--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.5.4~5 鳳凰三山。 (2日目) ☆百名山41座目☆

2013年05月06日 23:11

1日目はこちら~


天気:快晴
コース:南御室小屋(テン泊)→薬師岳→観音岳→地蔵岳→南御室小屋(テント撤収)→夜叉神峠登山口



夜中は風が強くなることなく、寒さを感じずゆっくりと休むことができました
気温が低くても、風が無いって素晴らしいですね~
テントが3シーズン用のため身に着けるものを暖かくしているのですが、
着ていたダウンの上下が暑く感じるほどでした

3時過ぎに起床し、お湯を沸かし、朝ごはんの芋羊羹を食べて出発です(4:00)
星が綺麗でほぼ無風です
お目当てのご来光に期待大です

出発してすぐの樹林の急登を登ると暑くなるほど
森林限界を抜けて、吹いてくる風が気持ちいいくらいです

砂払岳に登ると空はうっすらと明るくなってきました
IMG_6107.jpg防寒対策をしっかり行い、日の出を待ちます。

奥秩父方面が明るくなってきました
IMG_6110.jpg
奥秩父の山並みから御来光。
IMG_6111.jpg

IMG_6112_20130506225110.jpg
最高です
IMG_6113_20130506225113.jpg
日が徐々に上がってきて、太陽に背を向けると、
モルゲンロートに染まる白峰三山どーん
IMG_6114_20130506225117.jpg実際はもっとすごくきれいだったんだけどなー
帰って写真見てがっくり

日の出ショーを十分堪能して、お向かいの薬師岳に向かいます


一度下り、薬師岳小屋。
IMG_6115_20130506225125.jpg

富士山も明るくになるにつれて徐々に浮かびあっがて来ました。
IMG_6116.jpg

薬師岳山頂(5:20)
IMG_6117_20130506225229.jpg砂浜の広々とした山頂です

薬師岳から観音岳まではなだらかで気持ちの良い縦走路
IMG_6118_20130506225236.jpg真っ白な雪稜にはちょっと遅かったー

八ヶ岳。
IMG_6119_20130506225243.jpg徐々に霞が取れてきました

オレンジの陽射しがだんだんまぶしくなってきます
IMG_6120.jpg

観音岳山頂。(5:50)
鳳凰三山の最高峰ですが写真忘れました
大きな岩の山頂です

観音岳から富士山。
IMG_6122_20130506225342.jpg薬師岳越しに

仙丈ケ岳。
IMG_6123_20130506225347.jpg
甲斐駒ケ岳。
IMG_6124.jpg

観音岳、最高の展望です





観音岳からはアップダウンの激しい縦走路です
雪のついた急斜面を下るところもあるので軽アイゼン装備の人は観音岳までで折り返す人が多かったようです

西側は絶壁なので高度感が抜群です
軽アイゼンでもしコケたら。。。
と考えると恐ろしいのでやっぱり雪山装備がお勧めです。

進むにつれて鳳凰三山の象徴オベリスクが近づいてきますが下ってまた登るのか―
観音岳で折り返したくなる気持ちがわかります
IMG_6126.jpg

奇石の多い砂の稜線が気持ちいいです
IMG_6127_20130506225520.jpg手みたいな岩

陽射しも暖かく、シャツ一枚で袖まくり

奇石と砂の稜線を登っていくとオベリスクどーん
IMG_6128_20130506225526.jpg
近づいてきましたッ

父親を望遠レンズで
IMG_6129.jpg

赤抜沢ノ頭。(7:00)
ここから早川尾根で甲斐駒まで歩いてみたいです
IMG_6130_20130506225543.jpg

賽ノ河原。
IMG_6131.jpg赤抜沢ノ頭とオベリスクとのコルです
ここに地蔵岳の標識ありましたー

賽ノ河原から甲斐駒~
IMG_6132_20130506225633.jpg甲斐駒のピラミッド型大好き

ちょこっとオベリスク登ってみました
IMG_6133_20130506225643.jpg

オベリスク山頂直下から赤抜沢ノ頭越しの白峰三山。
IMG_6134.jpg

山頂直下の岩まで行ったのですが、ザイルが岩のクラックに挟まり、手のかけばがないので断念。。。
無理したら行けそうだけどー、無理はしないッ
手がかじかんでますしね
IMG_6135_20130506225656.jpg


東側斜面はしっかりと雪が付いていたので雪の上を歩いて、
赤抜沢ノ頭はトラバースして巻きます
もちろん、夏道外れるのは雪があるときだけです

登山道の急登。
IMG_6136_20130506225706.jpg前爪のあるアイゼンが安心です。

ダケカンバの多い東側斜面。
IMG_6137_20130506225839.jpg白骨のようです
オベリスクが美しく、何度も振り返り写真を撮りながら歩いてしまいます

