--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.18 鷹ノ巣山。 (稲村岩尾根)

2013年10月18日 23:54

先月のの日向山に引き続き、
去年の同時期に紅葉が見られた鷹ノ巣山へ行ってきました。


(2012.10.20~21 雲取山~鷹ノ巣山縦走)
↑1年前の鷹ノ巣山です


天気:曇り
メンバー:らむ子 チャーリー
コース:東日原→稲村岩→鷹ノ巣山山頂→鷹ノ巣山避難小屋→鷹ノ巣山山頂→東日原
距離は大したことないけど斜度のきつーいコース。


東日原のパーキングに車を停めて出発♪♪
登山道までは少しだけ道路を歩きます

途中の水場で補給。
IMG_3047.jpg

この看板から民家を抜けて登山道に入ります
IMG_3048.jpg岩壁は最初のピークの稲村岩。
上はガスの中

稲村岩から稲村岩尾根への取り付きとなるのですが、この尾根はなかなかの強者
というかここまでの取り付きの登りもなかなか…。
斜度でいったら奥多摩最強クラス

まずは民家を抜けて谷に下ります。

さっそく、なんかいると、
立ち止まるとモグラ
Cafe-download-60780307022326.jpgでもなんか瀕死状態
全く動かなくて可哀想だったので踏まれないように登山道の端によけてやりました

谷に降りたら橋を渡り、
IMG_3050.jpgここから登ります

前半は沢沿いを登るきもちいー登山道
素敵なゴルジュもあるんです

しばらく沢沿いを歩き、稲村岩尾根へ向かい急登をガツンと登ります


汗だくで稲村岩尾根取り付き。(7:50)
IMG_3051.jpg稲村岩との鞍部になってます。

ここから岩稜チックな痩せ尾根をちょこっと進むと稲村岩のピーク
IMG_3052.jpgピークとったどー
まだまだここからが勝負ですが

稲村岩から見た日原集落。IMG_3053.jpg駐車場は一番白く見える道の右の四角いとこ

鞍部に戻って稲村岩尾根を登ります

急な登りに汗が噴き出ますが
尾根上はひんやりとした風が吹き、足を止めるととても涼しいです
止まっていると寒いほど
汗っかきはこれがイヤ…。

風が吹きやすいということは、、、台風の時もかなりの風が吹くようで、
先日の台風の影響による倒木が、あちらこちらでありました
IMG_3054.jpg大小さまざまな倒木が登山道をふさいでしまっている箇所が多くあり、通過するのに登山道を一度離れて回る必要があったりするのでそのまま登山道を離れないように注意です。
また、枝付き落ち葉も多くあり登山道が隠れていますのでルートファインディングを誤らないように
これから、ますます落葉が多くなったり、積雪が多くなると奥多摩のような森の登山道は、
道があるようで無いような状態になるので怖いんですよね

稲村岩尾根お馴染みの??大木(9:05)
IMG_3055.jpg妖精がいるはず

稲村岩尾根は所々に紅葉している気がありますがそれも先端だけ
んー。。。残念

台風の爪痕。
IMG_3056.jpgなんだかすごいっすよ

急な登りをガツンと登った後半で緩やかな場所があり、
そこが、ヒルメシクイノタワ。(9:30)
IMG_3057.jpgここから最後の急坂をガツンと登ると山頂です

山頂付近で見つけた生き残りのアザミ。
IMG_3059.jpg

鷹ノ巣山山頂。(9:55)
IMG_3060.jpgガスガスの展望ゼロゼロのサムサムなので即避難小屋へ

石尾根を下り避難小屋へ向かう途中にもぽっきり
IMG_3061.jpg

鷹ノ巣山避難小屋。(10:15)
IMG_3062.jpg奥多摩の避難小屋って綺麗なところ多いですね


石尾根上は紅葉の木がボチボチと
IMG_3063.jpg

やっぱり猛暑で葉が痛んでる(>_<)


日が出ていないこともあって寒い
外気温は8℃でした

寒いので中で休憩します
IMG_3064.jpgインスタントラーメンにコーヒー。
最高の時間です

ゆっくーり休んで下山開始です(11:40)
IMG_3065.jpgここの外も素敵なんですよねー
確か南アルプスが見えたはず

歩き始めはめっちゃ寒いけどすぐにポカポカ

サンチョー。(12:00)
IMG_3066.jpg

ここからは来た道(稲村岩尾根)を下ります。

初心者グループとすれ違いましたがちょっとこの台風後の状態では
キビシイ部分もあるかなーと思いました
場所を選ぶのも、もちろんですが最近の天気を考慮したりすることも大切ですね
直前に情報収集することが大切ですね。

稲村岩分岐。(14:00)
IMG_3067.jpg
相方はここまでの下りでヘトヘト気味

分岐からもうチョイ急坂を下ると沢に
IMG_3068.jpg登りはサクサク歩いたので下りの楽しみにしてました
ちなみに下りで一個目のこの橋は渡りません。
今は使われていないワサビ田へ行くための作業道のようです

相方のペースに合わせると写真撮影にちょうどいい
ねらいどうりww(シドイ…。)

大迫力なゴルジュ風な岩壁に沢の流れ
IMG_3039.jpg

沢はやっぱり下から見ないとね
IMG_3069.jpg
何度も上流を見返しちゃいます。
IMG_3070.jpg
水の流れは癒されますね


ガスガスで展望は残念でしたが後半の沢に癒された登山でした(14:45)
IMG_3071.jpg

日原の交番のおまわりさんに
山の台風被害について聞かれたので
倒木の件を伝えると数年後のキノコ狩りを楽しみにしてました



アウトドア ブログランキングへ
↑クリックでブログ応援お願いします
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/241-d305fa57
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。