--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.13~14 笠ヶ岳。 ☆百名山45座目☆ ~2日目~

2013年10月18日 23:37

«1日目はコチラ»


天気:快晴
メンバー:おひとりさま
コース:笠が岳山荘(テント泊)→(笠新道)→新穂高温泉→鍋平高原登山者用P

昨晩から風もなく、ポカポカのグッスリ
前日睡眠が30分だったこともありテントでこんなに眠れたのはグッスリでした
(メモ:、ズボン、半袖Tシャツ、ダウン上下、象足、ダウンハガー#3、ダウンハガー#5、シュラフカバー)

4:00にセットした目覚ましでスッキリと目が覚め、まずは山荘に登ってトイレへ

登るの大変ですがさすがにテン場ではだめだよなー。
と思っていたのですが、後々起きてきたキャンプ場利用者はフツーに立ちションしてた。
しかもテン場から離れるわけでもなく…。

なんかさ、
何なんだよオマエ
って感じ。
キャンプすんな、山くんな…。
許せない。
手話で会話しているグループだったので言うのはこらえたけど朝から気分悪いわ…。
山来ると高い確率でマナー悪い奴に出会う。
タバコポイ捨てする人。ベンチに靴のまま立ち上がって写真撮ってる人…。
どんなに感動的な景色がそこにあってもそうゆうの見ると感動も薄れる。
そうゆう人たちは気持ちの良い空気においしい水、綺麗な景色を見てどう思っているんだろうか??


話が脱線しそうなので戻ります…。


トイレ後はテン場に戻り、昨晩サーモスに入れたお湯で
インスタントのお粥と味噌汁を作り朝ごはん
IMG_2919_201310182329157bd.jpgタイのお土産です
今回タイのものばっかですがタイ人ってわけでは無いですよ

朝日が出る前にテントを撤収し、下山開始(5:40)
IMG_2921_2013101823291654f.jpgどこから日の出が出るかな

抜戸岩を過ぎて笠が岳を振り返る。(6:00)
IMG_2923_20131018232920da9.jpg昨日夕日を見たのは笠が岳の右にあるピークです。

日の出出ました
IMG_2925_201310182329210fc.jpgキレットからです
これまた感動的
IMG_2926_20131018232948cf0.jpg渋滞を少しでも避けるために急いで下山するつもりでしたが足が止まる
IMG_2927_201310182329503e9.jpg
笠ヶ岳へ続く稜線も赤く染まります!!
IMG_2928_20131018232952521.jpg枯れた草がこれまた綺麗。

双六岳(抜戸岳)方面と笠新道方面への分岐。(6:40)
IMG_2929.jpgすぐそこの抜戸岳までは行こうと思っていたのですが、絶景に目(というか心を)奪われ時間を喰ってしまったので今回はパス山頂標識もないらしいのでまぁ良いかなーと

日が高くなりましたが逆光もまたいいんだわ
IMG_2930.jpg

稜線を乗り越え、東側斜面を下っていきます。

稜線上から笠をパチリ
IMG_2931.jpg

今年はライチョウに出会えなかったなーと思いながら
杓子平に向かい、稜線から離れていると

まさかの

IMG_2932.jpgオコジョとライチョウを諦めきれずに目を凝らしている甲斐がありました
ちょーっと遠いですが、ザックを下ろして歩き出すのを待ちます

上手く同化していますね
IMG_2933.jpg

そして登山道に出てきてくれましたよ
IMG_2935.jpg顔がブレちゃいましたが足と胸の冬毛が良く見える

「コンニチハー」
IMG_2934.jpgと出てきてくれたものの、
サービスタイムはあっという間でIMG_2936.jpg「サヨナラー」といってしまいました

下山する前から何回満足感を味わわせてくれるんだー
笠が岳最高じゃないか


杓子平あたりから笠が岳の山容が美しい
IMG_2937.jpg

杓子平の標識。(7:40)
IMG_2938.jpgここから尾根を乗り越えて笠新道を下るので笠が岳が見られるのはここが最後

しっかりと見納めします
IMG_2939.jpg長くて平らな稜線が美しい
この稜線に登り詰めるまでが大変ですが

尾根を乗り越えると槍穂連峰が目の前
IMG_2940.jpg贅沢だ

笠新道は急ですが、ジグザクになっているので歩きやすいです
IMG_2941.jpg笹原の中に岩の多い登山道。足場は注意です。

小さなハシゴ階段もいくつかありました。
IMG_2942.jpg

左俣谷の沢の音が聞こえるようになりますがなかなか近づかない
笠新道の後半、樹林に入ってからはメンタル的に大分辛くなってきました
笠新道は紅葉もほぼなく単調…
槍穂の景色も徐々に見えなくなる

左俣林道。(9:40)
IMG_2943.jpgここからは林道歩きです
途中で沢に降りて沢水飲みながら大休止

林道周辺は時々紅葉あり
IMG_2944.jpg

ゲート到着(10:30)
IMG_2945.jpg

新穂高ロープウェイ。
IMG_2947.jpgここでもザックを降ろし、お土産見たり大休止

ここでお疲れ様―
という気分なのですが、今回の駐車場は鍋平高原…。

バス停「新穂高温泉」から再び登山道を登ります
IMG_2948.jpg下山後の登りここが一番しんどかった

急登を登り、緩やかなトレッキングコースに突き当ったら右へ

鍋平高原の有料Pを抜け、しばらく歩くと
登山者用のPに到着(11:10)
IMG_2949.jpg

ちゃちゃっと身支度整え、渋滞という山場に再びクライムオン

北アルプス大橋にて笠が岳にさようなら~
IMG_2950.jpg

登山記念バッジ。
IMG_2951.jpg笠が岳山荘にて購入。


沢山寝たおかげで帰りの大渋滞も6時間車に乗りっぱなしでしたが眠くならずに帰れました
ただひたすらに退屈だった…。

だけど、今回の山旅は二日間とも最高の天気で、心配していた強風もまーったく無く、大満足!!
今年は夏山全然楽しめなかった…。
と未練タラタラでしたがそんな憂鬱感この二日間で一気に吹っ飛びました



登山・キャンプ ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/240-db1da69c
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。