--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.2.11 川苔山&本仁田山

2015年03月01日 22:51

以前、川苔山の百尋ノ滝の氷瀑を見に行ったもののタイミングをハズしてしまったため、やっとこリベンジしてきました!!

2013.1.25 川苔山。

前回の記録。


天気:晴れ
メンバー:1人
コース:川乗橋→百尋の滝→川苔山→本仁田山→奥多摩駅


この日の日中はポカポカ陽気な天気予報でしたが、前日、前々日に寒波が到来していたので、滝の様子を見に行ってきました!!


奥多摩駅近くの氷川町営駐車場(氷川キャンプ場)に車を停め、始発バスに乗り込み、川乗橋へ!!
なんとこの駐車場、12月~1月は無料で解放されているのですよ♪♪
「これを使わなきゃ損!!」と思いつつ、今回が初めての利用です

川乗橋へ着いたらすぐにくらいむおーん!!(6:40)
IMG_1835_201502132050098e2.jpgここでバスを降りたのは5人ほど。

なるべく太陽の低いうち、気温の低いうちに百尋ノ滝へ着きたい

細倉橋。(7:18)
IMG_1836_20150213205011444.jpg去年の大雪の影響で橋が崩落し、通行止め。
下調べもしていないし、雪もあるので標識通りに、林道をそのまま進んで迂回します。

動物を探しながら林道テクテクしているとニホンジカさん。
IMG_1837.jpg可愛いお顔ですが、樹皮と植物の食べ過ぎはほどほどにね...。
シカも棲みかが狭くなって生活しづらいんでしょうね。

しばらく林道をうねうねと登っていくと、入山口。(7:45)
IMG_1838_20150213205013369.jpg

覗いてみると嫌な斜面に雪...。
IMG_1839_20150213205015acd.jpg部分的な様にも感じますが、安全第一でアイゼン装着。
すぐに雪はなくなり、アイゼンワークに注意して沢へ下降します。

沢まで降りると本来の沢沿いの登山道に合流。
IMG_1840_20150213205106080.jpg一旦、対岸の斜面を登り岩をぐるっと回って縄の設置された梯子階段を降りると

百尋ノ滝。(8:05)
IMG_1841_20150213205108b9f.jpg
限界まで寄ってみる...
IMG_1842_20150213205109c93.jpg 凍結度100%とはいかないものの、大迫力!!そして、時折ガッシャーンと水の流れとと一緒に落氷がっ!!こわいこわい...。

やはり、ここの氷瀑は気温が上がると崩れ、寒波が来ると再び凍るという、
タイミングによっては見られない氷瀑なのだと思われます。

滝のところで30分ほど写真を撮ってましたが他の登山者あとから来ることなく、ずーっと独り占めしてました
(その他の写真はInstagram覗きに来てください♪)

滝を満喫したら、川苔山山頂へ向かいます!!

先程降りてきた梯子階段を三つ登り、標識通りに進んでいきます。

斜面を登っていくと先程の林道からの入山口が向かいに。
看板があるのがわかるかなぁ??
こうみるとアップダウン激しいな。
IMG_1843.jpg

日が差し始めた林
IMG_1844.jpg杉の葉についた氷が落ちてきます。

今回は足毛岩とは反対のコース♪
沢をいくつか越えて進みます。
IMG_1845.jpgこのアップダウンが地味にツラい...。
IMG_1846.jpg日当たりのよいとこと悪いところの気温差も暑がりゆえの寒がり(汗冷えで)にはツラい...。

狐??の足跡。
IMG_1847.jpg

ゼイゼイしながら、気持ちのいい尾根へ♪
IMG_1848.jpgこの辺りでやっと他の登山者がチラホラと

ここも防火帯として切り開かれているのか、広々です♪♪

明るい冬の森が美しい。
IMG_1849.jpg

川苔山山頂。(9:50)
IMG_1850.jpg

今年、初めてのお山カフェ♪♪
IMG_1851.jpg今年は2連チャンで行きたい所まで到達出来ない山行だったので、こうゆっくりするのも久し振り。

バーナーの音を聴きながら揺ったりと流れる時間が好き。
贅沢な時間ですね♪
ポカポカと暖かくて最高だー。
末端冷え性なので手袋外してないのは自分だけでしたが

挽きたて淹れたて珈琲も贅沢~
IMG_1852.jpgバレンタインにいただいたカエルチョコww
カエル好きにはたまらん

こないだ、時間がなくて諦めた
雲取山。
IMG_1853.jpg石尾根が綺麗。

年始に強風で撤退した
富士山。
IMG_1854.jpg

展望も最高~!!



抜群の天気でこのままここに
居座りたいですが、
今回はまだ行ったことのない本仁田山へ行くのも目的なので名残惜しいですが荷物をまとめてサラバ!!

いざ、本仁田山へ~♪(11:00)
IMG_1855.jpg 先は長いぜ。ポレポレだぜー。

大ダワへ通じる尾根道へ。
IMG_1856.jpg鳩ノ巣駅方面と比べるとトレース少ない。

岩混じりの尾根を進みますッ!!
IMG_1857.jpg

少し進むと...

うわっ!!
あれが今から向かうコブタカ山&本仁田山か!!?(肩の部分がコブタカ山)
IMG_1858.jpg
すんごく下るのねー...。

大ダワへの下りは日当たりが良く、雪はほとんど無し。
露岩が多いのでアイゼンワーク不安な方は雪がなければ外した方が安心かもデス。
北側斜面は真っ白なのに、太陽の偉大さを感じますね!!

慎重に下っていき、降りきった所が
大ダワ。(11:35)
IMG_1859.jpg

一息ついて...。

ガツガツ登るとコブタカ山に着き、
揺る山かな尾根を進んで
もういっちょガツガツ登ると
本仁田山!!(ザックリ) (12:10)
IMG_1860.jpgこちらは都内方面の展望よし。
奥多摩や鳩ノ巣駅から来る人が多いのかな。

ココではのんびりせず、下山します。
急坂で有名なトコ、膝が持つか心配...。

雪はあまり無さそうなのでアイゼンは外しました。

所々に雪、凍結ありますが足場を良く探せば問題なしでした。
それにしても急だなー。
南アルプスへのアプローチのように奥深く、急坂が続く...。

安寺沢の集落へ降りていきます。
IMG_1861.jpg本仁田山で靴紐を閉め直さなかったのが失敗...。
めんどく下がらずちゃんとやらなきゃダメですね
爪先痛める前に直さなきゃでした

安寺沢。(13:00)
IMG_1862.jpgここからは車道を下ります!!
車道の下りも膝に来る

奥多摩駅。(13:30)
IMG_1863.jpg


今回のログ(スント)
kawa.jpgトータル約12㎞


前回に引き続き、ぐったりと疲れた山行でした
手先や足先が冷えてかじかむことが多い反面、汗が吹き出る事も多く、今回は額に触れるとシャリシャリ塩が出来てるほどでした...。
この汗っかきと末端冷え性どうにかならないかなー...。


アウトドアランキングへ

1日1クリックでブログ応援お願いします!!
スポンサーサイト
関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。