カテゴリ
リンク
プロフィール

らむ子

Author:らむ子
◎好き◎
トーキョーバイク、GB250、釣り、登山、アウトドア、ミミズコンポスト

◎Twitter◎




◎Instagram◎


◎日本百名山◎(現在59座)  
利尻岳。
羅臼岳。
斜里岳。
阿寒岳。
大雪山。★
トムラウシ。
十勝岳。
幌尻岳。
後方羊蹄山。
岩木山。★
八甲田山。★
八幡平。
岩手山。
早池峰山。
鳥海山。
月山。
朝日岳。
蔵王山。
飯豊山。
吾妻山。
安達太良山。★
磐梯山。
会津駒ヶ岳。
魚沼駒ヶ岳。★
平ヶ岳。★
巻機山。★★
燧岳。★
至仏山。★
谷川岳。★★
苗場山。★
妙高山。
火打山。
雨飾山。
高妻山。★
男体山。★
奥白根山。★★
那須岳。★
皇海山。★
武尊山。☆★
赤城山。★
草津白根山。★
四阿山。☆★
浅間山。★
筑波山。★
丹沢山。★
両神山。★★★★★★
雲取山。★★★★★★★★★★★★★
甲武信岳。★
金峰山。★★★★
瑞牆山。★
大菩薩嶺。★
富士山。★★☆★★★★★★☆★★
天城山。★
白馬岳。★
五竜岳。★
鹿島槍ヶ岳。★
剱岳。★ 
立山。★
薬師岳。
黒部五郎岳。
黒岳。
鷲羽岳。
槍ヶ岳。★
穂高岳。★
常念岳。★
笠ヶ岳。★
焼岳。★
乗鞍岳。★
御嶽山。★
美ヶ原。★
霧ヶ峰。★★
蓼科山。★★
八ヶ岳(赤岳)。★★★★
木曾駒ヶ岳。★
空木岳。★
恵那山。★
甲斐駒ヶ岳。★★
仙丈岳。★
鳳凰三山。★
北岳。★
間ノ岳。★
塩見岳。★
悪沢岳。
赤石岳。
聖岳。
光岳。
白山。
荒島岳。
伊吹山。★
大台ヶ原山。
大峰山。
大山。
剣山。
石鎚山。
九重山。
祖母山。
阿蘇山。
霧島山。★
開聞岳。★
宮ノ浦岳。

◎東京の山◎
三頭山。
大岳山。
日の出山。
川苔山。
鷹ノ巣山。
御前山。
棒の嶺。
高水三山。
大寺山。
倉戸山。
本仁田山。
高尾山(高尾~陣馬)。
陣馬山。
日和田山。
天上山。

◎その他の山◎
竜ヶ岳。
鍋割山。
北横岳。
妙義山(相馬岳)。
金時山。
蝶ヶ岳。
天狗岳。
権現岳。


★…登った回数。

行った山はほとんど載せているので
気になった山は
ブログ内検索してみてください♪♪






「Outdoor monkey」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Amazon.co.jpロゴ



ピクスタ始めました♪♪

15461792

(c)らむ子 写真素材 PIXTAー

QRコード

↓ケータイからはこちら♪↓

QR

いらっしゃ~い♪

あなたは

人目のお客様です♪♪

ブログランキング

ランキング参加しています♪

投票してください(^^)♪

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

『Outdoor monkey』

お山メインなアウトドアブログです(^^)♪自分が振り返りで見る山行記録として始めました。2011年4月の両神山で百名山デビュー♪ 単独でちゃちゃっと歩いたり、のんびり歩いたりなのでコースタイムは目安程度に♪♪文章力ないので写真を楽しんで欲しいところですがそれも初心者なのであしからず。。。里山からアルプスまで本気で遊びます♪♪ 右膝に爆弾(半月板除去)抱えてます…

