カテゴリ
リンク
プロフィール

らむ子

Author:らむ子
◎好き◎
トーキョーバイク、GB250、釣り、登山、アウトドア、ミミズコンポスト

◎Twitter◎




◎Instagram◎


◎日本百名山◎(現在59座)  
利尻岳。
羅臼岳。
斜里岳。
阿寒岳。
大雪山。★
トムラウシ。
十勝岳。
幌尻岳。
後方羊蹄山。
岩木山。★
八甲田山。★
八幡平。
岩手山。
早池峰山。
鳥海山。
月山。
朝日岳。
蔵王山。
飯豊山。
吾妻山。
安達太良山。★
磐梯山。
会津駒ヶ岳。
魚沼駒ヶ岳。★
平ヶ岳。★
巻機山。★★
燧岳。★
至仏山。★
谷川岳。★★
苗場山。★
妙高山。
火打山。
雨飾山。
高妻山。★
男体山。★
奥白根山。★★
那須岳。★
皇海山。★
武尊山。☆★
赤城山。★
草津白根山。★
四阿山。☆★
浅間山。★
筑波山。★
丹沢山。★
両神山。★★★★★★
雲取山。★★★★★★★★★★★★★
甲武信岳。★
金峰山。★★★★
瑞牆山。★
大菩薩嶺。★
富士山。★★☆★★★★★★☆★★
天城山。★
白馬岳。★
五竜岳。★
鹿島槍ヶ岳。★
剱岳。★ 
立山。★
薬師岳。
黒部五郎岳。
黒岳。
鷲羽岳。
槍ヶ岳。★
穂高岳。★
常念岳。★
笠ヶ岳。★
焼岳。★
乗鞍岳。★
御嶽山。★
美ヶ原。★
霧ヶ峰。★★
蓼科山。★★
八ヶ岳(赤岳)。★★★★
木曾駒ヶ岳。★
空木岳。★
恵那山。★
甲斐駒ヶ岳。★★
仙丈岳。★
鳳凰三山。★
北岳。★
間ノ岳。★
塩見岳。★
悪沢岳。
赤石岳。
聖岳。
光岳。
白山。
荒島岳。
伊吹山。★
大台ヶ原山。
大峰山。
大山。
剣山。
石鎚山。
九重山。
祖母山。
阿蘇山。
霧島山。★
開聞岳。★
宮ノ浦岳。

◎東京の山◎
三頭山。
大岳山。
日の出山。
川苔山。
鷹ノ巣山。
御前山。
棒の嶺。
高水三山。
大寺山。
倉戸山。
本仁田山。
高尾山(高尾~陣馬)。
陣馬山。
日和田山。
天上山。

◎その他の山◎
竜ヶ岳。
鍋割山。
北横岳。
妙義山(相馬岳)。
金時山。
蝶ヶ岳。
天狗岳。
権現岳。


★…登った回数。

行った山はほとんど載せているので
気になった山は
ブログ内検索してみてください♪♪






「Outdoor monkey」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Amazon.co.jpロゴ



ピクスタ始めました♪♪

15461792

(c)らむ子 写真素材 PIXTAー

QRコード

↓ケータイからはこちら♪↓

QR

いらっしゃ~い♪

あなたは

人目のお客様です♪♪

ブログランキング

ランキング参加しています♪

投票してください(^^)♪

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

『Outdoor monkey』

お山メインなアウトドアブログです(^^)♪自分が振り返りで見る山行記録として始めました。2011年4月の両神山で百名山デビュー♪ 単独でちゃちゃっと歩いたり、のんびり歩いたりなのでコースタイムは目安程度に♪♪文章力ないので写真を楽しんで欲しいところですがそれも初心者なのであしからず。。。里山からアルプスまで本気で遊びます♪♪ 右膝に爆弾(半月板除去)抱えてます…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.5.17 両神山 (日向大谷)

