--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.2 富士山 本八合目まで。 (須走口からの~、吉田ルート♪)

2012年10月03日 21:04

今回、天候次第で富士山でテン泊してこようと思い、テン泊装備を背負って登ってきました。
国立公園の指定地以外のテント泊はダメだと批判されると思いますが...。

海外の山の訓練等を理由にテント泊する人はいるみたいなのです。
僕は、海外を目指している訳では無いのですが、
あれほどの高山は国内には富士山以外に類はなく、経験してみたいと思っています。
もちろん積雪の無い露出された地面では登山道から外れる事はしないので 山体を傷つけることはありませんし、
植物に影響を与えることもありせん。(というか植物はほぼありません。)

もちろん、10月の富士山の環境はかなり厳しいものだろうとも考えていますし、
その想像を越すほどかもしれないと言うことも考えています。

暗黙の了解とは言うものの、胸に引っ掛かる思いはありますが、夏に数えきれないほどの観光客が来る場所に、
誰もいないとこでテントを張ることが悪いことだとは思えなくて。。。


富士山でキャンプなんて、ツイッターで呟いたりブログにしたら批判されるかなと少し怖いですが、
富士山の、テント泊についてどう思うかコメント頂けたら嬉しいです。

僕が考えている事は全て自己中心的な考えなのかもしれませんが、
自然を第一に考えて楽しんで来れるのなら良いのではないかと思います。
かなりモヤモヤがあるので、自分の思いを伝えたいばかりに長文すみません。。。

批判される怖さがあるものの、商業目当てのようになっている富士山で環境破壊が理由でオフシーズンのテント泊が禁止になっているのが納得いかない気持ちも声に出したいと思ったりします。


ルール違反なのはわかっていながらも、
「泊まれそうな環境なら泊まってみよう」
と、下見感覚でテント泊装備で登ってきました。

上記の事を読んで、不快な気持ちになられた方はすみません。

この時期の富士山について、富士山のテント泊について気になられた方は、
この続きも見てみてください。



<前回の富士山(5月)>
実は、これまで2回富士山に登っているがお鉢巡りはまだしたことがない。。。
剣ヶ峰登頂はいつになるのやら。。。

天気:晴れのち曇り
メンバー:単独
コース:須走口五合目→六合目(長田小屋)→吉田ルート六合目→(吉田ルート)→本八合目→(須走ルート)→須走五合目

サービスエリアで仮眠をしながら須走口に向かい、3:00頃に到着。
満月も星も綺麗でこの天気が持つことを祈りながら仮眠。。。

夜明け前に登るつもりで、4時に起きるが富士山テン泊についてモヤモヤがあり、すっきり起きられない。。。
テン泊装備でパッキングした荷物をパッキングしなおして
日帰りでお鉢を巡って下りてこようかとも考えながら再びウトウト。。。

5時頃再び起きて、
日帰りで下りてくることも頭に入れておいた上でテン泊装備で登ることを決意。

準備を整えて、
空を見上げると満月が富士山に近づいている

しばらく待っていると富士山の裏に隠れていきました。
(5:28撮影)
小粒のダイヤモンド富士

月が隠れた後はご来光。
IMG_2141.jpg(5:51撮影)
ちょい雲が近いな。。。

日が登ると見えるのがコレ
IMG_2142.jpg赤富士綺麗!!

5合目で十分楽しめる
やっぱり富士山は見て楽しむ山??
と頭をよぎるが、
いやいや、やっぱり山は登るとこでしょー
ってことでクライムオン。(6:00)
IMG_2143.jpg

「富士山国有林」の標識を超えるといったん樹林から抜けます。
IMG_2144.jpgダケカンバの黄葉はもうチョイって感じです。
ダケカンバの紅葉は綺麗じゃないっていう人もいますが、僕は好きですね


しばらく歩くと6合目(長田山荘)。(6:55)
IMG_2145.jpg今回、テン泊するなら時間があるのでここから吉田ルートに
トラバースするルートに入り、本8合目で須走ルートと合流する吉田ルートで登る計画です

小屋の右手に分かれ道があり、そこを入っていきます。
目立たないけど、一応看板は出ていましたよ♪

しばらく樹林帯を歩きます。
IMG_2146.jpgシャクナゲがいっぱいで、花の季節に歩いたら相当綺麗だと思います
7月中旬~後半くらいかな??


