--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.9.14~17 槍穂縦走&焼岳  1日目(上高地~北穂高小屋編) ☆百名山36座目☆

2012年09月18日 20:24

天気:晴れのち曇り
メンバー:単独
コース:上高地→岳沢小屋→奥穂高岳→涸沢岳→北穂高岳→北穂高山荘(一日目)



僕にとって最後の夏休み、
去年から“やり”残していた山旅に行ってきました!!

初めての北アルプス、
槍穂縦走です(^^)!!
そして、ついでに焼岳も登ります♪


合計で3泊予定なのですが
今までテントで2泊以上したことはなく、ちょっぴり不安です。。。

4日分の食料を詰め込んだらザックはパンパン。
50ℓのザックに無理やり詰め込んで出発



沢渡大橋の駐車場に車を止めてすこーし仮眠。

5時前からタクシーが来て、お客さんが集まったら上高地へ出発!!
タクシーの場合、4000円を割り勘します。
今回は4人で乗合だったので一人1000円でした。

バスの場合は確か、1200円だったかな。。。



上高地に到着。(5:30)
早朝なのにかかわらず、沢山の登山客で賑わっています。


初河童橋~
IMG_1866_20120918193224.jpg

河童橋から穂高の山並み。
IMG_1867.jpgこの景色は感動的~。
ジャンダルムも見えるんだ

反対を向くと焼岳がどーん!!
IMG_1868.jpg槍穂縦走無事に終わったら行くから待っててね~

梓川も神秘的~
IMG_1869.jpg後ろは六百山かな。

岳沢に向かって登山道にとつにゅ~
IMG_1870.jpg

しばらく歩くとガレ場に出ます。
IMG_1871_20120918193819.jpgこれが岳沢かな??

山の頭が日に照らされてきました。

岳沢小屋。(7:20)
IMG_1872_20120918193819.jpg久しぶりの重装備しんど。。。

てか、50ℓのザックに詰め込んだせいでザックがパンパンで体にフィットしなくて歩きづら
早くもめげそうです(笑)

ヘルメットは今回のために新しく購入しました
大きな落石なんかに遭ったら気休めにしかならんでしょうけど、メットがなかったら
小石でも当たったら致命的ですもんね
落石起こさないように気を付けて歩くのはもちろんですが、
キレットやジャンダルムなんかでは砂利が転がってくることなんてあり得ることなので
ヘルメットつけることもマナーなのかなぁと思います

岳沢小屋からは一気に標高を稼ぎます
重太郎新道、結構な急登です。。。

さっそく長いハシゴ。
IMG_1874_20120918193817.jpg

高いところからの景色はやっぱりイイ
IMG_1875_20120918193817.jpg右が焼岳。中央奥が乗鞍岳。乗鞍岳の左奥が御嶽山。だと思う

奥穂方面の天気は抜群
IMG_1873.jpg

紀美子平。(9:30)
IMG_1879.jpgここから前穂に行く予定だったのですが、前穂はもうすでにガスの中。。。

奥穂はまだ耐えてる。。。
IMG_1881.jpg少し悩んだのですが、今日のメインはあくまで奥穂なので今回は前穂はパスしちゃいました

荷物デポしていけばあっという間なんだろうけど。。。
IMG_1880.jpg

ガスがかかる前に奥穂に行くことを目指します


少し歩くと涸沢カールが見えた
IMG_1882.jpgガスがぁ~~~

奥穂高岳山頂。(11:10)
IMG_1883.jpgもうすでにガスの中で展望ゼロ。。。
どうせこうなるなら前穂も行けばよかったなぁ。。。

IMG_1884.jpg

ちらっとジャン様が見えた!!
IMG_1885.jpg人いるなー来年行きたいっ

山頂で出会った男性と一緒に山荘まで下りました。
槍からキレットを歩いてきたそうで、僕と反対からのコースだったこともあって話が弾みました

穂高岳山荘。
IMG_1886.jpg小屋を挟んだ向かいの山が涸沢岳。

IMG_1887.jpg(12:00)

山荘前で昼ごはんのタイの焼きそばを作って休憩~
山頂で出会った人柄のよい男性と一緒に喋りながら食事させていただきました


休憩で体力を回復させてから、
涸沢岳にくらいむおーん!!

