カテゴリ
リンク
プロフィール

らむ子

Author:らむ子
◎好き◎
トーキョーバイク、GB250、釣り、登山、アウトドア、ミミズコンポスト

◎Twitter◎




◎Instagram◎


◎日本百名山◎(現在58座)  
利尻岳。
羅臼岳。
斜里岳。
阿寒岳。
大雪山。★
トムラウシ。
十勝岳。
幌尻岳。
後方羊蹄山。
岩木山。★
八甲田山。★
八幡平。
岩手山。
早池峰山。
鳥海山。
月山。
朝日岳。
蔵王山。
飯豊山。
吾妻山。
安達太良山。★
磐梯山。
会津駒ヶ岳。
魚沼駒ヶ岳。★
平ヶ岳。★
巻機山。★★
燧岳。★
至仏山。★
谷川岳。★★
苗場山。★
妙高山。
火打山。
雨飾山。
高妻山。★
男体山。★
奥白根山。★★
那須岳。★
皇海山。★
武尊山。☆★
赤城山。★
草津白根山。★
四阿山。☆★
浅間山。★
筑波山。★
丹沢山。★
両神山。★★★★★★
雲取山。★★★★★★★★★★★★★
甲武信岳。★
金峰山。★★★★
瑞牆山。★
大菩薩嶺。★
富士山。★★☆★★★★★★☆★★
天城山。★
白馬岳。★
五竜岳。★
鹿島槍ヶ岳。★
剱岳。★ 
立山。★
薬師岳。
黒部五郎岳。
黒岳。
鷲羽岳。
槍ヶ岳。★
穂高岳。★
常念岳。★
笠ヶ岳。★
焼岳。★
乗鞍岳。★
御嶽山。★
美ヶ原。★
霧ヶ峰。★★
蓼科山。★★
八ヶ岳(赤岳)。★★★★
木曾駒ヶ岳。★
空木岳。★
恵那山。★
甲斐駒ヶ岳。★★
仙丈岳。★
鳳凰三山。★
北岳。★
間ノ岳。★
塩見岳。★
悪沢岳。
赤石岳。
聖岳。
光岳。
白山。
荒島岳。
伊吹山。★
大台ヶ原山。
大峰山。
大山。
剣山。
石鎚山。
九重山。
祖母山。
阿蘇山。
霧島山。★
開聞岳。★
宮ノ浦岳。

◎東京の山◎
三頭山。
大岳山。
日の出山。
川苔山。
鷹ノ巣山。
御前山。
棒の嶺。
高水三山。
大寺山。
倉戸山。
本仁田山。
高尾山(高尾~陣馬)。
陣馬山。
日和田山。
天上山。

◎その他の山◎
竜ヶ岳。
鍋割山。
北横岳。
妙義山(相馬岳)。
金時山。
蝶ヶ岳。
天狗岳。
権現岳。


★…登った回数。

行った山はほとんど載せているので
気になった山は
ブログ内検索してみてください♪♪






「Outdoor monkey」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
Amazon.co.jpロゴ



ピクスタ始めました♪♪

15461792

(c)らむ子 写真素材 PIXTAー

QRコード

↓ケータイからはこちら♪↓

QR

いらっしゃ~い♪

あなたは

人目のお客様です♪♪

ブログランキング

ランキング参加しています♪

投票してください(^^)♪

最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

『Outdoor monkey』

お山メインなアウトドアブログです(^^)♪自分が振り返りで見る山行記録として始めました。2011年4月の両神山で百名山デビュー♪ 単独でちゃちゃっと歩いたり、のんびり歩いたりなのでコースタイムは目安程度に♪♪文章力ないので写真を楽しんで欲しいところですがそれも初心者なのであしからず。。。里山からアルプスまで本気で遊びます♪♪ 右膝に爆弾(半月板除去)抱えてます…

2017.3.4 金峰山

数日前に降った東京での雨。
お山では雪だろうと予想しいざお山へっ♪♪

数年前に天候に恵まれなかった雪の金峰山リベンジですっ!!
→《 2012.4.4 爆弾低気圧通過後の金峰山 》
金峰山は手軽に稜線歩きが楽しめるのでお気に入りの場所!!

