カテゴリ
リンク
プロフィール

らむ子

Author:らむ子
◎好き◎
トーキョーバイク、GB250、釣り、登山、アウトドア、ミミズコンポスト

◎Twitter◎




◎Instagram◎


◎日本百名山◎(現在59座)  
利尻岳。
羅臼岳。
斜里岳。
阿寒岳。
大雪山。★
トムラウシ。
十勝岳。
幌尻岳。
後方羊蹄山。
岩木山。★
八甲田山。★
八幡平。
岩手山。
早池峰山。
鳥海山。
月山。
朝日岳。
蔵王山。
飯豊山。
吾妻山。
安達太良山。★
磐梯山。
会津駒ヶ岳。
魚沼駒ヶ岳。★
平ヶ岳。★
巻機山。★★
燧岳。★
至仏山。★
谷川岳。★★
苗場山。★
妙高山。
火打山。
雨飾山。
高妻山。★
男体山。★
奥白根山。★★
那須岳。★
皇海山。★
武尊山。☆★
赤城山。★
草津白根山。★
四阿山。☆★
浅間山。★
筑波山。★
丹沢山。★
両神山。★★★★★★
雲取山。★★★★★★★★★★★★★
甲武信岳。★
金峰山。★★★★
瑞牆山。★
大菩薩嶺。★
富士山。★★☆★★★★★★☆★★
天城山。★
白馬岳。★
五竜岳。★
鹿島槍ヶ岳。★
剱岳。★ 
立山。★
薬師岳。
黒部五郎岳。
黒岳。
鷲羽岳。
槍ヶ岳。★
穂高岳。★
常念岳。★
笠ヶ岳。★
焼岳。★
乗鞍岳。★
御嶽山。★
美ヶ原。★
霧ヶ峰。★★
蓼科山。★★
八ヶ岳(赤岳)。★★★★
木曾駒ヶ岳。★
空木岳。★
恵那山。★
甲斐駒ヶ岳。★★
仙丈岳。★
鳳凰三山。★
北岳。★
間ノ岳。★
塩見岳。★
悪沢岳。
赤石岳。
聖岳。
光岳。
白山。
荒島岳。
伊吹山。★
大台ヶ原山。
大峰山。
大山。
剣山。
石鎚山。
九重山。
祖母山。
阿蘇山。
霧島山。★
開聞岳。★
宮ノ浦岳。

◎東京の山◎
三頭山。
大岳山。
日の出山。
川苔山。
鷹ノ巣山。
御前山。
棒の嶺。
高水三山。
大寺山。
倉戸山。
本仁田山。
高尾山(高尾~陣馬)。
陣馬山。
日和田山。
天上山。

◎その他の山◎
竜ヶ岳。
鍋割山。
北横岳。
妙義山(相馬岳)。
金時山。
蝶ヶ岳。
天狗岳。
権現岳。


★…登った回数。

行った山はほとんど載せているので
気になった山は
ブログ内検索してみてください♪♪






「Outdoor monkey」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Amazon.co.jpロゴ



ピクスタ始めました♪♪

15461792

(c)らむ子 写真素材 PIXTAー

QRコード

↓ケータイからはこちら♪↓

QR

いらっしゃ~い♪

あなたは

人目のお客様です♪♪

ブログランキング

ランキング参加しています♪

投票してください(^^)♪

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

『Outdoor monkey』

お山メインなアウトドアブログです(^^)♪自分が振り返りで見る山行記録として始めました。2011年4月の両神山で百名山デビュー♪ 単独でちゃちゃっと歩いたり、のんびり歩いたりなのでコースタイムは目安程度に♪♪文章力ないので写真を楽しんで欲しいところですがそれも初心者なのであしからず。。。里山からアルプスまで本気で遊びます♪♪ 右膝に爆弾(半月板除去)抱えてます…

2012.5.12 富士山(須走口)

夏に登った富士山は人が多くて、
「もう絶対富士山行かない
と思っていましたが、雪山を始めてから雪の富士山にいきたい!!と激しく思っていて毎日天気をチェックしていたのですが、ちょうど土曜日が晴れマークだったので行ってきました(#^.^#)!!
しかし「登山天気」によると12日だけなぜか強風で気温低い。。。

本当は、スノボをやりたかったのですが、
山頂(剣ヶ峰)目指したかったことと、雪の富士山の様子を見たかったのでヒップそりだけ持っていきました。
シリセード(そりセードかww)で下りてくるつもりです(*^_^*)♪

前回の富士山(夏)」と全く違う景色が見られたのでよかったら見比べてみてください(^^)♪特に山頂手前の鳥居の違いがすごいです!(^^)!



