--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.3.28 上州武尊山  ☆百名山40座目☆ (リベンジしてきました!!)

2014年03月29日 21:43


ちょーっ!!忙しかった仕事に嫌気がさして、2か月ぶりにお山へ♪
いつかはリベンジを果たそうと誓っていた武尊山へ行ってきました!!

今シーズンは、安さが魅力的なスキーバスツアーを試してみようと思っていたものの、忙しすぎて一回も行かれず…。
結局シーズンも終わりに近づき、なんとかギリギリバスツアーで行くことが出来ました。

前回はラッセルと踏み抜き地獄に苦しみ、辛い山行となったので、
今回はどうかとドキドキ…。


天気:快晴
メンバー:ヒトリスト
コース:川場スキー場(ゲレンデトップ)→剣ヶ峰(西武尊)→沖武尊→川場スキー場

前回の武尊山
→→«2012.12.21 上州武尊山。 »
よかったら、前回の敗退日記もご覧ください



今回は池袋から出発のため、サンシャインのバスターミナルに7:00に集合。
学生時代はよくボードをやるためにビックホリデーのツアーバスに乗っていたので懐かしいです。

もちろんみなさんスキーヤーやボーダーなのでなんだか登山しにいく自分が浮いていてドキドキ…。

ソワソワした気持ちで乗車時間を待っているとザックにピッケルをつけた人を発見!!
どこに向かうのかなぁー。ときになっていると何と僕と同じバスに!!
しかもバスに乗り込むと僕のお隣さんでした♪

移動中、山の話を沢山させて頂き楽しい山旅となりました(^^)♪
ありがとうございました♪♪



川場スキー場に着いたのが10:00過ぎ。
今回はバスツアーのため遅い出発となりなんだかソワソワ…。
急いで身支度をし、あらかじめ用意しておいた登山届をリフト券売り場で提出します。

リフト券と『登山届提出済み』のチケットをリフト乗り場で見せてゲレンデトップへ!!


久々のお山にどきどきわくわく♪
IMG_6243.jpg本格雪山は11月の富士山以来だ…。


リフトを2本乗り継ぎ、ゲレンデトップにボードをデポしてくらいむおーん!!(11:20)IMG_6244.jpg前回はトレース無しの膝上ラッセルが延々と続きましたが今回は、シャーベット状のザラメ雪。冬山来ないうちにすっかり春ですね。

気持ちがせかせかしていたので写真を撮り忘れましたが、
ここから稜線への取り付きがいきなりの急登
陽射しが強く風もほぼないので汗が一気に噴き出てきます。
リフトに乗っているときからハードシェルいらない位の暖かさでした。
体温調整の難しい季節ですね


心臓バクバクさせながら稜線へ出るとベンチが
IMG_6245.jpg前回は雪の下で気がつかなかった。
向かいに見えるのは前武尊。あっちもなかなかスリルのありそうな稜線ですね。


反対の西側を向くと谷川岳。
IMG_6246.jpg黒い岩壁は一ノ倉の岩壁。

緩やかな稜線を歩くとすぐに剣ヶ峰(西武尊)。
IMG_6247.jpg

剣ヶ峰登頂。(11:40)
IMG_6249.jpg前回はかなりラッセルに苦労してここまで1時間もかかりましたが今回はあっさり
ただ、気温が高いのでこれから踏み抜きが増えそう…。


剣ヶ峰山頂は馬の背になっていてかなり狭いです。
IMG_6248.jpg前回は風が強くて怖かったです

剣ヶ峰の下りは崖になっているので慎重に下ります
今回は岩がだいぶ出ていました。


剣ヶ峰から下り、振り返ってパチリ。
IMG_6250.jpgホント、気高い山容です
しかし、帰りはここを登り返すのかと思うとちょっと憂鬱

剣ヶ峰を下ってからはアップダウンを繰り返しながら展望の良い尾根を進みます。
雪庇もまだ少し残っているので踏み抜かないようにルートを決めながら慎重に


雪がだいぶ汚れていて春の雪山だなぁ…。
IMG_6253.jpg気温が高くなるにつれて踏み抜きも多くなってきます。




アップダウンを繰り返しながら進むと山頂(沖武尊)へのビクトリーロード
IMG_6252.jpg前回はここまで2時間半かかりリタイヤ…。
多分この木の前で写真撮りました。(前回の日記参照)