天気:快晴
メンバー:2名
コース:瑞牆山荘からピストン



登山口が近付くと部分的に積雪が残っていて期待が膨らみます!

薄暗いうちに支度をすませて出発(6:20)
_MG_3480.jpgうっすら積雪ー♪

一度林道を横切り、階段を登ります~♪
_MG_3481.jpg

階段を少しを登ったところで振り向くと南アルプス~(^^)/
_MG_3482.jpg

アイスバーンの上にうっすらと積雪のある場所が多々あり気をつけて進みます。
急な斜面も多くて息を切らしながら登ります。


富士見平(7:00)
_MG_3483.jpg大好きな小屋だけど泊まったことはない。泊まってみたいなー♪♪

富士見平からは富士山が美しいです!!
_MG_3484.jpg

富士見平からは緩やかな地形の樹林帯。
_MG_3485.jpg日差しが差し込み美しい。


大日小屋(7:45)
_MG_3486.jpg

ここからは少し急斜面が増えてきますよー。
_MG_3487.jpg

しゃくなげの木が多く、冬の寒さに丸くなる葉が可愛らしかった♪


大日岩(8:00)
_MG_3488.jpgアイスバーンが目立ちますが鎖は出ていました。

大日岩は展望が素晴らしい。
_MG_3489.jpg狭いですが足を止めたくなる場所です♪


ここから先は更に登りが辛くなるところ…。
息を切らしながら登ります。
樹林帯で展望もないので尚更キツイ。


砂払ノ頭(9:00)
_MG_3490.jpgここから展望がよくなりますよー(^^)/
楽しみだった雪稜歩き(*^^*)♪

八ヶ岳と手前に瑞牆山。
_MG_3491.jpg

富士山。
_MG_3492.jpg

トレース無いうちに歩きたかったなぁー(^_^;)
_MG_3493.jpgなんて贅沢言わずに新雪楽しみます(^^)/
_MG_3494.jpgアップダウンを繰り返しながら進みます。
稜線上は風が強くて体が一気に冷えそう。

移り行く景色に見とれながら何枚も写真を撮ってしまいます。

五丈岩が近づいてきました💡
_MG_3495.jpg


金峰山山頂(9:50)
_MG_3496.jpg

風を避けられる場所を見つけて大休止~♪
_MG_3497.jpgラーメン食べた後に珈琲を入れてまったーり贅沢な時間です。

休憩している間に晴れてきたー♪
_MG_3498.jpg

ちょいと五丈岩へ。
_MG_3499.jpg


下山開始(10:55)
_MG_3500.jpg



_MG_3501.jpg
名残惜しいです。

龍の背のような稜線を下ります。
_MG_3502.jpg稜線はやっぱり風が強い。

サラバっ!
_MG_3503.jpg最高の天気で樹林帯に入ってしまうのがもったいない

下りでは大日小屋の日溜まりで大休止をとり、ゆっくり下山♪

富士見平(13:10)
_MG_3504.jpgじゃんじゃん水が出ていましたー(^o^)v



下山完了(13:30)
登山口に降りると春のような暖かさ♪♪
山の上も雪は重く、空は霞み、すっかり春の雪山でした。


金山平にて。
_MG_3505.jpg瑞牆山&金峰山


↓ブログ応援お願い致します(^^)/

登山ランキング



↓シェアよろしくお願いします\(^o^)/↓
スポンサーサイト

2016-2017 年越し登山in空木岳 ~元日編~


1日目の記録はコチラ。
2016-2017 年越し登山in空木岳 ~大晦日編~ ☆百名山59座目☆ 



~2日目~
天気:晴れ
コース:森林限界手前(キャンプ地)→駒石→(テント撤収)→古城公園


夜中は風がなく、ほぼぐっすり眠れたのですが突然“ボンッ”という地面が揺れるくらいの音に驚いて起きました。
「雪崩か!!!?」
何事かと思って外を覗くと下界に見えるタンポポのような打ち上げ花火でした
時計を見るとちょうど年越しの瞬間。年越しの時は寝ているだろうと思ったのですが起こしてもらいました(笑)

その後もぐっすりと眠り(雪山にしては)、5時過ぎに起床。

昨晩カレーを食べたコッフェルに味噌汁を作り、カレー味の味噌汁で体を暖めます(笑)
ツェルト内で火器を使うと結露しますが暖かくなるので朝の準備が少ししやすくなりますね。