涸沢岳の斜面から奥穂方面を見る。
IMG_1888.jpg

涸沢岳山頂。(12:55)
IMG_1889.jpg穂高岳山荘から10分ほど登るだけです

涸沢岳から北穂間は、なかなかの難コースで、高所恐怖症の人は結構怖いと思います
右奥の2つのピークのさらに向こうが北穂高岳です
IMG_1890.jpg

涸沢岳の下りがさっそくの難所で、長い鎖とハシゴを
使いながら下っていきます
浮石の多い場所なので落石注意です。

涸沢岳を振り返ってパチリ
IMG_1891.jpg斜面というより崖ですね

ルートをよく見ながら慎重に進みます
落ちたら死んじゃうようなところも多いので慎重に進んでいきます
ザックが重いので、子どもを背負っているような感覚でゆっくりと慎重に。。。

涸沢カールと穂高連峰。
IMG_1892.jpg

北穂高岳の南峰。
IMG_1893.jpg多分。。。

南陵、北峰、南峰の分岐辺りが北穂高小屋のテン場なのですが小屋は北峰のすぐ下にあるので、この分岐に荷物をデポして、サブザックに水を汲むボトルをもって小屋に向かいます。

この分岐で、涸沢カールから登ってきた夫婦に出会い、
話を聞くと、その方達もキレットを超えて槍に向かうそうで、いろいろお話聞かせてもらいましたとても優しいご夫妻でこの後にも何度も出会って、嬉しい思い出となりました


分岐(テント場)から片道15分ほどで小屋に到着なのですがその間にも嬉しい出会いが

ホシガラスが沢山います。
IMG_1894.jpgハイマツと岩を何往復もし、松ぼっくりを集めて食べていました

ライチョウにも出会いました
IMG_1895.jpg胸の羽が白い
IMG_1896.jpg
じーっとこちらを見ています
IMG_1897_20120918201956.jpg
IMG_1898_20120918201956.jpg山での動物との出会いには感激しますね

写真にだいぶ時間を食ってしまいましたがそれも楽しみの一つです

北穂高岳山頂(北峰)。(15:15)
IMG_1899_20120918201955.jpgすぐ裏が小屋です。

北穂高小屋でテントの受付を済ませ、水を購入しておきます。
山頂からの展望は無かったのですぐに小屋に戻りました。。。

稜線に出ると水は貴重品で、ほとんどの小屋で1リットル200円で「天水(雨水)」を購入することができます。
煮沸させるように書いてある事もありますが、そのまま飲んでいる方が多いと思います。
僕もそのまま飲んでいました
毎回煮沸させるには、ガスも手間もかかってしまいますからね
ちなみに、
「お腹の弱い方はミネラルウォーターを購入してください」
と書いている小屋もよく見られたので、一応自己責任でお願いします



日中は時々晴れ間が見られたものの、テン場に着いた頃にはこんなガスガス。。。

今にも降り出しそうなので急いでテントを設営しているとポツポツと
IMG_1900_20120918201955.jpgこの後はほとんどテントから出ずに過ごしました

このシングルウォールのテントはめっちゃ結露するので水分は極力テント内に持ち込まないようにします

雨が弱まった隙に、前室のドアを開けて、外で調理

ツナのチャーハンとチキンラーメン
IMG_1901_20120918201954.jpg
今回は、地面から湿気が上がるのを防ぐためにエマージェンシーシートをテントの下に敷いてみました
サーマレストのマット下が濡れることが多いのですが、ちょっと改善されましたよ

このあとは、降ったり止んだりの天気が続き、徐々に風も強くなってきて明日が不安です。。。
岩場が濡れたら大キレットは危なげだしなぁ。。。

明日の大キレット通過に備えて早く眠ろうと思っていたのですが風が強くてうるさくて眠れない~

登山記念バッジ。
IMG_2044_20120918201954.jpg




大キレット越え編へつづく。。。


登山・キャンプ ブログランキングへ
↑クリックで応援お願いします♪♪ブログ更新の励みになります




↑今回多めに持って行った、チキンラーメン。
麺自体に味が付いているのでお湯につけるだけで温かいラーメンができ、固いままでボリボリとおやつとして食べることもできるのでお勧めです
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. みやっち | URL | -

    こんばんわ!

    らむ子さん

    こんばんわ!ブログのコメントありがとうございました!
    同じ日に同じテント場にいて、しかもかなり近かったんですね!お話できたらよかったですね~

    またどこかの山でお会いできる日があるかもしれないですね。その時はよろしくお願いいたします!

  2. らむ子 | URL | -

    みやっちさんへ。


    槍に行く前にみやっちさんのブログに出会えてたらヨカッタですー(>_<)

    また、どこかでお会いできるといいですね(^.^)♪

  3. みやっち | URL | -

    こんばんわ!

    ホントそうですねー!
    らむ子さんも自分以上に登られてるようなので、またどこかの山で会えたらいいですね!いや、どこかで会いましょう!!ww

    これからもちょくちょくお邪魔させてもらいますー

  4. らむ子 | URL | -

    みやっちさんへ。

    どこかでお会いしましょう\(^o^)/ww

    また、覗きにきてくださいね(^^)♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/183-731dbcf1
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。