カテゴリ
リンク
プロフィール

らむ子

Author:らむ子
◎好き◎
トーキョーバイク、GB250、釣り、登山、アウトドア、ミミズコンポスト

◎Twitter◎




◎Instagram◎


◎日本百名山◎(現在59座)  
利尻岳。
羅臼岳。
斜里岳。
阿寒岳。
大雪山。★
トムラウシ。
十勝岳。
幌尻岳。
後方羊蹄山。
岩木山。★
八甲田山。★
八幡平。
岩手山。
早池峰山。
鳥海山。
月山。
朝日岳。
蔵王山。
飯豊山。
吾妻山。
安達太良山。★
磐梯山。
会津駒ヶ岳。
魚沼駒ヶ岳。★
平ヶ岳。★
巻機山。★★
燧岳。★
至仏山。★
谷川岳。★★
苗場山。★
妙高山。
火打山。
雨飾山。
高妻山。★
男体山。★
奥白根山。★★
那須岳。★
皇海山。★
武尊山。☆★
赤城山。★
草津白根山。★
四阿山。☆★
浅間山。★
筑波山。★
丹沢山。★
両神山。★★★★★★
雲取山。★★★★★★★★★★★★★
甲武信岳。★
金峰山。★★★★
瑞牆山。★
大菩薩嶺。★
富士山。★★☆★★★★★★☆★★
天城山。★
白馬岳。★
五竜岳。★
鹿島槍ヶ岳。★
剱岳。★ 
立山。★
薬師岳。
黒部五郎岳。
黒岳。
鷲羽岳。
槍ヶ岳。★
穂高岳。★
常念岳。★
笠ヶ岳。★
焼岳。★
乗鞍岳。★
御嶽山。★
美ヶ原。★
霧ヶ峰。★★
蓼科山。★★
八ヶ岳(赤岳)。★★★★
木曾駒ヶ岳。★
空木岳。★
恵那山。★
甲斐駒ヶ岳。★★
仙丈岳。★
鳳凰三山。★
北岳。★
間ノ岳。★
塩見岳。★
悪沢岳。
赤石岳。
聖岳。
光岳。
白山。
荒島岳。
伊吹山。★
大台ヶ原山。
大峰山。
大山。
剣山。
石鎚山。
九重山。
祖母山。
阿蘇山。
霧島山。★
開聞岳。★
宮ノ浦岳。

◎東京の山◎
三頭山。
大岳山。
日の出山。
川苔山。
鷹ノ巣山。
御前山。
棒の嶺。
高水三山。
大寺山。
倉戸山。
本仁田山。
高尾山(高尾~陣馬)。
陣馬山。
日和田山。
天上山。

◎その他の山◎
竜ヶ岳。
鍋割山。
北横岳。
妙義山(相馬岳)。
金時山。
蝶ヶ岳。
天狗岳。
権現岳。


★…登った回数。

行った山はほとんど載せているので
気になった山は
ブログ内検索してみてください♪♪






「Outdoor monkey」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Amazon.co.jpロゴ



ピクスタ始めました♪♪

15461792

(c)らむ子 写真素材 PIXTAー

QRコード

↓ケータイからはこちら♪↓

QR

いらっしゃ~い♪

あなたは

人目のお客様です♪♪

ブログランキング

ランキング参加しています♪

投票してください(^^)♪

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

『Outdoor monkey』

お山メインなアウトドアブログです(^^)♪自分が振り返りで見る山行記録として始めました。2011年4月の両神山で百名山デビュー♪ 単独でちゃちゃっと歩いたり、のんびり歩いたりなのでコースタイムは目安程度に♪♪文章力ないので写真を楽しんで欲しいところですがそれも初心者なのであしからず。。。里山からアルプスまで本気で遊びます♪♪ 右膝に爆弾(半月板除去)抱えてます…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.11.21 富士山  ☆10度目の登頂☆



いつも冬山のシーズン始めと終わりに登っている富士山へ、雪山足慣らしということで今年も登ってきました♪♪

今年はどこも冬の訪れが遅くて富士山も
まだまだ積雪がほぼ無かったのですが、
前日に怪しい天気となったので狙ってみましたー!!

