--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/22~23 八ヶ岳。 (阿弥陀岳~赤岳~横岳~硫黄岳) part3

2011年07月25日 21:49

八ヶ岳。part2


テン場の行者小屋に戻るとビックリ
テントの数が増えていて、この後もテントが増え、僕のテントは囲まれてしまいました
IMG_2366.jpg
小屋に戻ったのが17:00位だったのですが早めに夕食。
IMG_2367.jpg
炊きたてのご飯はやっぱりうまい
でも最近缶詰のおかずが多いので何か手作りおかずを考えたいな

夕方になってくると、雲もだんだんと無くなってきて、赤岳が綺麗に見えました
みんな赤岳を見に来て、小屋の前は人だかりが出来ていましたよ
IMG_2368.jpg夕日が当たるとまさに「赤岳」って感じ

小屋の裏の丘にあがると夕日がきれいに見えましたよ
IMG_2369.jpgでもみんなは夕日の当たった赤岳に夢中で写真を撮ったりしていて、夕日を見ている人なんて誰もいませんでした
IMG_2370.jpg
夕暮れの行者小屋。IMG_2371.jpgおやすみなさい

次の日は4:00頃に起き早々と荷物を整理しました。IMG_2372.jpg
さっそく向かった先は、中山展望台。行者小屋から15分ほどのところにあります♪IMG_2373.jpgここでは阿弥陀岳、赤岳、横岳が綺麗に見え、ここで景色を見ながら朝食にしようと考えていたのです



また、ご飯を炊いて、しょうゆ濃い目の卵かけご飯を食べました
IMG_2374.jpg

帰りは赤岳鉱泉経由で北沢沿いをとおって下山します
IMG_2375.jpg
沢沿いの木道が多く、とっても気持ちのいいコースでしたよ
IMG_2376.jpg


初の八ヶ岳では見たことのない景色に出会え、とても気持ちのいい2日間となりました♪
時間的に、日帰りでも行けそうなコースでしたが、やっぱり泊まりだと、ゆったりする時間が出来るので良いですね帰りの運転も楽になるし

そうそう、テントで眠っていると、隣のテントの人がブーブーおならしていてびっくりした山に来ると開放的になっちゃうのかな。。。

山バッジ。
IMG_5624.jpg


人気ブログランキングへ
↑ポッチとお願いします♪ブログ更新の励みになります

スポンサーサイト
関連記事

7/22~23 八ヶ岳。 (阿弥陀岳~赤岳~横岳~硫黄岳) part2

2011年07月25日 21:47

さあ!!八ヶ岳プチ縦走の続きです!!
忙しくて更新が遅くなりました(T_T)

八ヶ岳。part1

テントを設営し、たっぷり休んで、まずは阿弥陀岳へ向かいます♪

行者小屋から中岳のコルの間で崩落してしまっているところがありました。。。
写真ではわかりづらいですが、中心上部の木のところまで本来は道が繋がっています。
IMG_2338.jpgしょうがないので登山道から一度離れ、草やぶの中をかき分けて大周りしました(>_<)
あんまり倒れてる草もなくて、人が通った痕跡が少ないけどもしかして前日の台風の影響??

中岳のコル。
IMG_2339.jpgここを右に行くと阿弥陀岳、左へ行くと赤岳です。まずは右。阿弥陀岳へ
いきなりこんな登りなので中岳のコルでデポしているひとが多かったです。IMG_2340.jpg鉄の梯子や鎖場も多く、首にぶら下げているカメラを気にしながら慎重に登っていきます。このためにレンズフード買っときました

阿弥陀岳山頂。
IMG_2342.jpg中岳のコルから15分ほどで着きました。雲の中で展望ゼロ
赤岳に登るころには晴れてることを期待して赤岳へ向かいます♪

阿弥陀岳の下りで一瞬見えた景色。IMG_2341.jpg
一番奥の雲に隠れている所が赤岳でその手前が中岳。はじめてみる風景にチョイ感動
この尾根を歩いていると、赤岳が見えた!!
IMG_2343.jpg
赤岳の頂上手前はこんな感じ。岩場で、やっぱり両手を使いながら慎重に。IMG_2344.jpg
IMG_2345.jpg
富士山でも似たようなテントウ虫見たな。

