--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.2.12~13 雲取山(赤指尾根)。 2日目

2013年02月13日 22:12

«雲取山 冬山テント泊(1日目)»

思っていたよりも冷え込まず、寒さを感じることなく一晩過ごすことができました。

テントが風でバタバタと揺れる音で起きるのが心地よく、6:00頃に起床し
ワクワクとした気持ちで外を見てみると、雲は下の方にあり、上の空は晴れていました
夜中の降雪もあり、吹き溜まりでは膝上位までつもり、トレースは消えていました
踏み跡の無い雪の石尾根を歩くのが楽しみです

サーモスに入れておいたお湯と羊羹でエネルギーをチャージし、
風に苦労しながら何とかテントを撤収。

朝日を浴びた富士山が綺麗
IMG_4347.jpg富士山も風が強そう

南アも
IMG_4348.jpg

朝の奥多摩小屋周辺の様子。


下山開始~。(7:40)
IMG_4349.jpg風によって刻まれたシュカブラ。
ここに足跡をつけてしまうのがもったいなくも感じますがとても気持ちがいいです

常に富士山を見ながら歩けるのがイイんですよね
IMG_4350.jpg
広々としたヘリポート越しに富士山
IMG_4351.jpg
お気に入りのお化けの木。
IMG_4353.jpg樹氷になっているのも見てみたいです

ブナ坂。
IMG_4354.jpgここから七つ石山へは急登で、息を切らしながら登ります

七つ石山。(8:40)
IMG_4355.jpgやっぱり、積雪があると歩くのに時間が掛かりますねいつもより荷物が重いので尚更です

七つ石山からみる雲取山が大好き
IMG_4356.jpg
七つ石山からの景色。



七つ石山のすぐ下にある七つ石神社。
IMG_4358.jpg風が当たらない場所は樹氷が綺麗でした
IMG_4359.jpg
鴨沢方面(登り尾根)への分岐。
IMG_4360.jpg千本ツツジへ石尾根を直進。
天気も良いので、予定通り赤指尾根で下ります。

シュカブラの向こうに富士山。
IMG_4361.jpg

千本ツツジ辺りから石尾根を振り返って
IMG_4362.jpg新雪一番乗りは最高ですね

千本ツツジ。(9:20)
IMG_4363.jpg千本ツツジから見た鷹ノ巣方面。
最後の石尾根からの景色を堪能しながら休憩
IMG_4364.jpg
名残惜しいですが、ここから赤指尾根で峰谷へ下ります。
千本ツツジのピークには看板や道標がないので注意です。
ピークからすぐに巻道に直接降りられます。

赤指尾根の下り始めから杉林です。
IMG_4365.jpg広々しているので降雪後は特にわかりにくいです。
尾根のピークの東側を歩いていくことが多いです。
登山道を意識しながら尾根のピーク歩いていると枝分かれしていて道迷い。。。
地図で地形を確認して、なんとか正しい方向に戻りましたがヒヤッとしました
雪が水分多く、団子になったり滑るので登り返すのが大変でした。。。

登山道から外れたところに赤指山があるので行こうかと考えていたのですが、
先ほどの道迷いが怖くてやめてしまいました

赤指山周辺は広葉樹が多いですがそこ以外はほとんど杉の人工林で展望ナシ。
IMG_4366.jpg生命感もなく心細くなりますね

杉林の林道を抜けてゲート。(11:20)
IMG_4367.jpg集落に降りてきてホッとします。

ここから、膝が壊れそうなくらいきつい舗装路の下りですが
のどかな集落の道は意外と気持ち良いです。
IMG_4368.jpg山に囲まれた暮らし、大変だろうけどあこがれちゃいます。

途中で、峰谷渓流釣り場の駐車場が見えましたがまだまだ遠い
IMG_4369.jpg
集落の道路は、朝一で除雪されたようで道路に残る雪はほとんどありませんでした。

峰谷到着~(12:10)
IMG_4370.jpg駐車場に雪が積もっていなくてホッとしました。

今回の、冬山テント泊デビューは、自分の経験、装備を考慮して行き慣れていて、降雪もさほど多くなく、突風の少ない雲取山にしました。
眠れないほど寒かったらビバーク体験になるとも考えていましたが思ったよりも暖かくて良かったです。
3シーズンテントで挑みましたが、シュラフや衣類は多目に持っていき、湯たんぽも使うことでテント内の気温をなんとかカバーしてぬくぬくで過ごすことができました。
雪上テン泊を本格的にやっている人からしたら嘗めてると思われると思いますが、
財布と相談し、道具を揃えながら、経験積んでいきながら、徐々にステップアップして、行ける場所を増やしていきたいと思います!!


登山・キャンプ ブログランキングへ

クリックで応援よろしくお願いします
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. offsen | URL | 1Enu3lsU

    冬の朝の山は景色が素晴らしいですね
    寒そうですが(笑)

  2. らむ子 | URL | -

    offsenさんへ。

    とても寒かったですが、
    着込んでテント撤収作業をしていると体は
    ポカポカでした(^^)♪
    冷え性なので、どうしても手先や爪先が冷えるのが悩みです(>_<)

  3. ピッケル君 | URL | Lis.ZDmI

    厳冬期テント泊

    お久しぶりですぅ~

    奥多摩や奥武蔵 私もそれなりに経験してますが、厳冬期のこの時期は未経験です。

    予想外に雪も多く、本格雪山ですネ

    私も近畿最高峰(1,900 m程度)の手前で 厳冬期 スノーテント デビューを果たしましたが、結構 暖かかったっす

    やっぱ 雪と山と青空って 絶好のコラボレーションですよネ (^_-)

  4. らむ子 | URL | -

    ピッケル君さんへ。


    この日は夜に積雪があったので雪多く楽しめましたが、あっという間に溶けちゃいます(>_<)
    雪景色に青空は最高ですね(^◇^)!!
    興奮して写真とりまっくちゃいます(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/211-105fc224
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。