初めて登った百名山ということもあり、
何かとお気に入りの両神山♪♪

ちょっとした岩場を楽しみに、
久し振りに友達のチャーリーを連れて行ってきました(^^)♪

5回目の両神山ですが、
日向大谷から歩くのはかなり久し振り♪

前回の両神山登山→2013.4.27 両神山(八丁尾根)
↑八丁尾根の記録はコチラから


天気:晴れ
メンバー:2名
コース:日向大谷→(薄川)→両神山山頂→(七滝沢)→日向大谷

自宅を3時に出ましたが、なんたかんだ時間がかかり、無料のパーキングはほぼ満車でギリギリセーフでした
_MG_3523.jpg前日の土曜がお天気イマイチだったので快晴のこの日に集中したようです。

準備を整え、
クライムオーン(6:20)
_MG_3524.jpg階段を登ると登山届け提出ポストがあります。

両神山荘のすぐそばに濃いピンクの八重桜。
_MG_3525.jpg

少し歩くとすぐに沢沿いへ♪(会所)
_MG_3526.jpgそよ風が涼しぃー。

沢沿いは苔が綺麗!!
_MG_3527.jpg
涼しいのは沢沿いだけで、
急な登りでは汗が吹き出ます。

八海山(8:15)
_MG_3528.jpg

ヤマツツジ。
_MG_3529.jpg

カエデ。
_MG_3530.jpg新緑が美しい。新緑から深緑へ。

途中で白藤の滝へ足を伸ばしてみます♪
涼しげな沢の音に誘われながら、急な斜面を下ります。

白藤の滝。(7:40)
_MG_3531.jpg
初めて来てみました。
細く長ーく優しい滝。
さっきまでの人の多さが嘘のように静かな場所で、たっぷり休憩♪♪
沢の水で手拭いを濡らして汗をぬぐいます。

たっぷりやすんで回復しましたが、登山道へ登り返すのがシンドイ...。

登山道に戻る頃にはまたまた汗だくでした...。

サクラソウ。
_MG_3532.jpg

清滝避難小屋。(8:20)
_MG_3533.jpgここでまたまた大休止~。

稜線までの登りがまた急ですが
癒される出会いが♪♪
_MG_3535.jpg登山者が多いものの、堂々としていました。

楽しみにしていた鎖場ですがメインの鎖場には階段が設置されていて拍子抜け...。
_MG_3536.jpg面白いとこだったのになー...。

両神神社。(9:20)
_MG_3537.jpgここも休憩適所です。

ここの狛犬が好き!!
_MG_3538.jpgまるでピンクパンサー

フデリンドウ。
_MG_3539.jpg春に咲くリンドウ。
枝分かれせず、筆のように先端に花が集まっているのがハルリンドウとの違い。

本当は、アカヤシオが見たかったのですがもう終わってました…。



八ヶ岳。
_MG_3541.jpg

富士山。
_MG_3542.jpg雪少ないなー。

両神山さんちょ(9:55)
_MG_3543.jpg岩場で狭い山頂ですが、大混雑。

八丁峠方面にちょっこと進み、誰もいない場所を確保。
_MG_3544.jpgやっぱこあっちの尾根歩きの方がおもろいなー。

誰もいない小ピークで休憩です。
_MG_3545.jpg風がヒンヤリするものの、日差しがポカポカで心地よい!!

ミツバツツジ。
_MG_3549.jpg

ミネザクラ。
_MG_3548.jpg華奢だが力強く。

下山開始ッ(11:15)
_MG_3547.jpg

ひっそりとニリンソウ。
_MG_3551.jpg

下りの岩場はすれ違いも多くて大渋滞!!
下が詰まっているから立ち止まって、登りの方に道を譲ると後ろにいる人に「とっとといかないから!!」とイライラされたり。
団体の最後のおばちゃんが岩場で手こずっていると置いて行かれてしまっていたり…。
人ってヤだね…。と思う場面が多々ありました…。

