--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.4.21 すっかり春の雪山赤岳。

2012年04月22日 22:51

雪の赤岳にずっと行きたいと思っていたのですがついに休みと、いい天気が重なったので行ってきました
7/22~23 八ヶ岳。 (阿弥陀岳~赤岳~横岳~硫黄岳) 



前日の夜に出発し、談合坂SAで2時間仮眠。
5時頃から歩き始める予定で出発し、4時頃に美濃戸口到着し、車を降りてみるととっても綺麗な星空が
急いで赤岳山荘のパーキングに向かうとハプニングが(>_<)
IMG_7110.jpg
前から押しても後ろから押しても全く動きません。。。

真っ暗というのもあってこんなに深いぬかるみとは思わなかったー。。。
情けない

携帯の電波は何とかあったのでレッカーにSOS。
山奥ということもあり、レッカーが来たのが6時。
お金も時間も喰われ、精神面も体力もつかれました
赤岳&阿弥陀岳、あわよくば赤岳&横岳&硫黄岳なんて考えもあったけどこりゃ赤岳おんりだなぁ。。。

赤岳山荘に車を止めて急いで準備をして出発(7:10)
IMG_7111.jpg

始めは所々アイスバーンで進むにつれて全面アイスバーン。

だんだんと雪も出てきて、
気が付くと雪だらけ
IMG_7113.jpg

前日の雨は雪だったようで、春らしい湿り気のある雪。
雪が重たく歩きづらい


横岳(岩峰群の総称)見えた。
IMG_7115.jpg

堂々とした赤岳も
IMG_7116.jpg

阿弥陀岳も。
IMG_7117.jpg左のひょっこり頭は中岳。



行者小屋。(8:40)
IMG_7118.jpg
GWからの営業に向けて準備しているようでショベルカーが止まっていました。



行者小屋からの景色。



行者小屋で小休憩。
朝食のあんぱんを食べながらサーモスの紅茶を飲み、おじさん達と立ち話
50代のおじさん、来週に穂高と槍に行くために足慣らしに来たんだって。
すごいなー

地蔵尾根で登るか文三郎尾根で登るか。。。
と考えていたけれど、おじさんとおんなじ文三郎で登ることに決定。

おじさん達より一足お先に、赤岳に向けて出発(9:20)
IMG_7119.jpg


一人分のトレースはありましたが歩きづらい

文三郎尾根からの硫黄岳と横岳。
IMG_7121.jpg


赤岳を見上げる。
IMG_7122.jpg

新雪の下に固い雪があり、固い雪に前爪を掛けるようなイメージで急登を登ります。
IMG_7123.jpg

ピッケルがないと登れないと思うくらいの急登でした
こんな雪山初
約一年前に登山初めて、一年後に雪の赤岳に来れるとは感動です


IMG_7124.jpg
でも慣れない雪山にてこずりいつの間にか追い越されちゃった。。。

気温はかなり暖かく、長そでシャツ一枚で十分
最高のお天気です

阿弥陀岳&中岳。
IMG_7125.jpg

IMG_7126.jpg

分岐。(10:26)
IMG_7127.jpg

だんだん気温が上がってきてあちこちの斜面で雪がサラサラ、コロコロ流れてる
もちろん、ゴーっと雪崩てるとこも。。。

中岳&阿弥陀。
IMG_7128.jpg
夏の景色。〉←おんなじ角度からおんなじ場所をパチリ。

竜頭峰分岐。(11:10)
IMG_7129.jpg


ここからは急登というかクライミング&かなり危険なトラバース
しかも雪がかなり湿ってきて喰い付き悪い

夏は鎖を登ったハズなんだけどそんなもの出ているとこはなく、ピッケルを手掛かりにしながら慎重に前進します。

かなり急な傾斜のトラバースも、、、
ここも、しっかりピッケルを山側に刺し、確実に安定しながら進めるように慎重に進みます

帰りどうしようかと本気で考えました

一枚も写真がないのが恐怖の証

恐怖のせいなのか、寝不足のせいなのか、いろいろな疲れのおかげで軽い高山病症状が
鼓動と荒い呼吸が止まりません

まるで酸欠の金魚のようになりながら、
八ヶ岳の最高峰到着。(11:30)
IMG_7133.jpg
ん??
ほんのついさっきまで快晴だったのにガスガス。。。
どうしてー

夏に来た時もガスガスだったから晴れを狙ってきたのになぁ
朝の事件がなければ。。。と思うと悔しいデス


下りのコースは地蔵尾根です。
赤岳頂上小屋は埋もれてる。。。
IMG_7134.jpg

赤岳主稜からは行者小屋が見えます。
IMG_7135.jpg

赤岳展望荘。
IMG_7136.jpg

地蔵尾根分岐。(12:20)
IMG_7137.jpg
赤岳方面を振り返ってパチリ。
IMG_7138.jpg
地蔵尾根の取りつきはナイフリッジになっていました。
IMG_7139.jpg
地蔵尾根は結構急。
IMG_7140.jpgピックを刺して支えながら後ろ向きで下ります。
積雪多く、梯子などは雪の下。。。

阿弥陀岳。
IMG_7141.jpg雪崩の巣。。。

行者小屋。(13:00)
IMG_7142.jpg最後に赤岳のイケメンフェイス見せてくれました

下山完了~。(14:30)
IMG_7143.jpg
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ramuko11o.blog116.fc2.com/tb.php/147-cfc8bc10
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。