--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.5.17 富士山。 (須走口)

2013年05月23日 22:56

«2012.11.4 富士山(須走口)» ←前回の雪山富士山です(雪山シーズン1発目)

下界では暑い日が多くなり、
そろそろ雪山おさめだな~ッ 
ということで富士山へ行ってきました


天気:晴れ
メンバー:単独
コース:須走口ピストン(ブル道から入山)


今回もいつものごとく当日の夜にパッキングで1時間しか寝れず。。。
寝不足による高山病が心配

午前中風が強い予報もあったのでスノーボードに挑戦するかどうかでかなり悩みましたが、
それは5合目で判断してもよいのでとりあえず車に積み込みます
ブーツは、滑りメインで考えたらボード用ブーツが良いのでブーツも担ごうかとも思いましたが、
あくまで今回は歩きメイン(滑りはお試しのお遊び)のためブーツは持っていかず、
何度か滑り試している登山靴(スカルパ トリオレ)でやるつもりです。

仮眠後、2時に起きて4時頃に須走口5合目Pに到着です

滑りメインだと、雪が緩んで滑りやすくなるのを狙ってもっと遅出でもいいのですがお鉢巡り狙いのあくまで歩きメインなので早めに登り始めます

日の出はもうすぐ
IMG_6286.jpgここで迎えるご来光大好きです
IMG_6287.jpgご来光の写真を撮りに車の外に出るとやや風が。。。
これは上はもっと強いなー。と思いつつ、
最悪「森林限界にデポ」するつもりでボードを担いで行ってみることに

十分明るくなってしまいましたが、くらいむおん(5:00)
IMG_6288.jpg今回は第三駐車場の奥にある「まぼろしの滝」への登山口から入山してみましたここからすぐ右のブル道に沿って登る予定だったのですが、まぼろしの滝方面の登山道に進んでしまいタイムロス

歩くにつれて雪が出てきました
IMG_6289.jpg
このあたりの雪はおそらく前日の夕方から夜にかけて降雪したもの
IMG_6290.jpg徐々に雪が増えてきます
IMG_6291.jpg新雪の下にアイスバーン状の雪が出てきたので即アイゼン装着

樹林を抜けるに連れて後方の景色が開けてきます
IMG_6292.jpgちょっとした雲海が綺麗ですが、この雲海がどっちに進んでいるか。。。どの程度の速さで動いているか。。。をよく観察しながら進みます

しばらく歩くとモフモフのパウダー
IMG_6293.jpg 5月中旬にこの雪に出会えるとは
わざと蹴っ飛ばしながら歩きます

樹林を抜けるとやっぱり風が強いです
IMG_6295.jpg

雪の芸術。
IMG_6296.jpg積もった雪が吹き下ろしの風で岩の陰以外吹き飛ばされた感じ?

山頂方面をズームしてみるとこの風
IMG_6298.jpg確実にボードはどこかでデポですね

吹き下ろしの風



本六合目の瀬戸館。(現時点:7:10)
IMG_6299.jpg思いのほかペース上がらん

ボードが重い?ボードが風うける??
勘違い勘違い!!寝不足寝不足!!
と気持ちを高めます
(もちろん無理しない程度に。。。)

登山道外れた直登コースで止まりたくないけど、
ちょいギブ(笑)
IMG_6301.jpgピッケルでザックを支えておきます
衣類調整も大変です。

登るにつれてますます風は強くなっていき、吹き下ろしの風が来るたびに耐風姿勢を取りながら進んでいきます

振り返ると少しずつ雲海が近づいてきている。。。

ブル道から、登りながら右手(北側)に進むと砂走りコース(下山道)に出ます
IMG_6300.jpgブルドーザー道、砂走り、登山道は平行して七合目まで続いています

このあたりのガイドロープにボードをデポしようと思ったのですが、
ガイドロープはちょくちょく出ているのですぐに登山道か砂走りコースに避難できるように様子見ながら
登山道と砂走りコースの間を直登で進むことに

雪深いところもあり、
所々で膝下まで踏み抜きます

七合目(太陽館)・ブル道・砂走りの分岐の辺り
IMG_6303.jpg平らになっているので休みやすいです。

七合目(太陽館)。(8:15)
IMG_6304.jpg雪に埋まっています

この辺りから3000mを超します
(七合目が2920m・本七合目が3140m)