赤岳山頂。
IMG_2346.jpg
やっぱりガスで展望ゼロ。。。

赤岳頂上小屋からの赤岳展望荘。IMG_2348.jpg
次の目的地は横岳。
かわいいお花がいっぱい♪
IMG_2349.jpgIMG_2350.jpgIMG_2351.jpgIMG_2353.jpg
富士山で見た蝶も
IMG_2352.jpg
三叉峰。IMG_2354.jpg
ちょっと開けているのでここで昼食。IMG_2355.jpg
そばまで鳥が寄ってきました♪IMG_2356.jpg
ここから横岳まではすぐでしたよ♪IMG_2357.jpg

次は最終の硫黄岳へ。
硫黄岳へは鎖場をいくつか越え、横ばいの道もあり、毎年数人は転落してるそうです(>_<)
IMG_2358.jpg
硫黄岳山荘の近くのお花畑IMG_2359.jpg
何が咲いているかな~IMG_2360.jpg
高山植物の女王とも呼ばれる、「コマクサ」ですIMG_2361.jpg
そして、硫黄岳山頂
やっぱりガスってるぅIMG_2362.jpg
だけど、ちょっとだけサービスしてくれました♪
火山口。IMG_2363.jpg
火山口を見下ろすと迫力満点IMG_2364.jpgガスかかってなかったらもっとすごいんだろうなぁ

帰りは赤岳鉱泉経由で行者小屋へ帰ります
硫黄岳から岩場を下り、少し歩くと樹林帯に入ります。

緑が増えるとさっきまでの景色が夢のよう。。。
IMG_2365.jpg


~part3へつづく~

人気ブログランキングへ
ぽちっとお願いします


↑レンズフード。
レンズを守る役割と、不要な光がレンズに入るのを防ぐ役割があります。
カメラを剥きだしで歩くことが多いので買ってみました
鎖場等の岩場ではレンズが岩に当たりそうになるんですよね



関連記事

7/22~23 八ヶ岳。 (阿弥陀岳~赤岳~横岳~硫黄岳) part1

2011年07月25日 21:11

7/22は有給をもらっていたので八ヶ岳の最高峰、赤岳に行ってきました
21日の仕事が終わった後にパッキングをし、夜に出発して途中のパーキングで寝て行きました
マイカーはかなりしょぼい車ですが、アウトドアには最適で、サ―マレストのマットを敷けば心地よく練れるんですWW

美濃戸口につき、美濃戸山荘への行き方がわからず、2人組のおじさんに声をかけると、そこまで歩いていくとのことだったので車に乗せる代わりに案内をしていただきました♪しかも何と駐車代まで半分払っていただいてしまって。。。申し訳ないです親切なおじちゃんたちホントにありがとうございました
駐車場に着き、おじさんたちと別れ、出発したのが6:30。

登りは南沢沿いのコースで、今回泊まるテン場の行者小屋に向かいます♪IMG_2331.jpg
沢の流れの音がズット聞こえて気持ち良いです。IMG_2332.jpg
途中でさっきのおじちゃんたちが休憩しているところに追いつき、自分も小休憩。
どこから来たの?なんて話をしていると何とそのおじさん一人の奥さんの実家と僕の家がかなりの近所でした!またどこかで縁があるといいな♪
おじさん達は阿弥陀岳への日帰りだそうで、僕の先は長いから先に行ってくれ!!と干しアンズをくれました

少し歩き、開けたところに出ると目の前に赤岳が見えました!!
IMG_2333.jpg結構きつそう(>_<)てかガスがあやしい。。。
朝ご飯がまだだったので途中でパンを食べ、またしばらく歩くとテン場の行者小屋に到着♪小屋に着いたのが8:30でした。途中の朝ご飯タイム混みで2時間。
さっそくテント設営♪テントやシュラフなどの荷物を2時間歩いて下ろせるのはうれしいですIMG_2334.jpgテントを設営し、小屋の前の椅子で地図を見たり、まったりしているとさっきのおじさん達も到着一緒話しながら休憩しました
飴玉交換楽しかったww
さらに、荷物が重いと言って500mlのお茶のペットボトルも頂いちゃいました


よーし!!たっぷり休んで元気も出たし、阿弥陀岳目指して頑張るぞー!!

阿弥陀岳
IMG_2335.jpg
赤岳
IMG_2336.jpg
横岳の隣にある大同心と小同心IMG_2337.jpg



~part2へつづく~

人気ブログランキングへ
ぽちっとお願いいたしやす。
関連記事


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。