--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山座同定アプリ。

2015年02月28日 00:07

山ランチ、山コーヒーなど、山頂での楽しみは沢山ありますが、山座同定をすることもその一つですね(^^)♪


地図を見ながら確認するのも楽しいですが、沢山の山が見える場所では難しい事もしばしばです...。

スマホのアプリでも「カメラでかざすだけ」など、多くのものが出ていますが、自分が今までダウンロードしたものはどれも見やすさや正確さがイマイチでした。

しかし今回、こんな見やすいアプリを発見✨

有料ですが、見やすさは抜群!!
シンプルなイラストになっているので、紛らわしくないんです。


例えば、こんな感じ。
(高尾山)

実際のアプリ画面では、スクロールして360℃のパノラマを見ることが出来るので

さらに、観測地点は「GPS」、「山名で検索」、「地図」で設定出来るので、登山前に予習しておいたり、帰路で調べたりすることができます。見てるだけでも楽しいですね✨

自分自身、まだお山では使ってないのですが、妄想登山に活躍してます

実際に山の頂上で景色と見比べながら山座同定するのが楽しみです♪♪
スポンサーサイト

ツェルトザック購入!! (近所で試し張りしたよ♪)

2013年07月16日 18:23

非常時の備えとして、ずーとツェルトの購入を考え、
どこのツェルトにするか悩んでいたのですが、ついに購入しました

「ツェルトは軽量化に最高!!」
「ツェルトはテントじゃない!!」等々
ツェルトに対する考え方は人さまざまですが、
まず初めに、ツェルトに対する自分の考え方から…



自分がツェルト購入を決めた一番の目的は、
やはり、非常時の備えとしてですね。
なので、どこに登るにも常に携行します。

いくら非常時の備え用といっても500gもないこの軽さは荷物が重たくなるテント泊にはかなり魅力的です。
それに、いくら緊急のビバークだとしても使いこなせなきゃ意味がないですよね。
宝の持ち腐れにならないためにも、テント代わりとして、ビバーク練習として、普段の山行でも使用していきたいと思います

しかーし、やっぱりツェルトの販売目的は「ビバーク用テント」なので、普段使いするには心構えしておかないといけないことが盛りだくさん
デメリットとしては、
・ペラペラの生地一枚なので結露しやすい。
・底が割れている(ベンチレーションにメッシュがないものも多い)ので虫の出入りがフリーダム。
・底が割れているので雨水の侵入もフリーダム。
・自立式ではないので風に弱い。(建て方によるが…)
・生地の強度が低い。
等々、沢山のデメリットを覚悟しておく必要があります。


そこで、色々悩んだ挙句に選んだツェルトはFINETRACK(ファイントラック)ツエルト II (2-3人用)
ファイントラックのツェルトは結露しにくい!!
ということを売りにしています。
しかし、いくら高透湿だといっても一枚生地のテントはどうしても結露するだろうと僕は思います
ちょっとの結露でも、内側の生地が体に付くとかなりの不快感があるので,その不快な空間の中でどれだけ不快感を低減できるかが大切だと思うんです。

例えば、結露の問題はシュラフカバーをすることや、サイドリフターを使って移住空間を広げる等ですね。

☆僕が悩んだツェルト☆
FINETRACK(ファイントラック)ツエルト II (2-3人用)(320g)
モンベル(mont-bell) ライトツェルト SPGN [1~2人用] 1122272(440g)
モンベル(mont-bell) U.Lツェルト スプリンググリーン 1122281 SPGN(240g)
非常用だと考えると軽くて小さいのが良いですが、
快適さを考えるとどうしても広い方が良い...
ってことで、サイドリフター付で広さが充分あり、
なおかつ軽いファイントラック2 になりました!!


早速近所で試し張り~♪♪
とりあえずは基本的な張り方で。
基本的な張り方をするには、
・ストック2本(枝でも可)
・張り縄4本(サイドリフター用に+2本)
・ペグ(しっかり張るには12本。岩でも可。)が必要です。

まずは、
割れている底を紐で結んで閉じます。
地面に置いて、四つ角をペグ(岩)で固定。

この時、しっかりと張りを持たせて置くとしっかりと設営出来ると思います♪(キツ過ぎたら後で調整可能。)

ストックを入り口の前に立て、
ベンチレーションの上についている輪っかに
ストックのリストバンドを引っ掛けます。
細引きの片側端に輪を作りっておき、
その輪っかをストックのグリップに引っ掛けます。
一本の長い張り縄を二つ折にしてその折れ目を結んで輪っかにするやり方を考えていたのですがそれだと普段のテントには使えないのでやめました。

2本の細引きを引っ張りながら地面に固定(ペグor岩等)するとこんな感じ♪

反対側も同じように固定します。

とりあえず完成♪♪
テント設営に慣れてることもあってすぐに設営できました

中に入ってみると思った以上にゆったり。


入り口はこんな感じ。

ポールが邪魔ですね…
しっかり張れればガッチリしていますが、倒さないように注意です。


サイドリフターを引っ張ってみました
 
天井の中央が低くなってしまいますが、幅が広がります。
こっちの方が結露した面に触れずに過ごせそうですね。

やっぱり、扉の下や床の割れ目が気になりますが、
意外とスムーズに設営することができたので早く使ってみたいです

とりあえず、虫がいない時期場所で試したいです
ヒルやヤスデが入ってきたら寝れない

2本の木の間に細引きを張って、
その紐にぶら下げて設営するのが一番手っ取り早そうなのですが今回は
蚊の大群に襲われてたのでまた試してみたいと思います♪♪




左が僕のと同じもの。
右が最近発売された、普段づかいすることを考えられたロングバージョンです。



登山・キャンプ ブログランキングへ

クリックでブログランキング応援お願いします

ストックホルダーつくり♪♪

2013年04月21日 20:58

壊れてしまったジャケットのフード等に使われていたクッションコードとコードロックを使い、
オスプレイのイーサーに着いているストックホルダーを作成してみました


こんな感じで輪っかを二つ作ります

1つはショルダーベルトに装着。
IMG_5576_20130421204811.jpg

もう一つはウエストベルトの付け根に装着。
IMG_5577_20130421204843.jpg

じゃじゃーん
IMG_5580.jpgちょっと両手を使いたい時などに装着しておけます

カメラを使うのにいいかもー
IMG_5578_20130421205210.jpg



登山・キャンプ ブログランキングへ
ぽちっと応援お願いします(^◇^)♪


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。