溶岩流を三か所ほど乗り越えます。
IMG_2147.jpg流れていた溶岩ががそのまま固まったって感じです
つるつるなので注意です。

砂礫帯と樹林帯の繰り返し
IMG_2148.jpgオンタデが綺麗に紅葉しています

2日前の台風の影響でか、水が斜面を流れて削られている所が多くあり、
幅が1m近くあるところも多くありました。

吉田ルート六合目。(7:50)
IMG_2149.jpg指導センターはもちろんですがしまっています。
表札などもブルーシートなどで保護されています。

須走ルートとはだいぶ違った雰囲気ですね
IMG_2150.jpgどこかの惑星の基地みたい

シーズン中は一番人気のコースということで気になっていたのでワクワクです

この時期はほとんど人はいません、
今回出会った人は、
来月ヒマラヤに行くから慣らしで来たという68歳の単独の方もいれば、
スニーカーに、透明のビニールガッパのガイジンサンもいて、
そのギャップに驚き驚きというより恐ろしいわ。。。

いくら、期間限定だといっても
天候によっては危険な場所になる環境の山に小屋をじゃんじゃん作って、道を整備して、山頂までブルドーザーを走らせて「観光地」にしてしまうのはどうかと思いますね。。。
もちろん山ではすべて自己責任なのは当然なのですが
こんなに手軽にこれちゃう環境を作っておきながらどうなのかなぁと思っちゃいます。



登山道も雨で削られているところが多くとっても歩きづらい
しばらく整備されないだけでこんなになるもんなんですね

7合目は、温泉街のように山小屋が並んでいます
IMG_2151.jpgなんだか異様な雰囲気ですね。
すべての小屋が締まっているし。。。

七合目手前の花小屋。(8:30)
IMG_2152.jpg

七合目後半にある東洋館。
IMG_2153.jpgレンガ調でこぎれいな感じ

今のところ晴れていますがどんどん雲が上がって来ていて、ときどきガスに包まれると寒いくらいです。
IMG_2154.jpg冷たい風も徐々に出てきます

白雲荘。(10:05)
IMG_2155.jpg営業の終了した山小屋の周りに有刺鉄線を使っているところが多かったけど、強風であおられたら怖いですよね。。。

登山道はこんな感じ、
IMG_2157.jpg夏と比べて荒れてます??

荒れた道に、テン泊装備。。。
実は結構バテてしまい、ネガティブな気分になってきました
風もそこそこあるし、明日の予報はイマイチだし、、、
本8合目に着いたら、もう一度しっかりどうするか考え直すことにしました。

そして、、、

本八合目。(10:50)
IMG_2158.jpg

頂上まであとちょい、、、
IMG_2160.jpg写真ではわかりませんが、強風で砂が舞っているのが目視できます

この装備であの風はヤだな。。。
山頂まで行ってもお鉢巡りは厳しそう。。。
それにこの風で山頂にテント張れるのか。。。
てな感じでかなりネガティブ


本八合目の山小屋の陰にテントを張ろうかとも思ったのですが、やめました。

テントを張るなら荷物をデポして剣ヶ峰に向かいたいところだったのですが、
重い荷物を背負って山頂に行くのは気が引けるし、もう雲がすぐそこまで来ていたので
今回は本八合目をピークとすることにしました
勇気ない撤退(笑)

★本八合目の様子★



せっかくなので、雲の中に入るまでのんびりすることに
IMG_2161.jpg腹ごしらえしているうちに、ガスに入ることが多くなってきたので下山開始。(11:40)

あっという間に雲に飲み込まれた。。。
IMG_2162.jpgガスに入ると太陽の暖かさが実感できますよね

これアリ!?
IMG_2163.jpgきったなくないのかな??
こういうものが溶け込んでいると思うと富士の天然水は飲みたくない。。。
お金も放置されたままだし、ゴミと一緒に担ぎ下ろそうかとも思いましたが罰が当たったら嫌なのでやめときました。。。
遭難者慰霊碑にお金っていうのもどうかと思ったり。。。

太陽館(7合目)。(12:00)
IMG_2164.jpgこの時期、須走ルートで唯一の営業小屋です。10月中旬までやっているそうです。
IMG_2165.jpg小屋締めのじゅんびで忙しそうでした。

砂走りルートはガッチガチ。
膝にきて全然走れない
まさに、雨降って地固まるって感じ

ガスで視界はほとんどなかったですが、ときどき見えるオンタデの黄葉が綺麗
IMG_2166.jpg

砂払い五合目。(13:00)
IMG_2167.jpgすごいごちゃごちゃ
今回もゴミを拾いながら下山してきたが、人気の山ってホントにゴミが多いですよね。。。
人気の山っていうけど、人気ってだけあって山が好きじゃない人も多く来るからなんだろうな
それにしても、山小屋周辺にゴミが多くてめっちゃ古いゴミが埋まっていたりするのはなぜ??
山小屋の人は山が好きな訳ではない??商業目的でやっているならそんなもんか??
と思ってしまう。。。
大事な山にある大事な山小屋、綺麗にしよーよ。
すべての山小屋がそうじゃないですけどね!!
山小屋に泊まった経験はないけど、
小屋内がどんなに綺麗だったとしてもそういう小屋には泊まりたくないと思いますね。


