--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.8.4~5 塩見岳 2日目 (三伏峠~塩見岳アタック編) ☆百名山28座目☆

2012年08月14日 14:06

«1日目の日記はこちら»

実は前日は1時間の睡眠のみで小河内岳まで登っていてかなり寝不足気味。。。
絶対起きられないだろうとダメもと3時に目覚ましをかけるとパッチリ
というか、昨晩テント内が夜露で濡れてしまったため、ベンチレーション代わりに少しドア部分を開けて寝たら風が強くなってきて寒くてぐっすり寝つけなかった
楽しみで興奮していたのも若干あるかもですがww

起きると風が少し強めで寒い。。。
体がヒエヒエだったのでダウンの上にジャケットを着てストレッッチ
ストレッチで体を暖めながらオレオを頬張り、エネルギー補給

準備体操のために外に出ると満天の星
テンション上がっちゃいますね

準備体操をして、くらいむおーん(3:35)
さっぶいので、ダウン&ジャケットを着たまま出発です。

歩いてすぐ着くのが昨日の夕方にも来た三伏山。(3:50)
残念ながらガスで夜景は見られず。。。
しかし、塩見岳の方を見ると晴天
IMG_9916.jpgますますテンション上がりますww

このハイテンションの勢いに任せてちゃっちゃかちゃっちゃか歩きます
途中で体も温まりダウンは脱ぎました。


本谷山。(4:25)
IMG_9917.jpg
日の出までもう少し
IMG_9918.jpg

いつの間にか明るくなり、塩見新道分岐。(5:20)
IMG_9919.jpg

このあたりで樹林帯から抜けて、展望が開けます
IMG_9920.jpg中央アと雲海~

塩見小屋。(5:40)
IMG_9921.jpgここまで来るのに1名だけとしか出会わなかったのですが小屋の外には人が沢山
丁度、塩見小屋泊の人が山頂を目指すのと重なってしまい、ここからペースダウン
塩見岳直下は岩場とガレ場の混ざったような状態のところが多くあり、浮石が多く落石に気を付けながら歩きます。
転んでるおばちゃんもいて石が落ちてくるんじゃないかと少し怖い感じでした

登山者が多くてあまり立ち止まれず写真もほとんど撮らず塩見岳西峰に到着。(6:20)
IMG_9922.jpg西峰の先にあるのが東峰。すぐそこです。

塩見岳(西峰)からの展望。


東峰から見た西峰。
IMG_9925.jpg西峰の標高は3047mで東峰は3052mなのですが、三角点が西峰に置かれているので塩見岳の標高は3047mとなっていることが多いです。

塩見岳(東峰)からの展望。


影塩見
IMG_9923.jpg

富士山はいつみても良いです
IMG_9924.jpg人が多くて嫌だとは思うけどなんだかんだ魅力いっぱいの山なんですよね
昔から人々に愛され、信仰されてきた訳が良くわかります

槍穂連峰。
IMG_9928.jpg早く縦走したいー
今年は行くゾ

悪沢岳。
IMG_9929.jpg

昨日登った小河内岳。
IMG_9930.jpg

三伏峠小屋のアップ。
IMG_9931.jpg

間ノ岳&北岳。
IMG_9933.jpg

富士山でもやっちゃったww
IMG_9934.jpg

甲斐駒&仙丈ケ岳。
IMG_9936.jpg

山頂でぼーっとしている間に塩見小屋泊の人達はいなくなり一人だけの空間。。。
この時間がホントに最高です

お腹が減ってきたのでインスタント焼きそば
IMG_9935.jpg昨日の残りのゴーヤ入り。
インスタントラーメンをインスタント焼きそばの作り方したら旨そう
とふと思いついてしまいました焼きラーメン的な

焼きそばを作っていると昨日であったピッケル君さんもやって来て、再開
山でのこういう出会いは楽しいですよね

山頂のお花。
IMG_9937.jpg
イワベンケイ。
IMG_9938.jpg

景色みてお花探して写真撮って、いろんな人たちと話してとっても心地よい時間を過ごすことができました
下りは写真撮ったりしながらゆったり休みながら下山したいと思います

2時間程山頂でのんびーりして下山開始(8:10)
IMG_9939.jpg天狗岩を見下ろします。

帽子をかぶった小人に見える
IMG_9940.jpg
ハイヒールにも見える

山頂手前の斜面はこんな感じ。
IMG_9941.jpg
IMG_9942.jpg

山岳部の人たち。
IMG_9943.jpg

塩見小屋近くにはこんなに可愛らしい案内板が
IMG_9944.jpg
塩見小屋のベンチで休んでいると小屋の従業員さんはせっせと布団やら枕を屋根に干しているところでした女性の従業員が多くてかわいい看板があるのも納得
女性の登山者も泊りやすい小屋かもしれませんね。
本当はここにテン場があったら最高なのですが、ここのテン場は登山者のマナーの悪さが原因でなくなってしまったそう。。。残念です。。。

