--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.9.14~17 槍穂縦走&焼岳  4日目(徳沢園~上高地~焼岳~中の湯バス停) ☆百名山38座目☆

2012年09月22日 12:01

今回の山旅をはじめから見たい方はこちらをどうぞ♪♪→→〈槍穂縦走&焼岳 初日

天気:曇り
コース:徳沢→上高地→焼岳→中の湯バス停


本日は、4:30頃起床。
昨晩の騒がしさが嘘のような静けさです。

テントを撤収し、荷物をまとめ、トイレに行き、ふと空を見上げると。。。
昨夜は満天の星空のはずだったのに、星がなーい
あいにくの曇り空です。。。


雨にならないことを祈りながら出発です。(5:00)

真っ暗な道を、クマが出ないことを祈りながら進みます。
焼岳の登山口(上高地)までは、アップダウンのない砂利道です

明るくなると、明神岳見えた
IMG_2007_20120922113916.jpg

しばらく歩くと、明神館。(5:40)
ここからも明神岳がどーんと見えます。
宿泊者が、景色を見るために外にたくさん出てきていました
浴衣の人の横を登山装備で通るのが不思議な感じ

小梨平キャンプ場。(6:20)
IMG_2008_20120922113915.jpg上高地にあるキャンプ場ですここは、たき火もOKらしいです。
徳沢も、ここもお風呂があるので、登山後にゆっくりキャンプも良いですね

上高地では、猿軍団に出会いました
IMG_2009_20120922113915.jpg小猿がとってもかわいいです
IMG_2010_20120922113914.jpg登山者には、猿が嫌いな人も多いですが、僕は親猿も小猿も大好き
純粋な表情がたまらないです
人に懐いてしまったのは人のせい
自然界からしたら、人間の方がよっぽど憎たらしいでしょうね
農業なんかで猿の被害を受けている人はまた違うのでしょうが

五千尺ホテルのお土産屋さんがやっていたので覗いてみると、
おいしい、「そばクッキー」を発見
沢渡などでも売っているのか聞くと、上高地の土産は上高地でしか売っていないとのこと、、、
今日は、上高地から焼岳登って、反対側の「中の湯」に下山ってことは今買うしかないわな
ってことで、この状態で焼岳にアタックしますww
IMG_2012_20120922113914.jpgクッキー4箱

この後、上高地で朝ごはん代わりにお菓子を食べていると、ポツポツと雨が降ってきてしまったので、60Dはザックにしまいます。
なんだかんだ上高地でのんびりしてしまい、
田代橋の登山口からクライムオン!!したのは7:30。

しばらくなだらかな樹林帯を歩きます
山頂の手前1時間くらいのところにある焼岳小屋から降りてきた人と何人かすれ違いました。

徐々に急坂になっていき、大きな岩も現れます。
P9170038.jpg
高い段差には、脚立のようなハシゴがあるところもありました

こんな橋も。
P9170039.jpg
路肩注意です。

開けたところに出ると、大正池が見下ろせました。
IMG_2013_20120922114358.jpg結局雨の気配はなく、ここから60Dを出して歩きます

こんなに長いハシゴも
IMG_2014_20120922114357.jpg

ハシゴ、鎖を越えて進んでいくと笹原に出ます
IMG_2015_20120922114356.jpg

笹原をジグザグに少し歩くと焼岳小屋に到着。
写真を消してしまい、時間を忘れてしまいましたが、30分以上休憩
今日もあせらず、ゆっくりと山を楽しみます

小屋から10分程歩いたところにある、展望台。(9:50)
IMG_2017_20120922114355.jpg焼岳山頂は雲の中

笠ヶ岳方面は晴れ。
IMG_2016_20120922114356.jpg一面曇りかと思いきや、ここにきて景色が見られて良かったです

展望台から少し進んだ先で雲が切れて、
槍穂連峰みえた
IMG_2022.jpg一番手前のコブが展望台。
左端が槍。よく見ると、西穂の小屋も見えますよ

槍をアップ
IMG_2024_20120922115428.jpg左から、槍ヶ岳、大喰岳、中岳とよくわかる

展望台辺りから徐々に風が強くなり、体が押されるほど
この時、日本に接近していた台風16号の影響だな
と思いつつ、ザックにぶら下げていたお土産が吹き飛ばされそうだったので、レインカバーをつけて押さえました
展望台からは、ザレの滑りやすい道なので注意です。