御来光は山頂の手前で迎える予定なので日の出一時間前の6時頃に行動開始です。
ダウンもすべて着込みますが昨晩よりも風が出てきてなかなか体が暖まらない…。
かといって汗をかかないように、御来光待ちが長くならないように、ペースを調節します。



すでに南アルプスの向こう側がほんのり明るい。
_MG_2926_2017010219301624c.jpg

樹林帯を抜けてもまだ暗い。
_MG_2927.jpgここから風も強くて寒いです。
山頂はうっすら雲の中かな??


今日は朝日に染まる空木岳を撮りたいのでどこでご来光を迎えようかナ…。
ゆっくり体が冷えない程度に足を進めます。

駒石まで進もうかとも思いましたが、駒石も写したいので駒石の手前の岩峰で待機。(6:40)
_MG_2928_20170102193019429.jpg岩陰に隠れても寒いー!!!
日の出時刻は6:50だけど南アルプスから出てくる日の出は少し遅れるよな…。

徐々に足元の雪が明るくなるがまだまだ。
_MG_2929_20170102193020a07.jpg

木曽駒ヶ岳や千畳敷カールはガスの中。
_MG_2930_20170102193022f79.jpg年越しで賑わっているだろうに残念ですね(>_<)

空木岳背後のビーナスラインが美しい。
_MG_2931_201701021930237bd.jpg

徐々に東の空が染まり始めました。。。
_MG_2932_20170102193025b6d.jpg

山頂が染まり始めた!!
_MG_2933_20170102193027144.jpg山頂はついにご来光を迎えたようです\(^o^)/

来るよー!来るよー!!
_MG_2934_20170102193028033.jpg

キター!!!(7:15)
_MG_2935_20170102193029d0d.jpg明けましておめでとうございます!(^^)!

御来光、富士山をそれぞれ両肩に乗せた塩見岳が美しすぎる!!

絶景にバンザーイ!!
_MG_2936.jpg

絶景を満喫しながら駒石まで向かいます。


雲一つなかった昨日とは違って今日は雲が空の表情を作ってくれています♪♪
_MG_2937.jpg

駒石にて。
_MG_2938.jpg山頂は風が強いだろうし、すでに満足感味わえているのでココまでっ!!

折り返しますよー。

樹林帯に入る前に振り返る。
_MG_2939.jpg空木岳ありがとう!!!!!


ただいまー(8:00)
_MG_2940.jpg
贅沢な朝のお散歩でした♪♪

さぁ、撤収しますよー♪♪
満足感に浸りながらグダグダ撤収するこの時間すきです(笑)

風が入ると嫌で入り口は片方雪で埋めているので掘り出します。
_MG_2941.jpg雪が固まっているときはツェルトを破かないように丁寧に。

手先を器用に動かせないのでポールへの固定は巻きつけるだけ。
_MG_2942.jpg雪面へのペグダウンは束ねた枯れ枝を埋めてまいます

撤収完了~♪♪
_MG_2943.jpg次の人に使ってもらえるようにペグダウン用の枝も並べておいてみました

名残惜しくてゆっくり休憩しましたが、
下山しますよ~(9:05)
良いキャンプ地でした♪♪

ヨナ沢の頭までは緩やかな尾根歩きが続きます。
_MG_2944.jpgテント適地があちこちに。
とは言っても大きいテントだと場所が限られてしまうかもですね!!


ヨナ沢の頭から少し下ると階段。
_MG_2945.jpg急斜面のトラバースも続きます。

迷尾根。(9:30)
_MG_2946.jpg時間の記録のためだけに撮ってブレブレでした。ごめんなさい…。

ここから地獄ゾーンなので小休止。

痩せ尾根の急斜面の連続。
_MG_2947.jpgもうちょい雪が着いた方が歩きやすいよー(--;)
氷と岩でガリガリするのは歩きづらい…。


地獄ゾーン終了(10:00)
_MG_2948.jpg

マセナギ(10:25)
_MG_2949.jpg

帰りは登山道経由の道で下ります。
登山道経由の方が少し急だけどあまり変わらないかなー。

池山小屋に寄ってみました。
_MG_2950.jpg下の水場に降りて水を汲んできたけど、小屋の目の前にも水場があってジャンジャン出てました!!

