じが好き♪
IMG_5750.jpgおじゃる丸に出てくる狛犬みたい。

帰りはロックガーデンには下りず、鍋割山を経由していきます。

アイゼンをつけて下っていると途中で何人もの人に
「アイゼン必要ですか??」
と聞かれたけど、人によるから難しい質問…。
「あったほうが良い」
としか言えません(^_^;)

低山では雪の無いことも多いですが、
意外と影となる斜面には雪が残っていたり、凍結していたりすることが多いので
やっぱり初心者こそ、アイゼンもしくは山用のスパイクは必ずあったほうが良いと思います。
引き返す決断をすぐにできるならいいですが、せっかく来たのに装備不足でリタイヤは悔しいですよね。
滑りながら歩いている人も多かったです。
チャーリーも今回の山行で雪や凍結のあることを知って、アイゼンの必要性を感じていました。



鍋割山。(11:30)
IMG_5751.jpgロックガーデンの方が人気の様で、この道は静かな尾根歩きが気持ち良かった♪

鍋割山から大岳山を振り返る。
IMG_5752.jpg

御岳神社。(12:10)
IMG_5753.jpgここに登山安全のお守りがあるので購入してました♪

ケーブルカーに乗り、今回のハイキングは終了~!!
IMG_5754.jpg

暗いうちに駐車したので駐車料金はこの缶に入れて払います。
IMG_5755.jpg



今回は、冬の山とは思えない位の暖かさで寒さを体験してもらうことはできませんでしたが、
・斜面の向きによって雪の有無がこんなにも違うんだなー
・アイゼンつけると雪道での喰い付きがこんなに安心なんだなー
・雪があってもアイゼン持ってきてない人もいるんだなー(自分は気を付けよう)
等と冬の山を少しは感じてもらえたようで良かったです♪♪




登山・キャンプ ブログランキングへ

クリックでブログ応援お願いします♪♪
(1日1クリック有効です。)




このような山用のチェーンスパイクも手軽で、軽量化で有効だと思いますが、
知らないうちに外れて無くしたという事例もあるみたいです。
サイズ違い等の原因もあるのかもですが、それって怖いですね。
使ったことはないですが愛用者も多いです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/249-2295a6d3

HOME
広告:まとめ