5/11日の夜に家を出発し、サービスエリアで1時間半程仮眠をして3時に須走口5合目に到着。
車は数台止まっているが歩き始めそうな人はいなく、ちょっと不安。。。
周りの車の様子を伺いながら駐車場をブラブラ。。。

5合目からの夜景。


富士山。
IMG_7879.jpg



しばらくブラブラしていると車から出てきた方がいたので少しお話しました
(ガサガサうるさくて起こしてしまっていたらすみません。。。)

この方も富士登山に来ていた方で、富士山が好きで富士山専門で登っているという方でした

いろいろ話をしているうちに、一緒に歩き始めることになり、一緒に出発。(4:10)
IMG_7880.jpg

古御岳神社から登山道に入るとすぐに雪がありましたがいい感じに雪が締まっていてアイゼンなくても十分歩きやすい。


実は前回、富士山に登った時は軽い高山病っぽくなり頭痛が辛かったので不安感があり、
始めから飛ばさず一歩一歩慎重に歩き呼吸をしっかり意識しながら進みました。

高山病にならないために睡眠はたくさんしておくつもりだったのですがなんだかんだ忙しくて車で少しゴロゴロウトウトした程度。。。
不安だ。。。

樹林帯を抜け、少し歩くとご来光。
IMG_7883.jpg

IMG_7884.jpg
なんだか朝日を見たら寝不足の疲れなんてなくなっちゃいました!!テンション上がりますね
山中湖も綺麗


始めのうちは砂礫ゾーンと雪ゾーンがあってこんな感じ。
IMG_7885.jpg

だんだん明るくなってきました。
IMG_7886.jpg


夏はしっかりと登山道がありますが冬はこんなに広々
IMG_7887.jpgどこを歩こうが自由です
(時期やその時の状況によっては雪崩の危険もあるので自己責任ですが。。。)

こんなに広い天然のゲレンデを見たらボードを置いてきたことにちょっと後悔
でも今回は、下見&剣ヶ峰登頂が目的だからいいんです
と自分に言い聞かせる


始めはアイゼンなしで歩いていましたが傾斜が少しずつ急になってくるのでアイゼン装着。
いっつもアイゼンつけるタイミングはすごく迷う。。。
重たくなった足では歩きたくないけどアイゼンなしだと踏ん張りが利かず意外と無駄に力を入れちゃって疲れるんですよね

アイゼンつけるとやっぱり雪面への喰い付きがよくって歩きやすい
雪歩きに慣れるまでは早めにつけておくほうが無難ですね!


なんだか少しずつ雲がモクモクと増えている気がするが。。。
IMG_7888.jpgそれにしてもこの斜面、ボードがあったら最高だなぁ。。。

富士山は始めのうちから山頂が見えて、すぐそこに山頂があるように感じるのですがなかなか近づかない。。。
初富士山の時はそれが疲れて辛くて、振り返ると見える絶景も飽き飽きするほどでした

夏道では、山小屋を経由しながらくねくねと進むのですが今回は小屋を横目に直登します。
IMG_7891.jpg


7合目付近?からの景色。


見ただけではずーっと変わらない一面の雪景色ですが、
徐々に傾斜もきつくなるのはもちろんのこと、
雪の状況も標高を上げるにつれてどんどん変わっていきます。

始めはザクザクとアイゼンがよくかかる歩きやすい雪だったのが徐々にアイスバンになっていき、
所々、アイスバンの上に吹き溜まりのようにうっすらとパウダーが敷かれた斜面があり、歩きづらかった。

少しずつ酸素も薄くなり、息切れしやすくなりますがなるべく息切れを起こさないようにゆっくりと歩き、
途中でちょくちょく呼吸を整えながら進みます。



傾斜も急で、常にアキレス腱が伸びた状態になるからキツイ
IMG_7892.jpg


下のほうでは吹いていなかった風も徐々に強くなり、カチンコチンの氷の上ではバランスが取りづらく
時折、耐風姿勢を取りながら慎重に進みます。
この急登の氷の上で転びでもしたら確実に停止できないと考えるとかなりの恐怖。。。

風で雪や氷の粒が舞い、顔に吹き付けられます。
IMG_7893.jpg結構いたい
ボードがあったら吹き飛ばされていたに違いない

時折、つむじ風のような雪の渦が命を吹きこまれたような動きで
こっちに向かってくるので怖いです


こんな雪の芸術も。
IMG_7894.jpg
パウダースノーの表面がうっすらと固まって、強風で下のパウダーが
吹き飛ばされてできたのかな??