2013.5.4~5 鳳凰三山 (1日目) ☆百名山41座目☆

GW後半は残雪期にテン泊で行きたいと思っていた鳳凰三山に行ってきました
混雑は嫌いなのですがせっかくの連休なので

今回の狙いは、「モルゲンロートに染まる白根三山を見る」事です

単独予定だったのですが、寸前に父親も参加することに

天気:晴れのち曇り時々雪
メンバー:2名
コース:夜叉神峠登山口→南御室小屋(テン泊)


パッキングするのが遅くなってしまい、1時間程ベットでゴロゴロして出発
夜叉神Pに着くころには空は明るくなってました
芦安辺りから少し上はサクラや新緑が綺麗でしたが夜叉神Pはまだ春になりかけです

準備を整え、くらいむおーん(5:25)
IMG_6077.jpg初めての徹夜登山デス
冬山テン泊装備&カメラ等含めて20キロ。。。
寝不足の体に堪えます

登り始めは、ニリンソウやスミレ、ハシリドコロなどの野草やミツバツツジが綺麗でしたが写真を撮る余裕は無し
20キロ背負ってしゃがんで写真撮るのは辛い。。。

夜叉神峠に近づくにつれて霜柱が
しばらく、カラマツの樹林をジグザクに登っていくと夜叉神峠に到着。(6:15)
IMG_6078.jpgとりあえずザックをドスン。。。

夜叉神峠に登りつくと一気に白根三山の展望が

白根三山どーん。
IMG_6079.jpgこれ目当てのハイキングもイイですね
かなり満足(笑)

ここから緩やかな道になると思いきや、緩やかな道をちょい進むと急登が現れます
一歩一歩が重い

奥多摩のような雰囲気のブナの森を抜け、薄暗いシラビソの林を登っていくと
杖立峠の標識。(7:20)
IMG_6080.jpg実際の峠はここから少し下った先にあります
杖立峠辺りからちょくちょく凍結&残雪あります。

進みながらも、樹林の隙間からうっすらと白根三山の景色が見えるので、今後どんな景色が見られるのかワクワク

シラビソ林を更に進み、シラビソの幼木帯を抜けると
山火事跡。(8:10)
IMG_6081.jpgここまでは殆ど薄暗い樹林帯。
重たいザックに耐えられず、この手前の薄暗いシラビソ林で休んだのですがここまで歩けば日差しが暖かくて気持ちいいです

山火事跡から、開けた明るい登山道を少し歩くとシラビソ林の登りになります。
ここから雪道になりました
IMG_6082.jpg雪質が良いのでノーアイゼンで登れました。

雪の斜面を登っていくと、苺平。(8:50)
IMG_6083.jpgこれまでは出ていたケルンのような置物がほとんど埋まっています
ここも日当たりがよく、チョイ休憩~
ザックに寄りかかって休んでいるとウトウトしてしましました

苺平からは緩やかな下りです。
30分弱下ると、南御室小屋。(9:40)
IMG_6084.jpgやっとこのザックから解放されます

とりあえずテントの受付をしましたが、前日からのテントがまだ多く残っているのでしばらく休憩。

適当な場所が空いたのでテント設営~
IMG_6085.jpg

持ち物整理。
IMG_6086.jpg昼御飯用や夜使うもの等、荷物を分けておきます。
夜ご飯用の無洗米はコッフェルに入れて浸水させておきます
いつもはナルゲンボトルに入れて浸水させておきますが、今回はナルゲンボトルを湯たんぽに使い、朝の飲み水にしたいので(浸水させておくと米のカスが出てきます)


身の回りの整理を終えて、南アルプスの天然水を汲みに行きます。
IMG_6087.jpgここは湧水が豊富で寒い時期でも水が出ていることが多いみたいです
なんと、夏場は水洗トイレ

テント場に戻り,あまりにも日差しが気持ち良いので外にテントマットを敷いてウトウト


昼食。
IMG_6088.jpgしろくまラーメンのピンクバージョンです


朝一で来て時間がたっぷりあるので、明日の朝に備えて薬師岳方面に偵察に行ってみました
苺平に戻って辻山に行ってみようとも思ったのですが雲が出てきていて展望は期待できなかったので翌日の下見出発は13:00位。