いつもの須走口は今年は林道の工事があるため冬季閉鎖が一足早く、今回は吉田口馬返しから。

今年の正月に同じコースに偵察に来たときは、6合目までしか歩けず、今回も厳冬期の偵察を兼ねてこのコースをチョイスしてみました。

天気:晴れ
メンバー:2名
コース:吉田口馬返し→頂上浅間大社→吉田口馬返し

「富士山いってくるよー」
 と父親に報告すると
「付いてくー」
 とのことで今回の富士山も父親同行です

道の駅「富士吉田」に深夜到着し仮眠。
そしてココで無料の天然水を補給し馬返しへ
仮眠する前は星空が見えましたが起きてみるとガスガス

心配でしたが予報を信じて馬返しまで上がるとガスを抜けて星空が再び見えました!!(よかったー)


準備を済ませて出発(4:17)
PB210209.jpg

真っ暗な道をもくもくと進みます。
なかなか調子が出ず、ペースが上がらない…。
ヘッドライトの電池も少なくなり、光量が少なくなく視界の悪さが尚更疲れたのかも。面倒臭がらず電池交換すれば良かった…。


佐藤小屋(6:00)
PB210210.jpg少し休憩…。
この辺りから冷たい風がよく当たるようになりますので冷えないように注意。

ぼんやり明るくなり日の出もそろそろです。
_MG_6302.jpg山中湖は切りに包まれているようです。

ここから少し樹林に入るので、日の出前に抜けられるといいのですが。

間に合わなかった-。
_MG_6304.jpg

富士山も染まっています。
_MG_6303.jpgにしてもこの要塞のような山小屋街…。
吉田口ならではの荒々しい富士山が台無しだなー。とちょっとガッカリ。

もっと欲しいところですが雪も少ないです。8合目位からかな…。


スバルライン五合目越しに常念山脈。
_MG_6305.jpg
八ヶ岳。
_MG_6306.jpg

空が美しい♪
_MG_6307.jpg翌日から天気が崩れるということもあり、雲の模様が綺麗だったー。

6合目からは、幅のある砂利道をジグザグに登っています。


最初の山小屋、花小屋。(7:30)
_MG_6308.jpgここからは溶岩流でできた大きな岩場の連続です。
階段も多く、足をあげることになるのでキツイところですが、山小屋が連続するので休むところも沢山あります。

途中で休憩すると
東京スカイツリーを見つけました
_MG_6309.jpg
江ノ島も。
_MG_6311.jpg三浦半島の向こうは房総半島。

山小屋街を登っていくと
雪がだんだんと近づいてきましたー。
_MG_6313.jpg

8合目蓬莱館を過ぎると登山道にも雪。
_MG_6314.jpg滑ると怖いので早めにアイゼン装着!!


露岩が多く、落石が怖いので直登はしませんー。
_MG_6315.jpg

いつの間にか山中湖の霧もとれてました。
_MG_6316.jpg

箱根の噴煙。
_MG_6319.jpg右に芦ノ湖。

振り替えって
_MG_6317.jpg

伊豆諸島が見えます♪
_MG_6320.jpg


本8合目(10:20)
_MG_6322.jpgここから須走ルートと合流するので歩き慣れた場所です♪

ここまで来ればあとわずか
_MG_6323.jpgでもないか


本8合目からは所々ショートカットして登りました。
PB210234.jpg

段々急になってきます
_MG_6325.jpg

9合目の鳥居がなかなか近づかない…。
_MG_6326.jpg

しんどいですが快晴なのが気持ちいい♪
_MG_6327.jpg風が当たらなければポカポカです。


9合目辺りからいつも通り風が強いです。この辺りは横からの突風が吹くので耐風姿勢をとれるように構えながら進みます。

海老の尻尾も大きくなってきました。
_MG_6328.jpg氷りの塊は気温が上がると落氷となるのです。

山頂直下もまだ露岩が多いです。
_MG_6329.jpg山頂直下は固い氷の急坂で風も強いので足をとられないように要注意。
空気も薄いのでペースが上がりませんが休む場もありません。

慎重に一歩一歩登るとやっと山頂へ。
_MG_6330.jpg

富士山頂上浅間大社奥宮(11:50)
_MG_6331.jpg10度目の登頂~

前回より二時間も多く時間がかかり、
体力の低下を実感。


氷の要塞と化していました。
_MG_6332.jpg
こんなに氷で覆われているのを見るのは初めてかも…。
_MG_6333.jpg

毎回楽しみにしている噴火口。
_MG_6334.jpg大迫力!!

~山頂からの景色~


山頂は風が強いので退散(12:20)
_MG_6335.jpg
登り同様、山頂直下の下山は特に注意。
一番ヒヤヒヤするところ…。

8合目で昼食にしました。
サーモスに入れてきたお湯でカップラーメン♪

8合目よりしたの山小屋街の岩場の下りは膝に来ます…。
砂走なら楽なんですが。

山小屋が建ち並ぶ場所は海外のカンコウキャクガ多くて驚きました。
山頂を目指さないハイカーも多いのですね。

7合目付近から影富士。
_MG_6336.jpg雲海にうつるのを見てみたい!!

