--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.3.26 雲取山(小袖乗越ピストン)

2013年03月26日 22:48

平日休みの前日、冷たい雨が降ったので、「お山は雪か!?」
と言うことで、東京で一番の標高の雲取山へ行ってきました
登りはスピーディーで帰りはのんびーりと

<前回の雲取山(2013.2.12~13)>

天気:晴れのち曇り
メンバー:単独
コース:小袖乗越→雲取山→七つ石山→小袖乗越

奥集落から鷹ノ巣&雲取山に登りたかったのですが、
夜中のパッキングで寝るのが遅くなり寝坊。。。
久しぶりに、小袖から(鴨沢ルート)登りました

最近、寝坊が多いんです(+o+)
疲れなのか年なのか。。。

眠たい目こすりながら車に乗り込み出発し、
新青梅街道に出ると白いお山がどーんっと見えてテンションアップ
1000m以上は積雪ある感じ

しかし、小袖乗越に着いたときは日は高くなり。。。
IMG_4931.jpgどんどん雪溶けているだろうなぁと思いながら急いでくらいむおん(8:05)

始めのうちは殆ど雪ないですが、木陰に薄っすらと面影あり。
一つ目の水場付近はこんな感じ。(標高1150m)
IMG_4932.jpg溶けてますねー

しばらく歩くと霧氷が
IMG_4933.jpg

雪も少しづつ増えていきます
IMG_4934.jpg所々地面が凍っているところもあるので注意です。

堂所(ドウドコロ)。(9:00)
IMG_4935.jpg
ドウドコロのすぐ先にあるこの場所が好き
IMG_4936.jpg

変わった積もり方
IMG_4937.jpgというか溶け方??
石がゴロゴロあるのかと思ったら地面は平らな土でした

マムシ岩。(9:15)
IMG_4938.jpg

マムシ岩を過ぎた辺りから富士山がちょくちょく
IMG_4939.jpgまだ葉がないので良く見えます

登りは、「雪が溶けないうちに!!」と急ぎ目で山頂に向かいます。
七つ石山はスルーして巻道でブナ坂へ

橋を渡ります
IMG_4940.jpgこうゆう雪ならいいけど、凍結すると怖い箇所です。
不安のある方は迷わずアイゼンを
木道を傷つけることになりますが安全には変えられません

日向では、ほぼ雪がないところが多いですが日陰の巻道はもっさりと
IMG_4941.jpg気温もだいぶ変わります

ブナ坂。(9:50)
IMG_4942.jpgここも好きな場所です
ここからが大好きな石尾根歩き

毎度お決まり“おばけの木”
IMG_4943.jpg

石尾根からは南アも富士山もどーんっと見えます
白峰三山。
IMG_4944.jpg白峰三山の右手前が鳳凰三山。

赤石岳、悪沢岳。
IMG_4945.jpg

全く雲がないのがチョーキモチーですッ
IMG_4947.jpg雪解けで登山道がぐっちゃりなのが残念ですが。。。

ヘリポートから雲取山を望む。
IMG_4948.jpgヨモギノ頭(左)と小雲取山(右)に挟まれて奥に見えるのが雲取山。

奥多摩小屋。(10:20)
IMG_4949.jpg手前の岩の左側が前回テントを張った場所

奥多摩小屋で休憩していたおじさんと立ち話
鷹ノ巣山避難小屋に泊まった方で、朝はやっぱり一面真っ白だったと教えてくれました
やっぱり、日が昇ると溶けてしまうので春の雪を楽しむには朝一で登らないとダメですね

奥多摩小屋を過ぎ、すぐの急登を登るとヨモギノ頭。
次の急登を登ると
小雲取山。(10:40)
IMG_4950.jpg

そして、ラストにあの坂をのぼりつめて雲取山に登頂です
IMG_4951.jpgここからの写真が好き。

雲取山山頂。(10:55)
IMG_4952.jpg山梨県側標識。

小袖からここまで2時間50分で登れました
山と高原地図のコースタイム2時間縮めた
多分、自己最速でビックリ
急ぎ足で登ったけどこんなに早く歩けるとは思わなかったー
ライトパッキングを意識して早く歩いたらもっと早く歩けるかも。。。