ラーメン休憩。
_MG_2951.jpg正月なので海老ラーメン。

正月なので残った汁でお雑煮風。
_MG_2952.jpgお餅とカマボコ(チーカマ笑)


大休止の後、アイゼンを外して池山をトラバースして下りました。


夏季登山口(12:30)
_MG_2953.jpgここの東屋でも大休止。
日差しがとても暖かくて眠りたい…。

南アルプスの展望も抜群です♪
_MG_2954.jpg

ここからは林道をショートカットしながらゲートまで降りていきます。

林道も割りと標識がしっかりありますのでよく見て歩けば心配なさそうでした。
_MG_2955.jpg登りは不安でしたけど(^-^;


登りはここから登山道に入りました。
_MG_2956.jpg

入山口のちょい下の狼岩橋。
_MG_2957.jpg登りの際は、ここから少し登った次の左ヘアピンカーブで入山です💡💡

カモシカとの出会い♪♪
_MG_2958.jpg

ゲートに到着ー♪♪(13:40)
_MG_2959.jpg奥に見える三角屋根が展望台になっています。

展望台からは抜群のロケーション(^^)/
_MG_2960.jpgここまでサイクリングで揚がってきている人もいましたよ


初めての年越し登山は抜群なお天気に恵まれて最高の山旅となりました♪
一生忘れないと思います

しかし、この年末年始はあちこちで山岳事故が多発しました。
今年の冬は何だか暖かくて雪も少なく、アイスバーンの斜面が多発しているようです。
雪が増えると歩くなるかもしれませんが皆さんも天候や雪の状況をよく見て、今年も安全登山で楽しみましょう


ポチッとブログ応援お願い致します

登山 ブログランキングへ


↓シェア大歓迎です

2016-2017 年越し登山in空木岳 ~大晦日編~ ☆百名山59座目☆ 

年末年始のお休みはテント泊でどこかに行こうと計画していたのですが、
天気もよさそうな予感なので年越し登山行ってきました!!

場所はまだ未踏の中央アルプス空木岳です♪♪


前回中央アルプスに訪れたのは木曽駒ヶ岳登山。↓
2012.7.20 木曽駒ヶ岳。 ☆百名山27座目☆
この時は雨に見舞われ、リベンジついでに木曽駒ヶ岳~空木岳の縦走を人の少ない晩秋にやりたいと思っていたののですが雪山の誘惑に負けて今回は池山尾根のピストンに挑戦!!
※冬季の木曽駒ヶ岳~空木岳縦走を単独で行うレベルには到達していないので…。


冬季の空木岳を調べると途中撤退している記録が多くてちょっぴり不安ですが年末年始は毎年、数パーティーは入山している様子。
今年は積雪も少なく、直前に雪の降った様子も無いのでチャンスかなと思いつつも行くまではかなりの不安がありました…。

まぁ、山頂へ行けなくても冬休みの記念に雪上テント泊を楽しもうと無理なく行ってみたのです。(安易に入山したわけでは無いですよ!!)



~1日目 大晦日~

天気:晴れ
メンバー:単独
コース:古城公園(冬季閉鎖ゲート)→池山→駒石→空木岳山頂→池山尾根森林限界手前(ツェルト泊)

登山口の情報も少なくて着くまでは心配だったのですが、事前に「古城公園」と「駒ヶ根高原スキー場」に車をとめて行けることを調べていました。
林道に雪が積もるといけないこともあるようですが、今回は古城公園の展望台に駐車。_MG_2875.jpg南アルプスからの日の出を狙うカメラマンさんの他に2台の車がすでに停まっていたのと、日帰り空木岳を狙うペアの方が後から来ました。
林道を少し下ると古城公園の駐車場もあったので満車でしたらそちらも停められます。
駒ヶ根高原スキー場の方も駐車場の端に登山口が有るようです


明るくなり始めてから出発~♪♪(6:55)



しばらく林道を歩くと道路をショートカットできる登山道があります。
道標があるので見落とさないように注意です。


登山道に入り、再び林道に出た所。
_MG_2876.jpg風もなくて暑い。
汗をかかないように衣類の調整をします。

もうしばらく登山道を歩くと林道終点に到着(7:50)
_MG_2877.jpg夏はここまで車で来られます。
ゲートから一時間ほど歩きましたが思っていたよりも林道歩きは少なくて良かったです。