本七合目(見晴館)。(9:15)
IMG_6305.jpgなかなかエンジン掛からずペースがつかめない。。。

小屋の北側に回ると河口湖
IMG_6306.jpg

休みつつ、時間と相談しながらこれからの行動計画をします
まず、ボードはここにデポ。
とりあえず山頂を目指し、風などの状況によってお鉢巡りは判断。
本七合目(見晴館)に戻り、昼食休憩をして滑って下山。


IMG_6307.jpgゆーっくり休み、ボードをデポして出発です

本八合目。(10:30)
IMG_6308.jpg登山道を右手に見ながら直登します
この時期しか味わえない登り方です
(天候などによっては落石、落氷のリスクもありますし、滑落のリスクも大きくなると思います。)

この斜面を淡々と登るのはつらいですが気持ちいいです
IMG_6309.jpg

近いようで果てしなく遠い山頂。。。
IMG_6310.jpg空気が薄いこともあって息が上がります

八ヶ岳と北ア。
IMG_6311.jpg

九合目。(11:20)
IMG_6313.jpg雲がモクモク。。。

まだこの時期にシュカブラに出会えるとは思いませんでした
IMG_6314.jpg

9合目辺りから特に強い風が吹き荒れます
IMG_6315.jpg雪や氷の粒が顔に吹き付け、痛いです
バラクラバがあって良かった

気温は5℃くらいですが体感温度はかなり低い

山頂直下は岩が出ている場所が多かったです。
IMG_6316.jpg溶けてきて風が強いと落石が多くなるのかな

久須志神社(須走・吉田ルート山頂)到着~(11:50)
IMG_6317.jpg一年前の富士山はこの鳥居が殆どすべて埋まっていましたが今年は雪が少ないです

山頂はかなりの強風
IMG_6318.jpg気を付けピッはできない

風の音が響きわたるだけで無人で静かな山頂です
IMG_6319.jpg富士山5回目にして山頂神社や山小屋が空いてるの見たことないです
今年はだれか連れてきてみたい

火口。
IMG_6320.jpg


小屋の裏に回ってこれ見ただけで下山しました
大日岳も登らず。。。

下山開始。(12:10)
IMG_6321.jpg

多くのスキーヤー、ボーダーにすれ違いました

今回はブルーアイスになっているような場所はなく、スタスタと、なおかつ慎重に下っていき、
ボードをデポした本七合目(見晴館)に到着。(12:40)
IMG_6322.jpg登ってきたときよりもだいぶ風が穏やかになり、暖かいです

ここでお昼休憩です
IMG_6323.jpgサーモスに入れてきたお湯でカップ麺とおにぎり
鮭とば食べたり、チョコ食べたり、エネルギーをたっぷりチャージ


滑走開始(13:10)
IMG_6324.jpgシャーベット状の雪になっているかと思いきや、思ったよりも気温が上がらず、クラストしている場所や、クラストの上にパウダーが乗っていたり、凸凹した雪面だったり、わかっちゃいたけど天然の雪は難しい
おっかなビックリしながら滑ってきました
上手くターンできないことも多くありましたがやっぱり楽しいです

森林限界に近づくにつれて辺りはガスガスに。。。
雪も少なく、雪の上に砂利が多くなってきたのでボードを外して30分程歩いて下山完了(14:00)
IMG_6325.jpgまだまだ全然滑れませんが、比較的安全な時期にまた天然のゲレンデ滑りたいです
だけど、ボードのソールが傷だらけ。。。
想像してたけど

最後にちらっと姿を見せた富士山
IMG_6326.jpg

やっぱり、滑りをメインで考えたら遅出が良いのかもしれませんが
初心者のうちは時間に余裕のあるように早出して、それでも無理ないくらいの標高で
無理なく楽しみたいなーと思います
また機会があれば。。。



登山・キャンプ ブログランキングへ

クリックで投票お願いします




あってよかったバラクラバ
風が強いと体感温度はまだ寒い
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/225-69c041ec
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。