槍穂高。
_MG_6337.jpg

くたくたになりながら佐藤小屋(15:30)
_MG_6338.jpg三連休初日ということもあり、にぎわってました♪♪
翌日にピークを目指す他人が多いのかな


ここから馬返しまでも以外にまだまだ遠く、大変なところ…。
膝の痛みが心配でしたが馬返しにつくまでに痛み始め、ヘトヘトで下山しました。
下山完了(17:00)

今回、地元の人で日頃から富士山に登っているという強者に出会いました!!
登るスピードもかなり早くてビックリ!!
「一昨日も来た」と話してくれ、手軽に登っているそうです。

いつか、厳冬期の富士山に日帰りで挑戦してみたいと思っていましたが、いまの自分には無理だと思い知らされました。
日常的に登っていないと高所に適応した体は作れませんね…。

今回のログ(スント)
無題

↓ポチッとブログ応援お願いします‼

登山 ブログランキングへ
1日1回有効です♪♪




今回初めてノースフェイスの
3㍉厚のネオプレーンソックスを使用しました。
蒸れることを活かした暖かい作りで、
ウールの靴下よりも断然暖かく快適でした♪脱いだ靴のなかもサラサラで靴の内部は全く濡れていませんでした。
末端冷え性の方、これからの時期におすすめです♪
2ミリ厚のショートタイプもあるので
低山雪山ハイキングでも使用したいと思います♪



↓シェア大歓迎です(^^)♪
スポンサーサイト
関連記事

2015.11.6  海沢探勝路 滝巡り

前回の鷹巣山でお天気に恵まれ、秋山を満喫できたことで
そろそろ冠雪が始まってきたお山に行こうと考えていましたが、
日頃の疲れでこの週末はパッキングもせずに爆睡…。
ゆっくりと寝坊までしてしまいましたが山の空気を吸い込みたくてお気軽にハイキングしてきました♪♪

天気:晴れ
メンバー:1名
コース:海沢園地→三ツ釜の滝→ネジレの滝→大滝→海沢園地

場所はお気に入りの海沢探勝路の滝巡りです♪

海沢は日当たり悪くて薄暗い沢なのですが
見上げると日の当たる山肌が美しい。
_MG_6094.jpg


出発♪♪(9:20)
_MG_6095.jpg
海沢園地。
_MG_6096.jpg東屋とトイレがあります。

海沢園地から歩いてほんのスグの
ところにあるのが、
三つ釜の滝。
_MG_6097.jpgこの滝は横に階段がついていて登りながら横からも楽しめます♪

滝を横目に登っていくとスグに
ネジレ滝の案内板。
_MG_6098.jpg
案内板のスグ先で再び沢沿いに降りていきます。
_MG_6099.jpg

ネジレの滝(9:35)
_MG_6101.jpg薄暗くてひっそりとした滝です。

本来はここから大滝へ向かうには先程の案内板まで戻り、沢から離れた登山道を登っていくのですが今回は裏ルートで。

この看板から対岸に渡ります。
_MG_6102.jpg

古い鎖とロープがあるのでここを登ります。
_MG_6103.jpgロープは夏に沢登りのツアーが来るので取り付けられたみたいです。

ロープが取り付けられていますが危険な場所なので気をつけて進みます。
_MG_6104.jpg
夏は結構お遊びの沢登ツアーが来るみたいだけどダイジョブなのか?と思うくらい危ないです。

ネジレの滝を通り越せばさほど危険ではないです。

みどりのロープは沢登りツアーの残置。
_MG_6105.jpgこれを目印に進もうとすると水に落ちますので、ロープは無視して踏みあとを見て進むと良いです。

大滝(10:00)
一番大きな滝で、滝の間下まで行けるので結構迫力があります。
_MG_6107.jpg
滝壺の手前で対岸に渡ります。
(写真は対岸に渡って正規ルートへ戻るところ。)

階段を登って、正規ルートで帰ります。
_MG_6108.jpg

尾根へ上がります。
_MG_6110.jpgここから大岳山へ登れますが悪路となっています。
危険箇所は無いですが、藪が多くてうっとおしい道が続きます。

今回は滝巡りで癒されに来ただけなのでココまでにして小休止。
_MG_6111.jpg森の空気が気持ち良い♪

一際目立つ落ち葉。
_MG_6112.jpg

紅葉はこれからという感じ。
_MG_6113.jpg

木の根や露岩の多い道なので気をつけて下っていきます。


海沢園地到着(10:25)
_MG_6114.jpg

ちょこっとの時間で自然を満喫できるので大好きな場所になりました♪♪



ブログ応援お願い致します♪

アウトドア(全般) ブログランキングへ

スマホを三脚に取り付けできるマウントを見つけました(^^)!!


激安過ぎて心配でしたがちゃんと届きました。

これで送料無料とかAmazonどういうカラクリなんだ?



↓ブログのシェア大歓迎です
関連記事
HOME
広告:まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。