埼玉県側の山頂標識で喜びのポーズ(笑)
IMG_4954_20130326224306.jpg

山頂の積雪はこんな感じ。
IMG_4956_20130326224431.jpg15㎝位積もってますが、場所によっては地面が出ているところ多い。

そして、何かと話題な「雲取山三角点」付近でラーメンタイム。
IMG_4955_20130326224316.jpgビンボーハイカーの節約ポイントをご紹介
ガス代節約のために熱湯持参&ノーマルガスの500ml缶です
荷物は重くなりますが、トレーニングだと思えば大したことない
雪降ったのでノーマルガスはどうかと思いましたが、気温は10℃くらいあったので問題なしでした
久しぶりに使ったハイドレも凍らず
IMG_4957_20130326224324.jpgうまし

山頂滞在1時間程で下山開始~。(12:00)
IMG_4958_20130326224451.jpg

山頂付近は冷たい風が吹き、うっすらと霧氷残ってました
IMG_4959_20130326224459.jpg
日当たりのよい石尾根はとっても気持ちの良い道ですが、
おかげで雪は解けてぐしゃぐしゃ
ドロドロの所も多く、滑りやすいので気を付けながら歩きます。

ブナ坂。(12:35)
IMG_4960_20130326224506.jpg帰りは、お気に入りの七つ石山に寄ります
雲取山に来たときはここも外せないです

ヨモギノ頭や小雲取山、雲取山と同様に急登をジグザグに登っていきます。

七つ石山。(12:50)
IMG_4961_20130326224514.jpgさっきまであんなに晴れていたのにこの天気。。。
計画していた七つ石でのコーヒータイムはやめにしようかとも思ったのですが
せっかくなのでのんびりと休みます

七つ石山から見た三頭山と白い仏舎利塔の建つ大寺山
IMG_4963_20130326224620.jpgいつも遠くから見ていたこの仏舎利塔はとても気になっていたのですが前に登ってみたので今はスッキリ

お気に入りの景色
IMG_4964_20130326224640.jpg雲取山へつづく石尾根

コーヒーを淹れてのんびーり
IMG_4965_20130326224649.jpg至福の時間です

しばらくのんびりしてから七つ石小屋へ。

IMG_4966_20130326224657.jpg(13:35)

下山するにつれて雪はなくなっていきます。
IMG_4967_20130326224707.jpg

標高が下がるにつれて春が近づきます
IMG_4968_20130326224746.jpg日当たりのよい場所にはスミレが沢山咲いていました。

標高1150m地点。(14:25)
IMG_4969.jpg

下山完了~。(15:00)
IMG_4970_20130326224813.jpg

今回は久しぶりの鴨沢ルートでした。
マムシ岩辺りまでは杉の植林が多くて好まなかったのですが久しぶりに歩くと、
ドウドコロやマムシ岩が懐かしく、楽しく歩くことができました

これから気温が上がってくると、低山は蒸し暑いしブヨやアブが虫が多くなるのであまり来なくなると思いますが
雲取山はミツバツツジが咲いたらまた来たいと思っています
(金欠だったら近場の奥多摩に通うかもです。。。苦笑)


登山・キャンプ ブログランキングへ
↑クリックで投票お願いします


まだまだ条件が合えば低山でも積雪する可能性があり、凍結の恐れもあるので持っていると安心な軽アイゼンですが
重さが気になる方はこういう物↓

もあるので、もしもの時のために保険代わりにザックに忍ばせておくと安心だと思いますよ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. offsen | URL | 1Enu3lsU

    歩くの速いんですね
    昨年の秋の終わりに登りました
    7時位から登り山頂に11時ちょい過ぎ位でした
    杉花粉がそろそろ終わるの山再開します(笑)

  2. らむ子 | URL | feqqZbOQ

    offsen さんへ。

    このときは急ぎ目で歩いていたので早く歩けました(*^^*)♪

    そろそろ花粉も落ち着きますもんね(^∇^)!!
    どちらの山にいくことが多いのですかー(^^)?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/217-3f7d4350
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。