アップダウンのある尾根を歩き、観音岳まで戻ると朝は見えなかった北アが

甲斐駒の黒戸尾根越しに槍穂連峰見えました
IMG_6139_20130506225843.jpg

乗鞍岳。
IMG_6140_20130506225847.jpg

空木岳。
IMG_6141_20130506225852.jpg

御嶽山。
IMG_6142_20130506225858.jpg

景色も天気も最高です
IMG_6143.jpg

白峰三山方面にちょっと雲が出てきました
IMG_6144_20130506230042.jpgそれもまた良い

薬師岳小屋。(9:30)
IMG_6145.jpgここのお兄さん、明るくてとってもいい雰囲気の方でした

南御室小屋。(10:20)
IMG_6146_20130506230058.jpg大分テントは減っていました
やっぱり薬師岳か観音岳までの人が多かったのかなー
雪のない地面に張らなかったのでテントは乾きました

カップラーメンを食べてのんびりしているとホシガラスが
IMG_6147_20130506230105.jpg久しぶりに見ましたー

ゆっくり休んだ後、テントの撤収です

ザック重ーい
ここから下山までが一番の山場になりそうです


アイゼンを装着し、重たいザックを担いで下山開始。(12:15)
IMG_6148_20130506230348.jpg

苺平までは緩やかな雪の森を登っていきます
IMG_6149_20130506230354.jpg緩やかでも、重い荷物を背負っての荷物シンドイ。。。


苺平から山火事跡周辺の開けた場所まで下ると雪が少なくなるのでアイゼン外して歩きます。
雪道は雪面が良いクッションになって関節の負担が少ないですが、雪道を抜けると一歩一歩の負担が大きくなります

朝登った時は薄暗かったシラビソ林。
IMG_6150.jpg今は明るく良い雰囲気です

杖立峠の標識。(13:40)
IMG_6151.jpg


夜叉神峠に近づくにつれてスミレが現れはじめました。
IMG_6152.jpg

カラマツ林からブナなどの広葉樹になると夜叉神峠はすぐそこ

夜叉神峠。(14:40)
IMG_6153.jpgここでたっぷり休憩です

最後の白峰三山
IMG_6154.jpg空が綺麗

ここまで登ってくるハイキングの方も多くいました
IMG_6155.jpg沢山の人が山を楽しむのは良いけど、マナーや自然を大切にする気持ちを持っていないのは嫌ですねー。
登山者として以前に人としてのマナーですね。。。

夜叉神峠からは下るにつれて花が多く咲いてきました

ミツバツツジ。
IMG_6157.jpg

ニリンソウ。
IMG_6158.jpg

下山完了~(15:50)
IMG_6159.jpgチカレタ~

やはり、重い荷物は疲れますね
良いトレーニングになりました
これで、夏のテン泊は少し楽に感じるかなー




登山・キャンプ ブログランキングへ

ブログランキング参加しています
クリックで一票お願いします




何かと便利なナルゲンボトル
夏場は水を半分凍らせて冷水を(キャップを開けて冷凍庫に)
寒い時には熱湯入れて湯たんぽに
炊飯の時は米と水を1:1チョイ入れて浸水にして持っていくとすぐに炊けます
(例えば:コメを100mlまで入れてから水を200mlまで入れると水は100mlチョイになるのでちょうどいいです)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 土木作業員 | URL | -

    いいですね~!

    充実した山行でいいですね~( 〃▽〃)
    いつも参考にさせてもらってます。写真拡大して持ってる装備品とか(*ノ▽ノ)
    今後もよろしくお願いいたします。

  2. らむ子 | URL | feqqZbOQ

    土木作業員さん。

    こちらこそいつもありがとうございます(*^^*)♪
    道具も見ていただいているのですねー(^∇^)!!
    おすすめの物は一言添えてAmazonのリンク貼ったりもしてますよ(^^)

  3. light | URL | 2Odr0/PA

    なんて素敵な^^

    山の朝・・・ 素敵ですね 私もいつか山でご来光体験したいです 

  4. らむ子 | URL | feqqZbOQ

    lightさん。

    山で見る日の出や夕日は最高ですよねー(^∇^)♪
    山に泊まる醍醐味です♪♪

  5. 土木作業員 | URL | -

    最近弾丸登山と言う表現で富士山日帰りを自粛してなどという議論がでていますね!
    環境保全の為の入山抑制ならまだしも山小屋宿泊者以外は入山させないと言うのはちょっとおかしな話で納得出来ないところです。
    経済効果に軸を置いての議論は止めて欲しいですね(TT)

  6. らむ子 | URL | -

    土木作業員さんへ

    ホントですねー。
    何を目的にやっているのかがはっきりしないですね。。。

    富士山がどんどん商品化されていく気がしてさびしいですね(>_<)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/224-da9be9f5
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。