しばらく斜面を大きくジグザグに緩やかに登っていきます。
雪はうっすらある程度。
本当に今年は雪が少ないような…。

タカウチ場。(8:15)
_MG_2878.jpgこの当たりからやっと地面が隠れるくらいの雪ですがまだまだうっすら。

池山は登らなくてもトラバースしながら池山小屋へ行けるルートもあるのですが、
歩き始めに木々の隙間からモルゲンロートに染まる中央アルプスの稜線をチラ見していたので朝日に当たった良い景色がみられるだろうと思い、池山へ登ります。
快調に登っていたのですがここの登りでザックの重さに体が気づき始めてしまいしんどかった…。

池山山頂。(8:50)
_MG_2879.jpg
中央アルプスくっきり。
_MG_2880.jpg千畳敷ロープウェイも見えました!

南アルプスは逆光気味。
_MG_2881.jpg甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳。
更に右に目を向けると白峰三山、塩見岳、悪沢岳&赤石岳、聖岳までみえました。

すばらしい展望台ですので登りはキツいですがぜひ下る際にでも寄ってみてほしいです♪

池山を下ると
池山小屋水場(9:10)
_MG_2882.jpg池山小屋までは少し分かれ道を登るのでパス。

ここの分岐点で「登山道経由」と「遊歩道経由」のルートに一旦別れます。
この辺り夏はハイキングコースとしても賑わうのか道標がかなりしっかり整備されてます。
_MG_2883.jpg登りは遊歩道経由を選択。
緩やかにジグザグに登っていきました。



登山道と遊歩道の合流地点。(9:45)
_MG_2884.jpg


合流地点からちょこっと登るとマセナギ。
_MG_2885.jpg

マセナギから先は傾斜がキツくなりはじめ、梯子階段も出てきます。
日の当たる斜面は雪が溶けてアイスバーンになっていたので途中でアイゼンを装着。

地獄ゾーン入り口(10:30)
_MG_2886.jpgここから痩せ尾根の岩場の連続です。


階段
_MG_2887.jpg
鎖場
_MG_2888.jpg危険箇所の連続です。

「大地獄」、「小地獄」と危険箇所に名前がつけられているのですがどこの事なのかは分かりませんでした。
危険箇所が連続するのでまとめて地獄ゾーンと呼ぶのがよいと思います
1年前の年末に登った甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根を思い出しました。


地獄ゾーンを過ぎると「迷尾根」の看板があります。
ここからは急斜面のトラバースが連続するのでここで一息いれると良いかもです。

薄いですがトレースあるので安心しました。
_MG_2889.jpg雪が固くて滑落したら止まらないであろう感じなので慎重に…。

南アルプスが段々とくっきりに。
_MG_2890.jpg甲斐駒ヶ岳~仙丈ヶ岳~白峰三山

いつのまにか目の前にカッコいい岸壁が近づいてきます。
_MG_2891.jpg

再び階段や急斜面が現れて、尾根にとりつくと「ヨナ沢の頭」。
雪に埋まっているのか看板は見当たらなかったです。

ここから森林限界までの間でキャンプ地を決めます。

風もなくて出来れば展望の良いところを…
と探しているといつの間にか、わりと登ってきてしまいましたが
良いとこを見つけて設営開始(12:00)
_MG_2894.jpgちょっと前に使われていたような痕跡ありましたが少し風が当たるので更に掘り返しスノーブロックもしっかり積み直しました
立ち上がると風が当たるけどテントのとなりに座ると無風
テント正面には薄い木々の向こうに見える南アルプス!!良いとこだー♪♪

ツェルト内をパチリ。
_MG_2893.jpgエマージェンシーシート、銀シート(100均のお風呂の保温用)、をマットの下に敷いています。ザックもここにいれるので狭いですが住めば都


ツェルト建てて休んでもまだ13時前。
明日の朝に山頂は行こうと思っていましたが天気も抜群に良いのでサブザックに荷物を詰め替えて山頂へ。(12:55)