シャーベット状の滑りやすい雪に気を付けながら登っていくと
今まで歩いてきた稜線が丸見えになってきます。
IMG_6254.jpg

そして待望の、武尊山山頂。(12:35)
IMG_6255.jpgここに来るまで春霞がすごいなぁとちょっと残念でしたが、東北(北側)方面はスッキリとした空気


まず、目に入ったのは尾瀬を挟んだ至仏山&燧ケ岳。
IMG_6257.jpg

燧ケ岳。
IMG_6256.jpg
至仏山。
IMG_6258.jpg

至仏山の隣奥に平が岳。
IMG_6259.jpg平が岳早く行きたいなぁ…。

特に、谷川岳までの山並みが美しい。
IMG_6261.jpg越後駒ヶ岳や巻機山…。

そして、東側の日光方面も
雪山デビューの日光白根山
IMG_6262.jpg

皇海山。
IMG_6263.jpg


着いた時には先行者が8名ほどおり、賑やかでしたが一気に下っていき、贅沢に独り占めできちゃいました
IMG_6266.jpg

↓山頂からのパノラマ↓



山頂独占で贅沢な昼食♪
IMG_6264.jpg

この後、バスでお隣だった登山者と再会し、なんだかうれしい瞬間でした


そして、13:20に下山開始。
山頂直下はソリセードで


が、、、飛び出た枝に乗り越えしょっぱなソリが破損…。
IMG_6267.jpgそしておしりが痛い


ここを下り、おしりの痛みのために立ち止まるついでにワカン装着
IMG_6268.jpgアイゼンと併用しても、やっぱ坂では滑るので気を付けましょう。
特に下りで滑りやすいです…。

アイゼン外して逆付けしたらワカンスキーができます


下山といっても登りが多いので気合を入れなおす必要がありますな
IMG_6271.jpg

下りでは時間にも気持ちにもゆとりが出てきてトレースの無い場所をラッセルしたり。
IMG_6272.jpg

いろんなところにカメラを向けたり。
IMG_6273.jpg

今回の雪庇はこんなかんじ。
IMG_6270.jpg


剣ヶ峰直下まで来ると、山頂で出会った先行者に追いつき、
岩場で重なりそうだったので小休憩
岩場に備えてワカンを外します。
IMG_6274.jpg前回に敗退したこともあってか、なんだか気持ちが焦って歩いていたカモ…。(写真も少ないなぁとここでやっと思い出す…)

剣ヶ峰の手前で、左右に藤原武尊と中の岳をしたがえたダイナミックな沖武尊を振り返る。
IMG_6275.jpgリベンジ成功できて良かった

春霞の谷川岳。
IMG_6276.jpg

足元にも小さな春
IMG_6278.jpgセッケイカワゲラ。

剣ヶ峰への登り。
IMG_6277.jpg雪のつき方によっては嫌らしい壁になりますね。


剣ヶ峰を越えたあとの広々した稜線も気持ちが良い
IMG_6279.jpg下山直前にラッセル覚悟でトレースの無い雪田で雪歩きを楽しみます

ゲレンデのすぐ裏にこんな場所があることはほとんどの人が知らないでしょうね
IMG_6280.jpg登山者にしか味わえない贅沢です

下山完了。(14:30)
IMG_6281.jpgゲレンデに降りるときもまた、注目されちゃうんだ前回とは全く違う山の状況に、思っていたよりもあっさりと登れましたが、
ちょっとした時期、雪の状態で難易度が何段階も変わるということを身を持って体感することができた山行でした。

下山後は、カメラ、ピッケルなどの雪山装備をすべてザックにしまい、デポしていたボードを楽しみました
ツアーにリフト1日券もついているのでギリギリまで楽しみます

ただ、重たい荷物に、登山靴のままだったのでかなり滑りづらく、足腰ガタガタでした
いつかはBC滑りたいなぁと夢が膨らみます

スキー場から沖武尊
IMG_6282.jpg

最終リフトの16:00まで6本くらい滑り、今回の山旅は終了
17:00に乗車し、新宿に向かいました。

帰りにバスが休憩で寄った原田農園から見た武尊山。
IMG_6283.jpg大きな壁。全山縦走もやりたいです


運転しないのは楽ですし、安さが魅力的ですが心身共に高速バスは疲れますね...。
そして、新宿からの帰路がまた辛かった…。




登山・キャンプ ブログランキングへ
↑クリックでブログ応援お願いします


スポンサーサイト
関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。