あちらこちらで火山ガスが噴出しています
IMG_2023_20120922115428.jpg風は強いわ、雲に入ったり出たりなので、ガスだか何だかよくわかりませんが
焼岳は、日本アルプスの中で唯一の活火山なのですよ

それにしてもすごい風で、おまけに地面が乾燥しているもんだから砂の雨
口も耳もすべてが砂だらけ。。。

山頂直下が、中の湯との分岐になっています。(11:20)
IMG_2025.jpgここに荷物をデポして山頂へ行きました

山頂(11:23)
IMG_2026.jpg休憩している人も多くいましたが、展望ないわ、砂の雨はすごいわですぐに撤退

撤退直後に、一瞬晴れ間が
IMG_2027.jpg
分岐に戻るとザックが砂だらけ

荷物をデポして登っていく人が多いです
IMG_2028.jpg 11:40下山開始~

焼岳の北峰と南峰の間にある池。
IMG_2029.jpg本当は、南峰の方が標高が高いのですが南峰は立ち入り禁止。
三角点は南峰の方にあるみたいなんですが、ガスが危険なのかなぁ??

山頂方面を振り返ってパチリ
IMG_2030.jpg

なんかめっちゃ晴れてきたー
IMG_2031.jpgこれならもうちょっとのんびりしていけばよかったな
IMG_2032.jpgとってもきれいなんですけど。。。

すぐに樹林に入り、この後写真は撮らなかった

焼岳登山道入り口。(13:10)
IMG_2033.jpg

いったん車道に出ますが、車道を横断して駐車場の裏の登山道にはいっていくと
中の湯温泉旅館にすぐに出ます。(13:20)
IMG_2034.jpg日帰り入浴は700円。ここで汗を流したかったのですが、今回の山旅でお土産を買い過ぎて、沢渡の駐車場代とバス代しか残っていなかったので断念
今回、手ぬぐい8枚も買っちゃった
手ぬぐい大好きで、毎日使ってるんです

中の湯温泉旅館からは舗装路歩き。
うねうねと何度もカーブを曲がりながら進みます。。。
膝にくるー

中の湯バス停。(14:00)
IMG_2035.jpgここで、上高地から降りてくるバスに乗り、沢渡駐車場に帰り、無事に山旅終了


いや~、3泊4日実に充実した山旅となりました
テント泊で2泊以上するのは初めてで、どうなるかと思いましたが、現地で食料を調達することもなくすべての荷物を担いで行って行えたことに大満足です
北アの最高峰も制覇したし、これから北アもじゃんじゃん登るぞ~
テント泊がますます好きになった山行でした

焼岳小屋で登山記念バッジ購入~
IMG_2043.jpg 38座目今年、あと2座制覇したいな~




ブログランキングに参加しています

登山・キャンプ ブログランキングへ
クリックで応援お願いいたします
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. まるこ | URL | -

    こんにちは。まるこです。
    以前はブログご訪問頂きありがとうございました!
    穂高に行かれるということでしたが、まさか槍穂縦走&焼岳までのすごいロングコースとは!
    ダイナミックなお写真に、楽しいブログとっても参考になります。
    私も来年焼岳行きたいと思っています♪

  2. らむ子 | URL | -

    まるこさんへ。

    こちらこそ、ブログ訪問ありがとうございます(^∇^)!!
    貧乏クライマーなのでなるべく一度で済ませたくて(((^_^;)笑
    焼岳登ったときは展望いまいちでしたが良いところでしたよ♪♪
    特に、前日まで縦走していた奥穂&槍がとても遠くに見えたのが感動的でした!!

    また、ブログ覗きに来てくださいね(*^^*)♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/186-75eca5a2
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。