カテゴリ
リンク
プロフィール

らむ子

Author:らむ子
◎好き◎
トーキョーバイク、GB250、釣り、登山、アウトドア、ミミズコンポスト

◎Twitter◎




◎Instagram◎


◎日本百名山◎(現在59座)  
利尻岳。
羅臼岳。
斜里岳。
阿寒岳。
大雪山。★
トムラウシ。
十勝岳。
幌尻岳。
後方羊蹄山。
岩木山。★
八甲田山。★
八幡平。
岩手山。
早池峰山。
鳥海山。
月山。
朝日岳。
蔵王山。
飯豊山。
吾妻山。
安達太良山。★
磐梯山。
会津駒ヶ岳。
魚沼駒ヶ岳。★
平ヶ岳。★
巻機山。★★
燧岳。★
至仏山。★
谷川岳。★★
苗場山。★
妙高山。
火打山。
雨飾山。
高妻山。★
男体山。★
奥白根山。★★
那須岳。★
皇海山。★
武尊山。☆★
赤城山。★
草津白根山。★
四阿山。☆★
浅間山。★
筑波山。★
丹沢山。★
両神山。★★★★★★
雲取山。★★★★★★★★★★★★★
甲武信岳。★
金峰山。★★★★
瑞牆山。★
大菩薩嶺。★
富士山。★★☆★★★★★★☆★★
天城山。★
白馬岳。★
五竜岳。★
鹿島槍ヶ岳。★
剱岳。★ 
立山。★
薬師岳。
黒部五郎岳。
黒岳。
鷲羽岳。
槍ヶ岳。★
穂高岳。★
常念岳。★
笠ヶ岳。★
焼岳。★
乗鞍岳。★
御嶽山。★
美ヶ原。★
霧ヶ峰。★★
蓼科山。★★
八ヶ岳(赤岳)。★★★★
木曾駒ヶ岳。★
空木岳。★
恵那山。★
甲斐駒ヶ岳。★★
仙丈岳。★
鳳凰三山。★
北岳。★
間ノ岳。★
塩見岳。★
悪沢岳。
赤石岳。
聖岳。
光岳。
白山。
荒島岳。
伊吹山。★
大台ヶ原山。
大峰山。
大山。
剣山。
石鎚山。
九重山。
祖母山。
阿蘇山。
霧島山。★
開聞岳。★
宮ノ浦岳。

◎東京の山◎
三頭山。
大岳山。
日の出山。
川苔山。
鷹ノ巣山。
御前山。
棒の嶺。
高水三山。
大寺山。
倉戸山。
本仁田山。
高尾山(高尾~陣馬)。
陣馬山。
日和田山。
天上山。

◎その他の山◎
竜ヶ岳。
鍋割山。
北横岳。
妙義山(相馬岳)。
金時山。
蝶ヶ岳。
天狗岳。
権現岳。


★…登った回数。

行った山はほとんど載せているので
気になった山は
ブログ内検索してみてください♪♪






「Outdoor monkey」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Amazon.co.jpロゴ



ピクスタ始めました♪♪

15461792

(c)らむ子 写真素材 PIXTAー

QRコード

↓ケータイからはこちら♪↓

QR

いらっしゃ~い♪

あなたは

人目のお客様です♪♪

ブログランキング

ランキング参加しています♪

投票してください(^^)♪

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

『Outdoor monkey』

お山メインなアウトドアブログです(^^)♪自分が振り返りで見る山行記録として始めました。2011年4月の両神山で百名山デビュー♪ 単独でちゃちゃっと歩いたり、のんびり歩いたりなのでコースタイムは目安程度に♪♪文章力ないので写真を楽しんで欲しいところですがそれも初心者なのであしからず。。。里山からアルプスまで本気で遊びます♪♪ 右膝に爆弾(半月板除去)抱えてます…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.6.1~2 尾瀬ヶ原。 のんびり散歩♪♪ (2日目)

«2013.6.1~2 尾瀬ヶ原。 のんびり散歩♪♪ (1日目)»

初日はこちら


天気:曇り/晴れ
メンバー:2名
コース:見晴(テント泊)→«東電小屋→ヨッピ吊橋→竜宮十字路→見晴»→竜宮小屋→山ノ鼻→鳩待峠
    «»内は単独行動。


4:00に起きて外に出てみるとあいにくの曇り空。。。
朝霧に期待するも、普通の曇り

とりあえず至仏山
IMG_6870.jpg
燧ケ岳もオハヨ
IMG_6871.jpg

せっかく早起きしたのでお散歩です♪♪
東電小屋と元湯山荘の分岐方面へ向かいます。
IMG_6872.jpg

東電小屋と元湯山荘の分岐を東電小屋方面へ♪
少し歩くと。。。
写真中央の並んだ白樺の間に黒影が
IMG_6873.jpg見えないか。。。

ドキドキしながらそーっと進んでみるとツキノワグマでした
IMG_6874.jpg初めて見る野生の熊に感激
怖さはあるけれど、動物好きとしてはもっと見てみたくなりカメラを向けるのに夢中でした
しかし、熊鈴が鳴るとすぐに逃げてしまいいい写真は撮れず。。。
恐れられている熊ですが、人を襲う理由は自分を守るためなんですよね
普段はおとなしく植物や昆虫を食べているんですよー
鉢合わせになったらこわいですけどねっ
鉢合わせになると鹿でも突進してくることもあるようです