キャンプ地から2-3分登ると南アルプスの展望台。
_MG_2896.jpg左から、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、白峰三山、塩見岳、悪沢岳、赤石岳、聖岳
ここで夕焼けを見ようと決める

尾根上を進むとみるみる木が少なくなってきます。
_MG_2897.jpg

森林限界抜けたかなー。
_MG_2898.jpg振り替えると南アルプスとその左に八ヶ岳。

森林限界抜けると山頂も目の前に見えます😆💡_MG_2900.jpgといってもまだ遠いなぁ。

高度が上がって気づいたけど、塩見岳の左肩には富士山がひょっこり。
_MG_2901.jpg


駒石へ続く稜線から空木平避難小屋を見下ろす。_MG_2902.jpg

駒石(13:55)
_MG_2903.jpgで、でかい!!

登って景色を見回す。



駒石からもうひと踏ん張り登って空木駒峰ヒュッテ。
_MG_2905.jpg木曽駒ヶ岳からの縦走という四人パーティーがいてもう満員状態。
土間だけの解放なので狭そう
_MG_2906.jpg冬季用の入り口から覗かせてもらいました。

更に蒙ひと踏ん張りで山頂!!
_MG_2907.jpgやはり今年は暖かいからか雪がガチガチ。湿った雪や雪解けを繰り返して固く凍ったのだと思われます。
山頂直下は氷の斜面でかなり緊張する状態でした。
特に上の方はすでに日影で固くしまっていた気がします。

空木岳山頂!!(14:20)
_MG_2913.jpg後ろに御嶽山。


すばらしい展望だー!!!


木曽駒ヶ岳方面。
_MG_2909.jpg

南駒ヶ岳方面。
_MG_2912.jpg

甲斐駒ヶ岳。
_MG_2914.jpg

仙丈ヶ岳。
_MG_2915.jpg

白峰三山。
_MG_2916.jpg南アルプスは思い入れのある山が多いので何回もカメラを向けてしまいます。

寒いけど山頂満喫し、下山開始ー(15:00)
_MG_2917.jpg左の尾根を下ります。
尾根と尾根の間が空木平。


日がだいぶ西に傾きましたー。
_MG_2918.jpg

駒石で休憩♪
_MG_2919.jpgキャンプ地に戻ったら水作りをしなくてはですが樹林に降りるのがもったいないくらいの天気。


帰宅~♪(16:00)
_MG_2920.jpgもう正面の南アルプスがほんのりオレンジですが水作りを開始ッ!!

綺麗な新雪に見えても樹林帯ではどうしても風に舞った樺の薄い樹皮や葉などの塵が混じっていますね…。
水を濾すためのコーヒーフィルターを忘れたことを後悔しました


しばらくすると南アルプスがしっかりアーベントロートに染まりはじめ、急いで2-3分登った展望地へ。


染まりゆく南アルプス
_MG_2921.jpg

甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、白峰三山
_MG_2922.jpg

塩見岳
_MG_2924.jpgと、富士山がひょっこり。

悪沢岳、赤石岳、聖岳
_MG_2923.jpg何てすばらしい

この後はツェルトにもどってお米を炊いて、レトルトカレーにコーンビーフを入れて食べました!!レトルトカレーもコーンビーフも食べると体が暖まったような気がしました


しばらく眠って夜景観賞
_MG_2925.jpg町灯りが明るくて星はイマイチでしたー。


↓2日目はコチラ↓
2016-2017 空木岳~元日編~

ポチッとブログ応援お願いします

登山 ブログランキングへ



☆山メモ(便利だったグッズ)☆

ソルのエマージェンシーシート。

サランラップのように伸びのある質感で裂けづらくシャカシャカ音が少ないので良い。

GSIのコーヒーフィルター。

雪を溶かして水を作るときに塵を濾しとるため。
ペーパーフィルターは凍って広げ直すときに破ける。

湯タンポナルゲンボトル。

湯タンポナルゲンは1literのものを。シュラフにもよると思われるが、-10℃の気温で1literで五時間は温かい。

Amazon激安ファイヤースターター

-10℃の気温でバーナーの電子スイッチの付きが悪くなるので使用。スイッチが不調でもこれで一発着火出来た。




↓シェア大歓迎です
HOMENEXT →
広告:まとめ