本当は、
「山での出会いって楽しい!!」
と思うのですが、人が多いと仕方ない。


七滝沢分岐。(12:00)
_MG_3552.jpg初めて、七滝沢ルートを通ります。

養老の滝(12:15)
_MG_3553.jpg
ここも細くて優しい滝。
_MG_3554.jpg

なかなか急で、荒れている登山道。
_MG_3555.jpg一枚岩を慎重にくだったり。

鎖場もちょこちょこと。

ゴルジュ。
_MG_3556.jpg神々しい光でしたが写真には残せず…orz

赤滝。(12:45)
_MG_3557.jpg
ここで大休止。
沢沿いにテーブルがありました。
沢や滝の音って素晴らしいですねー。

そして、カエルに良く似たハルゼミ持賑わっています♪
自然の音って癒される。
時々エネルギーもらいに来ないとな…。

ここからも急で荒れ気味な登山道を下っていきます。
橋が崩落していたり、ザレ場のトラバースだったり…。


もう一か所ベンチがあり、そこでも休憩!!


会所。(13:50)
_MG_3558.jpg登りで歩いたコースと合流です。

ここからは汗をかかなようにスピードを
セーブしながら歩きます。

下山完了~(14:20)
_MG_3559.jpg大分車も減っていました。

意外と歩く距離が長い両神山。
下りで飽きてしまうことが多かったのですが、
七滝沢コースは危険個所もあったり、少し荒れ手いる個所も多いが人も少なく良いコースでした♪♪
やっぱり八丁尾根が良いけれど、優しい滝に沢の音に癒されにまた歩きたいルートになりました(*^。^*)

«今回のログはコチラ»
無題

クリックでブログ応援お願いします(1日1クリック有効です♪)

アウトドアランキングへ


↑今回、友だちのチャーリーのバーナー点火装置が故障してしまい、
「ライターやマッチ持っておくとイザというときに良いよ」
なんて教えたら、以前、無性に気になっていたファイヤースターターの事を思い出し、
アマゾン検索かけてみると、激安品がありました!!
次回からザックに忍ばせておきます。


↓シェア大歓迎です
スポンサーサイト
関連記事

2015.5.3 雲取山 (八丁橋)

久し振りの雲取山!!

前回は奥集落から目指したものの、
ラッセルがひどくて山頂踏めず...。

雲取山の春の訪れを楽しむために再びやって来ました(^^)♪

天気:晴れ
メンバー:ひとり
コース:八丁橋→唐松谷→ブナ坂→雲取山山頂→富田新道→八丁橋

奥多摩駅で登山届を提出し、日原方面へ。
日原から未舗装の道に入り、しばらく進むと八丁橋に到着。
すでに10台弱の先行者がいましたが、
釣り師も数名いる様子です。


準備を整え出発。(5:35)
IMG_3319.jpg

ゲートの直前まで車は停められるようです
IMG_3320.jpgゲートの向こうはしばらく舗装路。

苦手な林道歩きが続きますが、
新緑がとても綺麗で意外と飽きずにあるけた。
IMG_3322.jpg途中で未舗装になります。
バイクと自転車はゲートを越えて登ってきてました!!