この後只見川周辺で一旦樹林帯に入って歩くのがドキドキでした

只見川を渡ると新潟県です
IMG_6875.jpg水量の多い迫力のある川ですIMG_6876.jpg

橋を渡ってちょい歩くと東電小屋(4:50)
IMG_6877.jpg

ミヤマザクラ。
IMG_6879.jpg東電小屋にて。

朝焼けに染まる燧ケ岳と東電小屋。
IMG_6880.jpg期待できないと思っていたけど美しい

ヨッピ吊り橋。(只見川)
IMG_6882.jpgここはすでに群馬県。

吊り橋を渡ると池塘が多くあります
IMG_6883.jpg至仏山のビュースポットIMG_6884.jpg

多分ワタスゲ。
IMG_6885.jpg有名なのは綿毛ですが、これは花。
朝露で湿ってるけど。。。
2012.8.13 苗場山」で見たワタスゲの綿毛は美しかった

逆至仏山。
IMG_6886.jpg

燧ケ岳。
IMG_6887.jpg徐々に明るくなってきます

リュウキンカと水芭蕉。
IMG_6888.jpg竜宮小屋にて。(5:30)

沼尻川を渡って再び福島県へ。
IMG_6889.jpg

日が出てきました
IMG_6890.jpgナイスなダイアモンド燧ケ岳。

青空も出てきた
IMG_6891.jpg

至仏山。
IMG_6892.jpg朝一は人がいなくて気持ちいいっ

ザゼンソウ(ダルマソウ)。
IMG_6893.jpgもう時期は過ぎていますがちょくちょく見かけました

ゆったり尾瀬ヶ原を探索し、6:00に見晴到着。

テントでの相方を起こし、朝食です
IMG_6894.jpgあっさりとフォー。
朝食の後はいつものコーヒー三杯でのんびーり。

のびのび気分をたっぷり味わい、テント撤収

小屋にテントに付ける札を返却します。
IMG_6895.jpg

新しくなった水場で冷たい水を補給。
IMG_6896.jpg

至仏山の麓目指してしゅっぱーつ。(8:40)
IMG_6897.jpg

竜宮小屋。(9:10)
IMG_6898.jpg

竜宮現象。
IMG_6899.jpg

来るときは急いでいてスルーしてしまった下ノ大堀川畔。
IMG_6900.jpg「これが尾瀬です」なスポットですね

もちろん帰りも行列です。
IMG_6901.jpgこの歩荷は尾瀬名物ですね行列の中を歩いているとチョイ怖い


山ノ鼻。(10:50)
イワツバメが沢山いました
IMG_6902.jpg

アズマイチゲ。
IMG_6903.jpg

山ノ鼻~鳩待峠は緩やかに登っていく森歩きです
IMG_6904.jpg人がいない瞬間はキモチー

至仏山。
IMG_6905.jpg

新緑が気持ちいい
IMG_6906.jpg

ツツジは咲き始め
IMG_6907.jpgなにツツジだろう??

鳩待峠見えてきたー。
IMG_6908.jpgすごいバス。。。

鳩待峠~(12:00)
IMG_6909.jpg
今日もすごい人でした

初めて来た時とは大違いで大勢の人がいた尾瀬ヶ原でした
沢山の人がいてどうかと不安もありましたが、水芭蕉のベストシーズンに来れたので良かったです
人が多いのは仕方ないですね。。。

だけどモラルやマナーがなってないのはアカンなぁ
と思う日々ですなー。。。。


人気ブログランキングへ

クリックで応援お願いします




今回使ったテントはこれの旧モデル。
キャンプでもしようと思って昔に買ったもの
山岳テントではないですがのんびりキャンプには良いです

テント場で他の人とカブらないテントが欲しいのですが、やっぱり良い山岳テントは人気なんですよね
スポンサーサイト
関連記事

2013.6.1~2 尾瀬ヶ原。 のんびり散歩♪♪ (1日目)

«2011.8.19 尾瀬ヶ原(燧ケ岳&至仏山)»

前回の尾瀬。(雨の2日間、2座登頂という忙しい山行でしたッ始終雨で写真ほぼなし内容なし。。。)


尾瀬の水芭蕉が前から見てみたいと思っていて、ついに今年行ってきました~
早朝から行って、アヤメ平や尾瀬沼にも足を運びたいなーと思っていたのですが色々あってかなり遅い出発に
今回は、ピークハントが目的じゃない初めての山歩き
のんびーりゆったーりが目的です