いかついアザミ。
IMG_2168.jpg何て名前かわかりませんがデカイ

下山完了。(13:30)
IMG_2169.jpg登山禁止っていうのは、観光客に向けた言葉だと思います。
5合目の小屋の人たちは、「お気をつけて~」と見送ってくれますよ
5月の雪の富士山に来た時もそうでした

でも、もちろんこの時期の富士山も、シーズンの時も自己責任でしっかりとした準備の上で挑んでくださいね

毎回須走口で登っており、こだわりがあるわけではないのですが
須走口5合目の「菊屋」のおばあちゃん達に会うとホッとする。。。
ここでごちそうになる、しいたけ茶も今回で3倍目。
「また来るね~!!」
って心の中で思っていてまた来ちゃうのかな

道の駅すばしりでラ王を食べて休憩して帰りました
IMG_2170.jpg道の駅すばしりには、無料の足湯がありますよ


ブログランキング参加しています

登山・キャンプ ブログランキングへ
ぽちっと応援していただけると喜びます


↑何度か通いそうな山は「山と高原地図」購入しています
歩いた道をなぞっていくのが楽しみ
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. 紅の豚 | URL | -

    富士山見るのは好きですが 登ろうと思っていない山です
    芸能人などが深夜番組でとにかく凄いし 大変さをアッピールしてましたが より嫌いになりました

    砂払五合目を見たら なおさら嫌いになりました
    昭和時代の観光地的な商売を想像できます
    他の山でこのようなテント、まるで海の家みたいなものは見ませんよ
    「山小屋の人は山が好きな訳ではない??商業目的でやっているならそんなもんか??と思ってしまう。。。」
    富士山登山の話しを娘がしてきました
    山好きでない人も登るからマナーの悪い人が大勢いるからおとうさんは行かないのがよいと言ってました
    マターとは登山マナー以前の問題とも言ってました
    溶岩持ち帰りらしいです

    纏まらない話になってしまいましたね 
    富士山まだまだ眺めることにします


  2. 紅の豚 | URL | -

    マナーと言えばもう一つありました 道の駅でのキャンピングカーの占領です 夏休み中の草津天狗スキー場のPは大変でした トイレ駐車にも寄れません 2台分使いテーブル出して食事 水はトイレや水場から 迷惑を考えて欲しいです
    結果夜間閉鎖になりトイレも使えなくなってしまいます
    近年この問題が大変らしいです
    ブログと関係なくて申し訳ありません マナー続きと言うことで

  3. らむ子 | URL | -

    紅の豚さんへ。

    コメントありがとうございます!!
    僕も、富士山は登ったときの感動よりも、
    他の山から綺麗に見えたときの感動の方が断然大きいと思います!!
    実際登ってみると毎回、
    なんでこんなに人の手が加わってしまったのだろう。。。
    と残念な気持ちになりますね(*_*)

    山に限らずマナーの悪いとはどこにでも居ますね(((^^;)
    言葉は、悪いですが排除してしまいたいです(>_<)

    自分もどう思われているかはわからないので気を付けなくてはなとおもいますけどね(>_<)

  4. ピッケル君 | URL | G91RSZjw

    お久しぶり

    らむ子さん 相変わらず ガンガン登っておられて羨ましいです。 私はだいぶ前から 「富士山は登る山でなくて 眺める山」と思っていました

    テント泊については らむ子さんを応援する意見ですネ。 国立公園だからって 何が悪いネン!? 
    実は私、この間 南アルプス某所の縦走で強行ビバーク2泊してきました(当然キャンプ指定地外)。 水ボッカ7L 超キツカッタっす (>_<)

    「環境破壊」って 云っても たかが知れている。 それよりも 大挙してやってくる ムチャクチャな連中の方が・・・・? あとは 周囲の方(捜索など)にご迷惑をかけないように 事故の無いよう万全を期していれば・・・・

    そうは云いつつ ムチャクチャな連中と きちんとした人を区別する方法無いですし・・・・ 真剣に環境問題と 富士山の美化を考えると 関西の大台ケ原の一部のように 入山制限せざるを得ないのかも???

    応援してますから くれぐれも 安全には気をつけて下さいネ

  5. らむ子 | URL | -

    ピッケルくんへ。

    訪問ありがとうございます(^∇^)!!
    そして、応援もありがとうございます!!

    僕も、見る方が好きです(^^)
    もしかしたら、他の山で富士山を見たときに
    「あのすごい綺麗なとこに○回も登ったー!!」
    というのを味わいたくて富士山に登っているのかもしれません。。。
    実際に登ると汚いし手が加われ過ぎていて残念な思いになりますが(>_<)
    遠くから見るとなんであんなに綺麗な姿何ですかねー(*^^*)♪♪
    夏の夜にベッドライトの明かりの列が見えるのは心苦しい感じしますが。。。

    むちゃくちゃな連中が多すぎますよね(>_<)
    自分も山に登っていて多少なりとも自然に悪影響を与えていないかと心配になりますが、そういう連中はそんな思いもないんだと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/187-e4589dcd
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。