誰ーもいない林道歩き...。
素敵な出会いが♪♪
IMG_3321.jpgちょっとピン甘ですが、お気に入りの写真♪♪


ここから登山道。(6:25)
IMG_3323.jpg左に曲がります。
まっすぐの大ダワ方面は崩落により通行禁止。

気持ちのよい新緑の森を下ります♪
IMG_3324.jpg

下りきると吊り橋。
IMG_3326.jpg揺れるので高所恐怖症の人は怖いトコ...。

唐松谷コースはここから沢沿いに進むのかと思いましたが、
右側へ登っていきます。
IMG_3327.jpg沢から離れていきます。


唐松谷と富田新道の分岐(6:50)
IMG_3328.jpg唐松谷コースへ。

沢沿いといっても深い谷の上部をトラバースしながら登っていくのがほとんど。

こんな橋が数ヶ所。
IMG_3329.jpgザレの急斜面のトラバース箇所も多く、滑落注意。しかも、落ち葉が積もっていて嫌らしい...。

ミツバツツジ。
IMG_3330.jpg遠くから見ると綺麗ですがもうシナシナになっているのが多い。

ネコノメソウ。
_MG_3331.jpg

標識①(7:15)
_MG_3332.jpg

ハシリドコロ。
_MG_3333.jpg毒草。走り回らずにはいられないほど苦しむことが由来。

沢の最終地点(登山道で)で大大休止。
_MG_3334.jpgヤマザクラの下は花びらがひらひらと。

沢沿いを散策しているとキャーンという鳴き声が♪♪
_MG_3335.jpg親子でした♪

ボチボチ行きますか!!(8:40)
_MG_3336.jpg標識②

ここから石尾根へガツンと登ります!!

ヤマザクラがあちこちに咲いてます♪
_MG_3337.jpg

カラマツが出てくるとすぐに
ブナ坂(9:05)
_MG_3338.jpgここまで誰一人と出会いませんでしたが、ここからは凄い賑わい。
今まで来た中で一番の混雑。

いつもなら混雑は大嫌いですが、
今回は唐松谷の静けさとのギャップが
あったので楽しく感じました

ここからの楽しみは景色を見ながら歩くこと♪♪

南ア。
_MG_3340.jpg

そして、

富士山。
_MG_3369.jpg

お化けの木。
_MG_3341.jpg通称ダンシングツリー。

カラマツの新芽。
_MG_3343.jpg

50人平ヘリポート。
_MG_3344.jpg

標高1700M 位は桜が満開♪♪
_MG_3345.jpg

奥多摩小屋(9:45)
_MG_3346.jpg

ヨモギノ頭。
_MG_3347.jpg

小雲取山。
_MG_3349.jpg埼玉県警の方がパトロールしてました。

山頂への最後の登り。
_MG_3350.jpg賑わってますねー
_MG_3351.jpg

雲取山山頂(10:20)
_MG_3353.jpg

小雲取山まで下ってランチにしようかと思いましたが、スペースが空いたので山頂ラーメン♪♪
_MG_3354.jpg山頂にあったタンポポの葉をトッピング。

人が多いのでコーヒーはやめにして
下山開始~(11:05)
_MG_3355.jpg

小雲取山。(11:15)
_MG_3356.jpgここから富田新道へ。

落葉松と笹の気持ちのよい道♪♪
_MG_3357.jpg

スミレが沢山でした。
_MG_3358.jpg日当たり良く、ポカポカの尾根道。

ひろーい尾根をジグザグに下るところも。
_MG_3359.jpg落ち葉が多く、下山時に道迷い注意。


標識。(12:05)
_MG_3360.jpg

向かいの山肌が美しい春色♪♪
_MG_3361.jpg

唐松谷コースと富田新道の分岐。(12:25)
_MG_3362.jpg


_MG_3363.jpg

吊り橋。(12:35)
_MG_3364.jpg 沢に降りて大休止。
冷たい沢水で手拭いを濡らして体を拭くと気持ちいい!!


沢から少し登り林道へ。(13:05)
_MG_3366.jpg日の当たる林道は暑い

そんなポカポカの林道にはアオダイショウが。
_MG_3367.jpg
熱を蓄えているのか全然動かない。


林道には、森林浴をしに来た方や釣り師、昆虫採集などさまざまな楽しみを求めて来ている方がいました♪♪

下山完了~(14:00)
_MG_3368.jpg

車の数の割りに登山者が少ないので、釣り師が多いのかなぁ。


«今回のログ(スント アンビット2)»
kumotori.jpg



アウトドアランキングへ
↑ブログランキング参加しています♪♪1日1クリックで応援お願いいたします!!

↓役に立ちそうな情報があったらシェアしていただけると嬉しいです
関連記事
HOME
広告:まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。