塩見小屋から急坂を下ると立ち枯れの明るい林の中を歩きます。
IMG_9945.jpg木の間から塩見岳が見えます

本谷山。(10:05)
IMG_9946.jpg
甲斐駒&仙丈ケ岳が綺麗です
IMG_9947.jpg

本谷山の三伏峠側の斜面は日当たりが良く、ヤマブキがいっぱい
蝶もたくさんいました

外側は真っ黒ですが。。。
IMG_9948.jpg
内側はハデハデ~
IMG_9949.jpg

IMG_9950.jpg
三伏山辺りから見た塩見岳。
IMG_9951.jpg今まで歩いたところが丸見えー

三伏山。
IMG_9952.jpg

三伏峠テント場到着。(11:00)
IMG_9953.jpg
のんびりしながらテントの撤収。

山伏峠小屋で山バッヂを買い、下山開始。(12:00)
IMG_9954.jpg

鳥倉登山口。(13:15)
IMG_9955.jpg
ここからしばらく舗装路歩きー。。。
膝に爆弾(持病)を抱える自分としては地獄の下り
アスファルトの下りは膝にかなり負担がかかります


林道沿いもホタルブクロやらクルマユリやらのお花が沢山で蝶も沢山
IMG_9956.jpg
蝶の観察に来ている人もいました


鳥倉林道ゲート(駐車場)到着~。(13:50)
IMG_9957.jpg


山バッヂ。
IMG_9859_20120816180012.jpg



歩いたコース。
山伏峠から塩見岳までは樹林の中を歩く時間が多く、コース自体は小河内岳に向かう稜線の方が景色もよくて気持ちいいコースでした。
しかし、塩見岳からの360度の展望は素晴らしく、沢山の有名どころの山を見ることができて疲れも吹っ飛びますね

山伏峠に泊まる際は時間があれば、小河内岳へ行くのもオススメです



登山・キャンプ ブログランキングへ
クリックで応援お願いします
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ピッケル君 | URL | G91RSZjw

    お疲れ様

    2日目の写真も素晴らしいです。

    塩見岳から 悪沢方面の写真ですけど、帰宅後にいろいろ調べて見たら、荒川前岳(悪沢の右側の峰)の右肩にひょっこり見えるのは聖岳のようです (ゴメンなさい)

    塩見からだと 赤石は前岳の裏に隠れているみたいです

  2. らむ子 | URL | feqqZbOQ

    ピッケル君さんへ。

    わざわざありがとうございます!!
    山の場所も詳しくて羨ましいです(^^)♪
    花も山の場所も勉強しなきゃなーと思いつつもなかなかできないでいます。。。

  3. ピッケル君 | URL | G91RSZjw

    花と山

    花も山も詳しい訳じゃなく 帰宅後にいろいろ調べてます m(__)m

    山の写真は「カシミール」って云う 地図ソフトがあって、それを使うと ある特定の場所で撮った山の名前が おおよそ 判ります(パソコン苦手だと チト辛いかも?)

    花は 「花」だけじゃなくて 「葉」も撮影しておいて 帰宅後に 図鑑と ネットで調べてます

    ちなみに 「ゴーヤ入り焼きそば?」の次の写真は 『シコタンソウ』です (これも調べました (-_-;) )

    先日の 塩見で撮影した 花の写真をまとめておきました
    http://pickelkun.web.fc2.com/yaso/shiomi_hana.htm

    こうやって 帰ってから調べて Upすると 少しずつ 覚えられます (2つ覚えると 1つ 忘れますけど (-_-;))

  4. らむ子 | URL | feqqZbOQ

    ピッケル君さんへ。

    調べようと思っていてもなかなかやるとこまでいかないんてますよね(>_<)
    ちゃんと調べられるところがすごいです(^^)!!

    「カシミール」というソフトがあるんですね(>_<)!ちょっとダメ元調べてみます♪

  5. ひまわり | URL | -

    お天気良くてよかったですね♪
    雷鳥に星空に山脈に富士山!いい写真ばかりで楽しいです(^-^)
    晴れてると動画も雰囲気出ていいですね☆
    夏休みに天気悪かったので来月に燕岳→常念岳縦走 延期したので、こんな風に晴れて欲しいです(>_<)

  6. らむ子 | URL | -

    ひまわりさんへ。

    天気良くって最高でしたよ(^^)!!
    天気しだいで山の楽しさは変わりますよね(>_<)!!
    意外とガスの中の世界も雰囲気良くて楽しかったりしますが(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/173-de991341
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。