ガマの岩。(13:30)
IMG_6089.jpg

ガマの岩から富士山。
IMG_6090.jpg

北岳。
IMG_6091.jpgガスってきました。。。
そして雪がパラパラと。。。


ガマの岩辺りから低木になってきて、砂浜&巨石の多い稜線に出ます。


森林限界を抜けるとほぼ雪は無し。
砂浜が出ています

森林限界を抜けてすぐにあるのが砂払岳です
下見はここまで(13:50)

砂払岳直下にあるのが薬師岳小屋です。
IMG_6092.jpgその向こうの岩峰が薬師岳
砂払岳からは見る薬師岳やお向かいの北岳はかっこよく、展望も開けているのでここで朝日を迎えることに決定

帰宅。(14:30)
IMG_6093.jpg眠たくて仕方ないので昼寝します

17:00までぐっすり。。。

起きたら夕食
IMG_6094.jpg始めにご飯を炊きます
缶詰を重りにすることで、同時に缶詰を温めます

炊けたご飯は蓋をしたまま蒸らしておき、その間に焼き鳥缶で親子丼を作ります
IMG_6096.jpg

炊けたご飯を器によそい、
IMG_6095.jpg

親子丼完成―
IMG_6098.jpgまったーり時間です
IMG_6100.jpg

夕方になってきましたがドンヨリ雲が行ったり来たり。。。
IMG_6101.jpg

IMG_6102.jpg明日の朝の天気が不安ですが体力回復のために就寝

気温は低いものの、風がなくてシュラフに入ると暖かいです


あちこちでいびきがうるさいのは仕方ないとして、
21:00頃までラジオを流しているやつがいるし。。。
だから混雑は嫌なんですよね
イヤホンにしてよ
結局、掛けっ放しで寝てしまったようでおばさんに怒鳴られていたようです。。。


たまに雪がパラパラとテントに当たって音を立てますが空を見ると雲の合間から星空が見えます

何度か起きるたびに外を見ましたが、23:00頃には満天の星空が
IMG_6103.jpg
明日の朝はご来光&モルゲンロートが期待できそうです
IMG_6104.jpg

体はポカポカしていますが、
星空観察を雪の上でしていたらつま先が冷えてしまったので
ジャケットを足に被せてぐっすり。。。
IMG_6105.jpg結局、ナルゲンボトルの湯たんぽは使わずにぐっすりでした



~2日目に続く~





GWをきっかけにあちこちの山小屋で営業が開始され、
この時期から冬山はお休みしていた登山家もお山に繰り出す方が多くなると思います。

いくら春山といっても高山では寒暖差かかなりあり、まだまだ冬山装備が必要です。
今回テン泊した南御室小屋ではGW前半に、テン泊客が低体温症でヘリで搬送されたらしいです。

今回の登山ではフルアイゼン&ピッケル装備の登山者と、軽アイゼンの残雪期ハイキング装備の人が半々だったように思います。自分なりにでも危険を想定して歩くコースや目的の場所を考え、予定変更等の対策をしているのであれば残雪期装備でもいいと思いますが、山の事故は無計画な事故や力量、装備不足の事故も多いので十分な装備で安全に楽しみたいですね(不可抗力の事故も多いですが)
今回、軽装備の人は三山縦走せずに南御室から薬師岳のピストンの人が多かったようです
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

from
このコメントは管理人のみ閲覧できます

土木作業員さん。

from らむ子
ブログ訪問&コメントありがとうございます(^◇^)♪

更新に時間かかりそうですが待っていてください(^^)!!

お互いに単独が多かったのですが最近は良く一緒に登っています♪
交通費も高いのでたすかりますね♪(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/223-f40b3898

HOME
広告:まとめ