ついに山頂直下の鳥居に到着。
IMG_7898.jpg
すげー
夏とは大違い

山頂直下は殺人的な大風で恐怖でしたがこれを見たら恐怖も和らぐほどの興奮です
雪というより氷がびっちりで、多分気温が上がってこれが剥がれたら落氷になるんだと思われます。


山頂到着。(9:10)
IMG_7899.jpg
雪と雲で真っ白な世界。
強風で怖かったけどあとから写真で見ると天国のよう


五合目出発からジャスト5時間
ゆっくり登ったつもりでしたが夏の時と比べて結構速い。
自分ペースで歩いたのもあるけど直登するとやっぱり早い


山頂からの景色。

風で雪が舞いあがってます。。。
IMG_7900.jpg

お鉢巡りしたかったのですが今回は強風のためやめました
雪のお鉢を拝めただけで大満足です

こんな姿もめったに見られないですし。
IMG_7907.jpg

IMG_7908.jpg

強風の中、記念にパチリ
IMG_7902.jpg
雪が舞ってます


山頂の風は特別強く、立ってるのもやっとなので写真を撮って早めに下山開始(9:30)


山頂付近は急登なうえにカチンコチンなのでソリセードなんてやる余裕もなく、
風におびえながら慎重に慎重に下山。


やっぱり雲が上がってきてるIMG_7909.jpg


下山では、BCスキーやスノーボードの方にたくさんすれ違いました。
滑る人たちは雪が緩んでから滑るためにゆっくりなのですかね
30人くらいはいたかな??


ちょっと寄り道。(10:10)
IMG_7910.jpg

本八号からちょっと下った辺りに頭を出している岩場があったので
ここで食事休憩。(10:30~11:10)
IMG_7912.jpg
本当は山頂でのんびーりできたら最高だったのですが風が弱まるとこまで下りてからのんびり♪

気温が上がって雪が緩んできたので休憩後はここからそりで下ります

動画も写真も撮ったのですが間違えて食事休憩以降の写真をすべて消去してしまいました

そりを使わずシリセードも試してみたけどよく滑りました。

ピッケルの石突を雪面に押し付けてスピードのコントロールしながら滑りましtが
やっぱり歩いて下るよりも断然はやくて断然楽ちん

ただ、雪質によってはアイゼンを外さないとスピード出たときに足が雪面に引っかかり
大惨事になりそうなのでお気をつけて
あと、短いピッケルは転んだときに刺さる可能性があるらしい。。。


下山完了。(11:40)
滑り降りたらだいぶ早い!(^^)!


売店のおばちゃんにしいたけ唐辛子茶をいただき、ちょっと休憩してから帰宅


ヒップそり。
IMG_7914.jpg(帰宅後撮影)


登山・キャンプ ブログランキングへ
↑ぽちっと応援してください



↑雪山に興味を持ってから買った本。
雪山デビューしたシーズンに富士山登頂成功できたのには感激
でも、今回はたまたま天気も良かったからいいけど、毎年事故のある山なのできちんと準備して登らなくてはですね
関連記事
スポンサーサイト

コメント

from yamauchi
めっちゃかっこいいですね!!
雪の富士山。
そしてそれに登ったなんて凄いですー!!
この景色拝んでみたいけど、まだまだ経験不足で怖さが勝ちます…><
写真楽しませてもらいましたーーーー!!
後半の写真消えたのが残念ですね。。

私も、このシーズンはまずピッケル買って練習しようかな。

from えび
富士山って冬も登れるんですね~
なんか特別な届け出が必要だと思っていました。
わたしはまずは夏の富士山が目標です^^

やまうちさんへ。

from らむ子
雪の赤岳と雪の富士山は憧れだったんです(>_<)!
天気にも恵まれて登頂することができてよかったです(#^.^#)♪

雪山始めたら白と青の世界の虜になりました!(^^)!
ぜひ機会があれば行ってみてください♪

えびさんへ

from らむ子
届け出は必要ないですよ(#^.^#)
登山届はあったほうが良いと思いますが(>_<)

立ち入り禁止とは書いてありますが、それは観光客向けの看板みたいで、
5合目の山荘の方も普通に登山客に話しかけてきてくれます♪

雪山経験が十分あれば、無駄なくねくねの夏道を通らず直登出来るので危険はありますが、
雪質によってはこの時期のほうが楽かもです(*^_^*)

from まあ
ミクシイから来ました。 『まだ登れる雪山!』と思っていろいろ探していたらたどり着きました。
 私は山頂へは無理かもしれませんが、雪山トレとして行くにはイイのかも知れませんね…。

まぁさんへ

from らむ子
訪問&コメントありがとうございます(^^)!!

天候によってはホワイトアウトなどの恐れもあるのでお気をつけて(>_<)!
でも、ちょっと歩けば良い景色が見られるので山頂目指さなくても楽しめると思います(⌒‐⌒)♪

from mohimohi
先ほどに続きこちらも読ませて頂きました。
これを読んで私も必ず雪山に挑戦してやろうと思いました。
今から雪山の知識をつけて、いきなり頂上ではなく、まずは8合目くらいを目標に来年の春、挑戦してみます!

mohimohiさんへ。

from らむ子
いきなし富士山の雪山はキビシイですよ(>_<)!!
低い雪山でアイゼン歩行の練習から行っていくと良いと思います!!

富士山に限らずですが、
死亡や遭難事故相次いでいるので気を付けてステップアップしていきましょう(^◇^)!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/150-e9c12bba

HOME
広告:まとめ