天気:曇り
メンバー:2名
コース:鳩待峠→山ノ鼻→竜宮小屋→見晴(テント泊)

戸倉の第一パーキングに車を停めて、片道900円の乗合タクシー(バスもあります)
に乗り込み今回の山旅出発です
IMG_6838.jpgなんとこの時14:10

20分程山道をうねうねと進むと鳩待峠
IMG_6839.jpg観光客から登山者、老若男女、大勢の人で賑わっています

歩き始めが14:30になってしまったのでサクサク歩こうと思っていたのですがこの賑わい
IMG_6841.jpg綺麗な花を見つけても写真を撮るのに立ち止まるのやっとです

ショウジョウバカマ。
IMG_6842.jpg

見晴まで行けるのでしょうか。。。
IMG_6843.jpg遅くなったら山ノ鼻でキャンプだな

ミヤマカタバミがあちこち咲いていましたが撮れず

しばらく歩くと至仏山が左手に見えてきました
IMG_6844.jpg

オオバキスミレ。
IMG_6845.jpgだと思う。。。
葉っぱがシソみたいだから。

川上川に近づいてきて湿地があるところで水芭蕉発見
IMG_6846.jpg結構デカイんですよねー
初めて見た時はビックリしました
大きいもので大人の顔面位の大きさ。

シャクナゲも発見
IMG_6847.jpg

スミレ。
IMG_6848.jpgスミレはスミレ。。。(笑)

ミヤマザクラ。
IMG_6849.jpg

何とか写真撮りながら歩いているうちに山ノ鼻に到着。(15:30)
IMG_6850.jpgちょっぴり休んで、見晴にむかいますッ

ここからは木道を歩いて湿原を進みます
尾瀬では、湿原の事を田代と呼びます

尾瀬ヶ原の湿原は3つに大きく分けられていて、
山ノ鼻から牛首あたりを「上田代」
牛首から竜宮小屋あたりを「中田代」
竜宮から見晴を「下田代」というみたいです。


フキ。
IMG_6851.jpg

山ノ鼻を過ぎて木道を進むと進行方向に燧ケ岳~
IMG_6853.jpg水芭蕉もポツポツと、、、

そして振り返ると至仏山
IMG_6854.jpgこの2座があることで尾瀬ヶ原の景色は成り立っているといっても過言ではないですよね

燧ケ岳へつづく木道。
IMG_6855.jpg今回のキャンプ場「見晴」はあの燧ケ岳の麓にあります。

尾瀬ヶ原は湿原のため池塘があちこちにあるのですが
その中を覗くと必ずと言っていいほどアカハライモリが泳いでいました。
IMG_6856.jpg「サンショウウオだぁ」という人がいましたが、
サンショウウオは流れのある川に住むので池塘にいるのはイモリです
泳いでいる姿を見ると赤いお腹がちらっと見えることがあります

池塘に移る鏡燧
IMG_6857.jpg


前半は水芭蕉は殆ど見られない湿原歩きでしたが、牛首分岐を過ぎた辺りから増えてきました。


山ノ鼻から1時間程歩くと竜宮現象が見られるところ
IMG_6858.jpg岩魚が沢山泳いでます

湧水のようなところなのですが、尾瀬ヶ原の地下では水がぐるぐるとまわっていて、その水が出てくるのが見られるのがこの場所ということです
ぐるぐると水が地下を巡っているのが水が綺麗に保たれる理由みたいですね←曖昧。。。

このあたり、リュウキンカが群生していました
IMG_6859.jpg

竜宮現象が名前の由来の竜宮小屋がすぐそこにあるのですが写真忘れました

小川に沿って咲く水芭蕉。
IMG_6860_20130605215242.jpg

サクサク歩いていると燧ケ岳が近づいてきましたよ~
IMG_6861.jpgこの景色久しぶりっ

下田代にはショウジョウバカマがあちこち咲いてました
IMG_6862.jpg
見晴到着~(17:30)
IMG_6863.jpg

さっそく燧小屋で受付をして、
テント設営~
IMG_6864.jpg

ペコペコなのですぐごはんだ
と外に出ると空がクッキリ
IMG_6865.jpg
夕焼け空も綺麗でした
IMG_6866.jpg

空いているテーブルを見つけてさっそくご飯
IMG_6867.jpg担いで持ってきたものは安いワインでも安いケーキでも旨いです

やきとり缶で親子丼。
IMG_6868.jpg

お腹が一杯になるとすぐに眠くなり21:00に就寝
風もなく、寒くなることなくぐっすり眠れました

22:30頃起きてみると満天の星空
IMG_6869.jpg明日がどうなるか楽しみですねー

小屋周辺を散策しているとすぐ近くの林でガサガサッと
怖くなってすぐにテントに逃げ込み再び就寝しました
姿が見えないと怖いですね


~2日目に続く~



登山・キャンプ ブログランキングへ
関連記事
HOME
広告:まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。