--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.31 両神山

2013年01月03日 12:44

あけましておめでとうございます
自分が見返すために始めた、メモのようなブログですが
2013年もよろしくお願いいたします


2012年最後の登山は、両神山に登ってきました

«前回の両神山(八丁尾根)»
11月に登ったばかりなのですが、今回は日向大谷からです

天気:晴れ
メンバー:2名
コース:日向大谷→剣ヶ峰→日向大谷

このコースは、僕が登山靴を買ってから初めて登ったコースで懐かしい場所です。
一眼レフもこの山がデビューでした

麓からみた両神山。
IMG_3472.jpg

日向大谷駐車場に車を停めて出発。(8:50)
IMG_3473.jpgバス停の目の前にある石段を上ると集落を通り、両神山荘があり、その左側にある登山口から登山道に入ります。
(登山届提出ポストあり)

30分程進むと七滝沢コースの分岐(会所)があり、
その側にテーブル、ベンチがあります
IMG_3474.jpg(9:25)会所までの間に手すり程度の鎖場が1か所あります。

両神山は信仰登山の山ということで沢山の石像や石碑が登山道にあります
IMG_3475.jpg歴史があることを考えながら歩くのも楽しいです
ここまで担いで運んできたと思うとすごい

八海山。(10:20)
IMG_3476.jpg大頭羅神王像。
IMG_3477.jpg

ここから沢から離れ、急な登りをジグザクに登っていきます。
清滝小屋まで急登です
修行の山。。。

弘法ノ井戸。(10:50)
IMG_3478.jpgここは水場になっているのですが、今の時期は枯れていました。
水場の水が染み出て凍って凍結箇所ありです

清滝小屋。(11:00)
IMG_3479.jpg営業していない小屋で今は避難小屋になっています。
炊事場もあり、ベンチやテーブルも沢山あって休憩に最適です。
水道もありますが今はモチロン水は出ませんでした(凍結)。

チョイ休憩~
IMG_3480.jpg頂いたお土産や遠征登山した時の土産を行動食にするのが趣味です(笑)

清滝小屋からも急な登りがつづき、鎖場も多くなってきます。
IMG_3490.jpg

しっかりと凍結している斜面もあるので注意です
IMG_3481.jpg鎖のある岩場でも凍結があるので鎖場はなおさら注意
ここの写真の場所は4月に来た時も残雪がのこっている場所でした。

両神神社。(12:10)
IMG_3482.jpgここの狛犬は狼だと言われています
IMG_3483.jpg
IMG_3484.jpg

両神神社のすぐ隣には御嶽神社。
IMG_3485.jpg
IMG_3486.jpg狛犬がどれもかわいい

神社を通り過ぎ、北風の当たる寒い稜線を進んでいくと最後岩場を越えて山頂に到着。

剣ヶ峰。(12:45)
IMG_3487.jpg

山頂は特に風が寒くちゃちゃっと写真を撮って山頂のすぐ手前に戻り、
ベンチとテーブルでランチ

手作りのガスカートリッジカバーとマット良かった
IMG_3488.jpg最近、辛くて体の温まる韓国ラーメンにハマっているのですがこのカレーラーメン良かった
辛さは控えめですがまた買います

疲れた体にフルーツの酸味が染み込むゥ~
IMG_3489.jpg

腹ごしらえで復活し、
14:00に登って来た道を下山開始~。

凍結の鎖場の下山は特に注意

八海山までの急斜面がきつくて余裕なく、下山中の写真なしですみません。。。
初めて来たときも初めて履いた登山靴で出来たマメが痛くてつらかったなぁ

今回は膝がガクガク
膝は昔半月板を除去しているので弱いです

無事下山。(16:00)
IMG_3492.jpg
ふらっふらです

下山時間が遅くなってしまい反省。。。


登山・キャンプ ブログランキングへ
↑2013年、ブログランキング応援の方もよろしくお願いいたします
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/201-0abec598
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。